« 集中治療室で母親が息子を殺害とは・・・ | トップページ | 信じられないような気象災害が気になる・・・ »

2009年7月29日 (水)

こんなバラマキのマニフェストで大丈夫・・・

 民主党の鳩山代表が自信満々で衆院選のマニフェストを発表した。それに対して自民党は『財源がはっきりしない・・・』と批判するだけだったが、昨日マニフェストらしきものを発表、いよいよ綱引きが始まった感だが、4年前の公約を実現できなかったことに対しての反省はなく、道州制への移行などまたまたクチサキだけのものになりそうだ。

そこに飛び込んだのが、私のすむ横浜の視聴が突然辞任とのニュ-ス。市長選を衆院選挙と同日にすれば投票率は上がるだろうし、なにより費用が格段に少なくてすむ・・・という理由は分かるような気もしないでもないが、あまりにも唐突。市民に梯子を外されたと言う戸惑いだけが広がる。

このことは別の機会にするとして、民主党のマニュフェストの話題に戻る。中央省庁の無駄遣いはかなり報道されているが、またまだあるに違いない。天下りのためだけと言われている『○○法人』などもその類だろう。

そんな無駄をなくして果たして9兆円もの財源が確保できるか私にはわからないが、もし民主党の計算が正しいとなると、この国は一体過去どのぐらいの無駄遣いを容認していたのだろう。そこには、一部の特権階級のために自民党の政治屋が肩入れしていたことが明らかだということになる。

民主党ができると言っているのだから、やらしてみよう・・・というのが今の国民感情なのだろうが、この国民感情と言うものがきわめて『移り気』。一月間持続すれば良いのだが、過去になんどもあった意識的なマスコミ操作によって、コロリと変わることもある。

自民の幹部たちはこのあたりのネタ探し。ひょっとしたらすでにその準備は整い、今はそのタイミングを図っているのかもしれないが・・・。

それはともかく、発表された民主党のマニフェストを見て、政治には全く疎い私でも『大丈夫なの・・・』と思うほど、バラ色のバラマキ?政策に首を傾げたくなるのは確か。

その一つが一人当たり年額31万2000円の子ども手当てと公立高校の無償化。(以前にも述べたと思うが)公立高校の無償化には反対しないが、そこまでやるなら高校の義務化まで視野に入れるべきではないだろうか。

養護施設で暮らさなければならない少年たちにとって、高校に進学して多くの友だちと接する3年間は非常に有用だという。そのために公費で学習・進学塾へ通う費用を負担しているらしいが、義務化して誰もが高校に入学できるとなると、さらに無駄が省けるのではないだろうか。

こども手当ても基本的には反対しない。しかし、このこども手当てを受け取った親たちが『本当に子どものために使うのだろうか・・・』という疑問を持つのは私だけではないような気がする。

本来ならば、こんな疑問を持つこと自体恥ずかしいことだと言うことはよく理解しているつもりであるが、最近の親の意識の低下(というよりゼロとも思える人の多さ)から引き起こされる諸問題をみると、単にカネを与えるより親の意識を高めるような啓発活動が必要に思えるのだがいかがだろう・・・。

現在全国全ての学校といっても過言ではない学校給食。その給食を受け持つのが地方自治体なのだが、どこでもその運営で苦しんでいると言う。

『食育』などという言葉が最近流行している。各学校の栄養士はじめ給食担当者は安全安心な食材の調達などにも腐心していることを日常的にマスコミが取り上げている。地元でも活性化には学校給食にかなり期待しているという。そのためにも学校給食の必要性はますます高くなっているのは、学校給食反対論者である私にも頷ける。

自治体は苦しい財政から学校給食にかなりの予算を当てているのだが、基本的には受益者負担が原則で、給食費を保護者から徴収しているのだが、実際は負担を求めるのは食材費だけで、人件費や光熱費など調理のためにかかる全ての費用は自治体負担。

そこに持ってきて、給食費を意識的に払わないと言うトンデモ親が当たり前になっている現状では食の質の向上など無理。しかも滞納者への連絡(極端な場合取り立ても)はすべて学校任せとなると、まさに本末転倒の自体になっているのが現実。

子ども手当てがどのように支給されるのかは理解していないが、自治体預かりでこれら学校に納めなければならない費用を差し引いて支給されるわけではなかろう。

学校給食の例をみても、親に支給されたら、即これらの必要経費を学校に納めるだろうか・・・。という疑念がぬぐい去れない。少なくとも給食費程度は納めてもらわないと給食が成り立たないと言う悲鳴はよく耳にする。

ならば(私個人としては意見とは相反するが)、むしろ給食費を全額負担というマニフェストの方がわかりやすいと思うのだが・・・。

地方へ権限移譲という言葉もよく聞かれるようになった。子ども手当ての予算をそっくり地方に渡して、その地方の独自で子どものために有用な予算の使い方を考えさせた方が教育の質の向上と言う面からも効果的だと思うのだが。

民主党のマニフェストについてはまだまだもの申したいこともある。ガソリン税をはじめとした暫定税率廃止もその一つ。ガソリンの価格が下がって庶民にはバラ色のように見えるが、環境的に考えると諸手をあげて・・・とはならないのも確か。

これらの問題を取り上げると長くなるので別の機会にしたい。(田舎親父)

« 集中治療室で母親が息子を殺害とは・・・ | トップページ | 信じられないような気象災害が気になる・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなバラマキのマニフェストで大丈夫・・・:

» 弱いなぁ [ton’s news]
自民党の公約案が判明しましたね。 で、タイトルが率直な感想だというのは言うまでも無いですね。 民主党は相変わらず根拠が無いものの、耳さわりのいいマニュフェストで興味をい引いたのは確か。 自民党もマネしろとは思いませんが、後から出すからには、無駄の廃....... [続きを読む]

» 世界に誇るバカラが入荷したんですけど・・どうします!? [Net Market]
クリスタルグラスは、世界各国の王室や元首もご用達のクオリティ。バカラを所有できる者こそ、真のこだわりと上質を実感することができるはず。 [続きを読む]

» 坂本龍馬のブログ [坂本龍馬のブログ]
日本初のマニュフェスト・坂本龍馬のブログ情報 [続きを読む]

» 栄養士 資格 [栄養士 資格]
栄養士 資格 学校について。 栄養士 資格 試験はどうなんでしょう。 栄養士 資格 通信教育はあるのでしょうか。 [続きを読む]

« 集中治療室で母親が息子を殺害とは・・・ | トップページ | 信じられないような気象災害が気になる・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ