« 条例より値上げの方が効果的のようにも思えるが・・・ | トップページ | 『児童・生徒のトイレ掃除』を考える・・・ »

2009年3月28日 (土)

ここは我慢のしどころなのに・・・

 『西松建設』問題で民主党が大きく揺れている。違法献金事件で小沢代表の公設第一秘書が逮捕され拘留期限ギリギリに起訴された問題に対して、民主派党内での小沢下ろしの声が大きくなっているとのことだが、やはりこの政党は烏合の衆の集まりだったのかとガッカリしてしまう。

西松建設から賄賂目的でカネが流れたことは間違いないだろう。西松建設に限らず、自社に有利に働いてくれる権力者にカネを献上することは、古今東西どこにでもある話で決して日本だけの独占話題に限らないことは誰もが認めているのではないだろうか。

数年前に、政治屋サン達とカネの問題が話題になり、一応ケジメをつけようということになり『政治資金規制法』なる法律ができたが、これはザルもザル、大ザルの法律であることも多くの識者や評論家が指摘しているところ。

この法律では、カネの流れをきちんと処理さえしておけば、誰から受け取っても問題にならないらしい。国会議員のほとんどは、そのあたりをうまく処理してカネを集めているのだが、細かく調べればほとんどの議員が、違法か違法すれすれの綱渡りをしていることは周知のこと。しかし、そのことをマスコミは意識的に取り上げない。

今回の小沢代表の組織も、このことを十分留意しながら運用していたはずなのに、突如狙い撃ちされたというところに、何か意図的なものを感じていることは以前述べた。

検察は起訴することは折り込み済みだったはずなのに、起訴されたからと言って、民主党内に突然小沢下ろしの風潮が広がり、我もわれもとその声に引きずられて勝手に動きだし、全体がガタガタするのもみっともないと思えてならない。

小沢代表側から見ると、他の人よりずば抜けて金額が大きいのが目立つものの、政治資金規正法に基づいて処理していると明言。よしんば違法性を多少は感じていたとしても、誰もが同じようなことをしているのだから問題はなかろう・・・といった感覚だったのではないだろうか。

誰かの例えを借りるならば、50km制限の道路を55か60kmで走行しているといったところでは・・・。違反は承知していても10kmオ-バ-程度では警察は捕まえないという認識が一般化しているので安心して違反している、という感覚だったようだ。

ところが、逮捕され起訴された。これから長く裁判が続くだろう。私のような素人でも、検察の強引さが異常ではと思うのに、ここにきて民主党の中がゴタゴタしては喜ぶのは自民党と宗教政党だけ。

小沢代表の記者会見の様子をテレビで見た。あの傲慢ともとれる男が、ハンカチを手にして時に涙をぬぐう姿は見ていても痛々しかった。何故、この時期に自分だけに対してという検察やその後ろにいる組織に対しての怒りと悔しさが読み取れる会見だった。

今すぐに辞任したら検察に敗北を認めること。恐らく辞めるタイミングをはかっているに違いないが、政権交代は悲願でそれ以外何ものでもなく、そのために代表を続けるが国民の声によって進退を決めるという態度は、私にはむしろ清々しいと写る。

このまま居すわられたら困る人間や組織がそんざいするらしく、早速次の日にはマスコミが新事実として、『逮捕起訴された秘書は、東京地検特捜部の調べに対し、違法献金だったことを認めていたことが、関係者の話でわかった』という報道がなされた。これで国民の『小沢辞めろコ-ル』は大きくなるだろうことは想像に難くない。

逮捕され拘留されている被疑者には弁護士でも謁見が難しいと聞く。マスコミ関係者が謁見して秘書から話を聞くことは絶対にできないはず。ならば、ここでいう関係者とは誰なのだろう。関係者とは地検の誰かであるとしか思えない。

地検の誰かがマスコミに、嘘か本当かはともかく『こんなことを言いはじめた・・・』と情報を流し、マスコミはそれに飛びついている構図が見え隠れする。

政治に全くの素人の私でも『関係者』とはという疑問を持っているのに、国会議員である政治のプロが見抜けない訳がない・・・と思うのだが、民主党の議員たちはマスコミ報道に大騒ぎ、『小沢はクロ』と決めつけてしまうのは、相手側の思うつぼ・・・。特に、民主党政権では文部科学省の大臣と言われているオバチャンのはしゃぎ方が気になる。

今日の日本には、小沢代表がいう、議会制民主主義のためにもアメリカやイギリスのように二大政党が存在し、国民の声によっていつでも交代できるシステムがベタ-だと思うが、一度政権という美味い味を知ってしまった自民党にとっては簡単に手放したくないのもよく分かる。

民主党政権が国民にとってバラ色の素晴らしい政治を行ってくれるとは決して思わないが、ここまでウミがたまった現政権に任せては将来に展望が見いだせないことも明らか。

先の自民党の一部との連立騒ぎで辞任を表明した際に、説得して代表を続けさせたのだから、『代表やめろ』という国民の声が抑えられないならともかく、ここは我慢のしどころと、コップの中でガタガタするのではなく、代表を盛り立て一致団結して困難を克服してほしいものである。(田舎親父)

« 条例より値上げの方が効果的のようにも思えるが・・・ | トップページ | 『児童・生徒のトイレ掃除』を考える・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここは我慢のしどころなのに・・・:

« 条例より値上げの方が効果的のようにも思えるが・・・ | トップページ | 『児童・生徒のトイレ掃除』を考える・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ