トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

道徳の時間を教科・・・?

一昨日の朝刊の『道徳、「教科」格上げ案』という5段抜きの活字に、またまたアホなことを考える輩が蠢いている不安を感じる。

 例によって、ろくでもないことばかり答申している『教育再生会議』というご用機関が自分たちの存在を示したいと思惑だろうが、このところの動きをみていると、大々的にマスコミ発表して世論の動向をみてみるという手法が大はやり、そしてワイドショ-的な取り上げ方で、テレビで識者に何かを言わして国民の意識を誘導して行くのだろう。

これを受けて、視聴率絶対主義のテレビ局が、人気タレントに『学校で小学校のうちから道徳観を徹底的に植えつけるべき』などと大はしゃぎ、テレビが神様になっている『現代の日本人総体』を、道徳を教科にして学校で教えるべし、なんて風潮をつくりかねない。

記事によると、教育再生会議の学校再生分科会なる部署で、現在小中学校で週1時間行われている『道徳の時間』を国語や算数となどと同じ『教科』に格上げし『徳育(仮称)』とするよう提言する方針を固めたとのことである。

学校の『道徳の時間』に対して強い疑問を持っていることは以前から述べている。

私は、『人を騙さないこと』と基本にして『相手の気持ちを尊重すること』や『家族を大切にすること』『公共の決まりを遵守すること』、あるいは『日本人として自信と誇りをもつこと』など、いわゆる人としてあるべき基本的な『道徳観』を幼い時から学び・習得することに対しては大事なことだと主張している。

しかしそのような『道徳観』は、学校の『道徳の時間』で指導書というマニュアルに書いてある通りの筋書きで教えても、『絶対』という言葉は使いたくないが、この場合は『絶対』に子どもたちが身につけられるはずがない、とも主張している。

道徳の時間を『徳育』という教科にするということは、算数や国語と同じように授業に対して評価が必要で、その評価基準に従って子どもたちに何らかの『評定』が必要になり、それを保護者に連絡する通知表に、例えば、「A・B・C」とか「良い・不通・もう少し努力」などの文言を記入しなければならなくなる。

さらに教科となると、当然検定が前提になる『教科書』が必要になる。検定は国家の独断によって何とでもなる。昨日のニュ-スで、今回の検定で、沖縄戦で『軍部が住民に自決を強要』という表現が不適当とされ教科書会社に書き直しを命令、この文言が書き直されて『軍部の関与がなかった』と捉えされる表現で検定に合格になったと報道されている。

この事実は、大学教授という肩書の委員が『戦前のような修身のように先祖帰りをするのではなく、全体主義になったり、右になったりするわけではない』という言葉自体、私には何か虚しく聞こえてくる。

政治が『人』で動くのではなく、徒党を組んだ『党』という集団の利益で動くようになってしまった現代の我が国では、悲しいことに『党』の大将の権限は時代劇に出てくる博徒の親分と変わることがなく、絶対的になってしまった。

絶対的な権力を握った親分は反対す部隊は力でねじ伏せ、それでも言うことを聞かない連中は除名・追放。そのことは、数年前『郵政民営化』で十分知っているはずなのに、忘れっぽい日本人はもう過去のことにして我関せず・・・。残念なことに、これは権力者にとって思うつ状態。

私は『道徳観』は一部の権力者が決めることではなく、日本人の信条や宗教を超えた『人間としての生き方』であり、社会秩序を保つための『不文律』であるべきだと思っている。国家が勝手に『徳育』を解釈して世界を相手に戦争を仕掛けた不幸を、この教育再生会議に集まった、いわゆる識者たちは気がついていないわけはないと思うのだが・・・。

大臣はじめ官僚たちが『自分の利益になることは是』という意識を持つものが多い現在、学校で、マニュアルに頼らざるをえなくなっている教師たちが、いわゆる作られた『正義』を教えても、子どもたちの心を打つわけがない。

今こそ大新聞はジャ-ナリズムの誇りを持って、先頭に立って阻止する気概と姿勢を示してほしいものである。(田舎親父)

2007年3月30日 (金)

泥棒が大将では・・・

 松岡という農水相が、無料で使っている議員会館に自分の事務所を構え、しかもかかるはずがない水道代などを光熱費として計上している事件。
 誰が考えても明らかな『泥棒』、世間では警察に逮捕され刑務所につながれるれっきとした『犯罪』なのに、権力を握ったらこちらのものとばかり、謝るどころか『どこが悪い』と開き直る始末。
 こんな輩が、我々の最も大切な生活基盤である農林水産業という第一次産業を統括する役所の大将では、世界から馬鹿にされどんどん見放されていくのは当然だろう。
 この松岡という人物は過去にも暗く臭い曰くがあり、『西の鈴木宗男』と呼ばれていることは周知のこと。鈴木宗男氏は逮捕され自民党を除名されたのに、この輩にはお咎めなし。それどころか安倍政権誕生のために『身を粉にして働いた』らしく、その論功で大臣を射止めたというから、いよいよこの国の政治は末期。
 内閣も自民党も、この男をかばうような発言をすれば、たちまちお坊っちゃま首相から怒りがふきだすものだから、見て見ぬふり。
 首相はこの犯罪者大臣によほどの弱みを握られているのか、それとも江戸時代の馬鹿殿さまそのもので、この手の顔つきをすこぶる気に入り、側小姓のように気に入って昼も夜もこの小姓が必要なのかどちらか・・。想像するだけで気持ち悪くなる。
 一方民主党も元大臣が同じように、ただで使っていながら光熱費を計上していたのだから、この悪大臣を追求する迫力がないのもみっともない。
 民主党が政権交代を目指してクリ-ンさを打ち出すのなら、この元大臣を除名ぐらいする必要があるのに、幹部たちは謝ったからそれで十分と知らんぷり・・。これでは国民に支持などされるわけはない。
 先日この欄で取り上げた、千葉県の校長がわずか2000円の食品を万引きして逮捕されたこととは大違い。もしこの元大臣が誤ってすむと考えているならば、千葉の校長もゴメンナサイと謝ったら許さなければならないことは小学生でもわかる理屈。ならば警察などいらないことになってしまう。(違う問題が噴出するだろうが)
 自民党では悪大臣をかばう『おぼっちゃま首相』に忠義立てする小坊主が次々に出現しているが、先日国会での菅某という総務大臣の発言は、よくぞここまで国民を欺くものと呆れることすら忘れるほどの『迷言』に、いよいよここまできたかという感じ。
 『お茶やジュースは消耗品費、ミネラルウオーターは光熱水費』だと平気でのたまう神経を疑う。この総務相も悪大臣をかばうことによって首相のご機嫌をとり、身の安泰をはかりたいという思いが強いらしい。
 さらに追求されると『ジュースとかお茶は消耗品に入れるか、事務所費に入れるか、政治活動の一環であれば組織対策費に入れてもおかしくない』とのたまう。政治活動ならば何をどのように扱うかは俺たちの勝手、お前らごちゃごちゃ言うな、という論理。誰が考えてもミネラルウオ-タ-とお茶は同じだと思うのだが・・・。
 そういえばこの総務相、宮崎県知事選挙の時に首長を集めて『自民党の推薦候補をよろしく』と指示したというニュ-スがあったことを思い出した。これなども明らかに選挙違反。犯罪であるのに何故か不問になったのは、誰かが裏で蠢いたのだろう。
 話が宮崎県知事選になったが、政党に固執している政治屋達に見切りをつけた県民は、『そのまんま東』氏を知事に選んだのは、当面は中央からいじめられるかもしれないが、権力を笠に着て私腹を肥やすやつらへの警鐘、素晴らしい選択だろう。
 新知事も県民の期待を裏切ることのないよう、県民の立場での県政をすすめてほしいものである。
 さて、全国各地で知事選がはじまった。少なくとも当選したら『俺は権力者、なんでもやっても許される』という農水相や総務相のような厚顔無恥な候補者を選ばないようにしたいものである。(田舎親父)

2007年3月29日 (木)

食を考える時では・・・

マクドナルドやモスバ-ガ-・・・などのけばけばしい看板の店が日本中を席巻して久しい。ハンバ-グなどの『ファ-ストフ-ド』と呼ばれる、安価で手軽に店先や道端で食べる食品を販売する、この種の名前の店がずいぶん以前に日本に上陸し、急激にその数を増やしている。
  ファ-ストフ-ド』は身体に良くないと言われながら、手軽さとアメリカに対する屈辱的な憧れから、いつのまにか日本人に認可されるようになり、最近では地方の駅前や繁華街では必ずといってよいほど、この種の店を見ることができる。

 この傾向は日本だけではなく、アメリカ文化を軽蔑する人々の多いヨ-ロッパの国々にも及んでいるという。当然、アメリカの経済や文化に直接影響を受ける開発途上の国々においては、その勢いは凄まじく『富の象徴』のように扱われ、前記のマクドナルドやモスバ-ガ-の看板がないと都会として扱われないと言っても過言ではないらしい。
 安いアメリカ産の牛肉をふんだんに使い、食品添加物で人間(はっきり言って心の貧乏人たち)の味覚に合うように味付けられているのが特徴で、手を洗わずとも食べられるように包装されている上、安価でしかも満腹感がえられることが人々に受けるらしく、この瞬間でも世界に広がるこの安物文化流行に歯止めをかけられないのが現状となっている。
 当然、カロリ-が高くなり肥満の原因になることは明らかで、こんな食物を食べ続けていたら、たちまち取り返しのつかない健康被害を受けることは明らかなのに、なぜ広がるのかと憂えている人も多い。
 特に、学校ではすっかり壊れてしまった家庭での食生活を補おうと、学校給食で栄養バランスや食文化を指導しているのだが、金儲けが第一の社会風潮とマスコミの軽薄で短絡的な操作で生み出した人気タレントの宣伝、その影響に子どもたちのみならず大人たちもが乗ってしまうために、努力が空回りしているのが現状である。
 健康によくないことが明らかなのに、その広告を野放しにしている我が国とは違い、マレーシアではハンバーガーなど『ファストフード』の広告禁止を検討しているというニュ-スに拍手を送りたい。
 『フ-ストフード』が糖尿病などを引き起こす肥満の元凶とみなしているためで、保健相はハンバーガーは『静かなる殺し屋』だと指摘、『広告が禁じられている酒、たばこと同様に扱われるべきだ』と強調しているという。『静かな殺し屋』という表現が気に入った。
 近年、経済発展が著しいマレ-シアでも肥満の人口割合が増えており、肥満症の割合が人口の37%に達し、10年前の20%から大幅に増加。このまま対策を講じなければ、2020年には国民の12%が糖尿病にかかると心配しての発言だという。
 マレ-シアの動きに刺激を受けたわけではないだろうが、ヨ-ロッパでもEUの行政部門である欧州委員会でも『ファーストフード』の広告を禁止しようという動きが出ているという。
 それに比べて我が国のお寒い事情には情けなくなる。日本では広告禁止というとたちまち『言論の自由に反する』という拒絶反応が返ってくることが予想されるが、これは広告を金儲けに使っているメディアの世論操作の影響が強いからに他ならない。
 最近『タバコ=悪』というイメ-ジが国民に定着し始めたらしく、公共の建物では禁煙が当たり前になっている。その割にはタバコの広告がいまだに堂々とまかり通っているのも日本らしいと言えば日本らしい。
 『ファ-ストフ-ド』は幼児のような低年齢の子どもたちも食べているだけに、その害はタバコ以上である。早く何らかの方法で流行をくい止めなければ、アメリカ以上の肥満・糖尿に悩む国になることは明らか。
 特に『自主的性』を全く教えられなかった歴史を持つ我が国では、法による規制しか『ファ-ストフ-ド』をくい止める方法がないのだから・・・。(田舎親父)

2007年3月28日 (水)

プロ野球の発展を祈って

 選抜高校野球に続いてプロ野球が開幕。いよいよ今年も野球シ-ズンがはじまった。最近はサッカ-が人気だというが、私のような年代の人間には若いときから親しんだのはやはり野球で、桜の季節ともなると野球の話題が多くなるのが嬉しいことである。
 最近、甲子園で活躍した球児たちがプロ球団に入ってすぐか数年後という、それほど時間を待たずに活躍する例が多いのは高校野球のレベルが上がってきたことを表す。
 一昨日のパリ-グの開幕戦、日本ハム対ロッテの試合をコマ-シャルや下手な解説者のくだらないおしゃべりを聞かなくてすむ『NHK』がBSで実況中継していたので、珍しく昼間からビ-ル片手にのんびりとテレビ観戦・・・。
 入団3年目のダルビッシュ投手の素晴らしい投球にしばし目を見張る。高校時代は針金のような細い身体だったことを思うと、たった3年間で見違えるようにたくましい体つきになり、時には150kmを超えるすごい球を投げ込んでいた。
 たった一球の投球ミスによって満塁ホ-ムランを浴びて、勝投手にはなれなかったが体つきといい表情といい自信にあふれていた。きっと彼は今年日本ハムのエ-スというより、松坂投手が抜けた後のパリ-グを代表する投手になるだろう。
 高校生が素晴らしい活躍すると、プロ野球の球団の関係者は誰でもが、自分の球団に入団させたくなるのは当然であり、ファンにとってもひいきの球団に入団してほしいと思うのも人情だろう。
 その選手たちを入団させる仕事を任されているのが、スカウトという部隊。野球技術に精通しているプロのスカウト達は、全国をくまなく周り、リトルリ-グの小学生や中学校の野球部の選手達の活躍ぶりを観察して、これと思う選手をマ-クするという。
 自分が発掘して入団させた選手が活躍することで驚くほどの給料が手に入るのだから、大げさに表現するとそれこそ命懸け。何としても自分が見つけた選手は入団させなければならないと思うのも当然。恐らく選手や親に対して凄まじい接触方法をとっていることは容易に想像がつく。
 中学生段階で、プロのスカウトが『将来有望』と選手自身や親に話しかけるだけで、将来はプロ野球選手に憧れている親子の気持ちは舞い上がるのは想像に難くない。まして、手土産をもって自宅に訪問されて『将来はうちの球団へ』と誘われたら、決して悪い気持ちになるわけがないだろう。
 『これで栄養のつくものを・・・』と手土産と一緒に何がしかの金を手渡されたら、これを拒否できる親はほとんどいないのではないだろうか。その時点で、差し出される金銭は将来入団するのだから給料の一部ばかり解釈してしまうようだ。
 建前上、こんなことがないように『事前の接触は禁止』としているようだが、ドラフト制はともかく選手が球団を選択できる『希望枠』という制度がある以上、こんな決まりなどあってないと同じ、『ザルもザル・大ザルのザル法』だというのは誰の目にも明らか。
 本来ならば、こんなことは表にはでにくい話なのだが、どういうわけか西武球団が東京ガスと早稲田大学の二人の選手に金を渡していたことが明らかになった。
 新聞記事によると、京ガスの選手は『苦しい家計を助けるために悪いこととは知りながら受け取った』と言っており、その金額も微々たるものらしい。法に触れるとは言え同情したくなる。
 一方早稲田の選手は中学校時代から、5百万・千万という大金を受け取っていたという。しかも高校も西武球団が指示し、高校では野球部の人間まで関係しているというから、こちらは確信犯、だのに早速社会人球団から誘いがあるという。どうして・・・。
 アマ側は早速『希望枠』の撤廃をプロに求めているらしいが、どうもプロ側の一部球団の態度が煮え切らない。恐らく、即受け入れると『俺たちのこともばれるのでは・・・』という恐れがあるのではと勘繰りたくもなる。
 『希望枠』などなくし、しかも完全ウェ-バ制にして、前年度最下位の球団から選手を指名できるようにした方が、プロ野球にとっては今後のためになると思うのだが・・・。(田舎親父)
 
 

トップページ | 2007年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ