« 何故、こんなに信じがたい事件が続くのだろう・・・ | トップページ | 漢字だけでなく、表現力も乏しいとなると・・・ »

2008年11月21日 (金)

思い切った施策を掲載しないのは何故・・・

 先月だったか、朝日はじめいくつかの新聞紙上に、財政破綻した夕張が人口激減で空き家が目立つ市営住宅の中から比較的頑丈な2棟4戸を選び、まとめて『土地付き1000円』で売り出すことを決めたという記事がでていた。

 そんなバカな・・・と思って読み進んでみると、実際の売り出し価格が1000円ではなく、1000円からの入札だというから少しは納得。630平方メ-トルというとおよそ200坪、確かにこの広さは魅力だろう。しかし、取り壊して建て替えることが条件となると、かなりの費用がかかることは間違いない。

 それにしても思い切った施策とその価格を設定したものと感心するが、医療や保育・教育の分野などの予算が削られ、日常生活を送ることすら最悪の条件である夕張に移住希望という人がどのぐらいいるのだろうと、心配してしまった記憶がある。

 その時の記事では、雪が積もる前にと11月6日に入札するとあったが、その期限はとっくに過ぎている。はたして、入札した人がいたのか、そして入札価格はどれぐらいだったか・・・など、新聞はじめテレビも『夕張』のことなど取り上げる価値すらないのか、後日報が聞こえてこない。

 私もすっかり失念していたが、昨日の朝NHKのニュ-スで旭川市内の雪の風景を紹介していたので、夕張もきっともう雪化粧しているのだろう・・・とこの『1000円入札』を思い出し、夕張市の公式ホ-ムペ-ジを開いみたが、この件に関しての記事がない。

 入札どころか、市営住宅を売り出したという内容もないのはどうしなのだろう。確かに分譲住宅や分譲土地、ふるさと納税などに関しての情報はあるが、一月前に出したはずだろう『1000円入札』の施策などの掲載が全くない。

 (私の見落としかもしれないが)まさか多くの大新聞が揃ってガセネタを流したとは考えられないので、夕張市役所は意識的にこのことを伏せているようだが、何故・・・?という疑問は残る。

 新聞記事によれば、市の財政再建計画には住宅改修費も解体費も盛り込まれておらず、このまま放置しても積雪で倒壊するなど荒れる一方・・・。そこで、今回の試みがうまく行けば、同様の物件売却を続け、財政再建の一助にするとともに、わずかながら人口増にもつながればという狙いだとのことだった。

 また、担当者の話として『これからの季節だと少々寒いかもしれないが、夕張の冬を実感したいという人もいるのでは・・・』とあったので、担当者がいたはずなのに、サイトにはその気配すら感じさせていないことが不可解である。

 市としてははじめから期待していなかったのかもしれないが、夕張出身者でなくても『その後、夕張はどうなったの・・・』と気にかけている人も多いはず。今回の『1000円入札』の結果次第では、考えてみようと思っていた人もいたのではないだろうか。

 地方の疲弊が気になる昨今、夕張のように破綻が心配な自治体も多いと聞く。『田舎が元気でなければ、この国の未来はない』をキャッチコピ-に少しでも地方の活性化のお手伝いをと思い活動している私には、(見落としであってほしいと願う気持ちながら)夕張の公式ホ-ムペ-ジの構成が少し気になるところである・・・。(田舎親父)

« 何故、こんなに信じがたい事件が続くのだろう・・・ | トップページ | 漢字だけでなく、表現力も乏しいとなると・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/43178851

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切った施策を掲載しないのは何故・・・:

« 何故、こんなに信じがたい事件が続くのだろう・・・ | トップページ | 漢字だけでなく、表現力も乏しいとなると・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ