« ますます学校は閉鎖的になるのでは・・・ | トップページ | やはり『医は算術』だった・・・ »

2008年11月11日 (火)

これ以上空港は必要ないと思うのだが・・・

 先日テレビで、『富士山』という新しいナンバ-プレ-トがお目見えして、希望するナンバ-をえるための抽選が行われたというニュ-スが流れていた。

 人気のナンバ-は『37-76』とか『 2-23』などらしいが、たとえゴロ合わせであっても夢のある、そして罪のない庶民のささやかな願い。殺伐とした事件が続く昨今何となくホッとする話題である。

 このプレ-トは、全国で初めて静岡・山梨の二つの県をまたいで、富士山のまわりの自治体の住民だけが車が着けることができるとのこと、希望のナンバ-をえた人はきっと、今まで以上に富士山を自慢し誇りにするのではないだろうか。いや、たとえ希望のナンバ-でなくとも、頭に『富士山』とあるだけでその気分が良いはずでは・・・。

 こんな富士山関連の話題の中で、今年度中に開港する予定だった『富士山静岡空港』が滑走路の先にある、建設に反対する住民が所有する土地に航空法の高さ制限を超える立ち木などがあるために大幅に開港が遅れるとのニュ-スに、何とまあアホらしい・・・と口アングリ状態になってしまった。

 県側は2500メ-トルの滑走路一本の飛行場の計画で土地の買収を進めたようだ。この買収が成田のような反対闘争が報じられなかったので、いつごろから始まったのかはわからないが、すんなり土地を手放す農民は少ないはず。恐らく私が知らないだけで、かなりの反対運動もあったのではなかろうか。

 予定の敷地が確保できたことで、交渉を打ち切り工事に突入。さあ、開港だというお祭騒ぎの最中に、反対派の人の土地の樹木が高すぎて国の基準を越えていることがわかったというから、いかに計画がずさんだったかがよく分かる。

 今更、改めて交渉となるとメンツが立たない。そこで、県としては滑走路を暫定的に300メートル短くして違法状態を解消するための追加工事をして国の認可を受けることにしたようだが、みっともない話である。

 静岡といえば、昔から東西を結ぶ交通の要として多くの宿場町が栄え、明治から昭和にかけては『東海道本線』が日本の大動脈として東西に長い県内を横断。さらに、新幹線次代になってからは、もっとも多い駅を持ち交通は便利で、しかも温暖な季候に恵まれて茶やミカンの大産地として知られている。

 もっとも『のぞみ』は全て通過するので、その意味では悔しい思いをしている県民も多いだろうことは想像できるが、東名高速をはじめとして陸上の交通機関は十分発達しており、不便とはほど遠い自治体という認識をしていたが、行政のトップ達としてはどうしても空港を持ちたいと思っていたらしく、やっと念願がかなう直前のトラブル・・・。

 どうして、陸上交通機関が発達した静岡に農地や山林を破壊してまで飛行場を造らねばないのだろうとの疑問と、航空法も詳しく調べずに最低限の買収で事を進め、直前になってダメと言われるような、あまりにも安易な計画に呆れてしまう。

 この追加工事で、少なくとも4ケ月ほど開港が遅れるとのことだが、2200メ-トルの滑走路1本の飛行場では、当初予定していた航空会社としても乗り入れを渋るのではないだろうか。

 それ以前に、この飛行場は建設が県民の総意なのだろうか、という疑問がわいてくる。

 成田の場合は、当時の羽田がパンク状態という、一応もっともらしい建設理由があったが、今回ははじめから滑走路は2500メ-トル一本というロ-カル空港。単に他の都道府県が持っているのだから俺たちも、という行政トップ達の欲望ではないのでは・・・と思えてならない。

 地方のロ-カル便が苦しいという話はよく聞く。一日一便で、しかも盆暮れしか満員にならないとなると採算は合わないことはわかりきった話。航空会社は撤退したいのも十分理解できる。

 こんな情勢を静岡の行政のトップ達は、県民にどう説明するのだろう・・・。(田舎親父)

« ますます学校は閉鎖的になるのでは・・・ | トップページ | やはり『医は算術』だった・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/43078901

この記事へのトラックバック一覧です: これ以上空港は必要ないと思うのだが・・・:

« ますます学校は閉鎖的になるのでは・・・ | トップページ | やはり『医は算術』だった・・・ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ