« 林業の復活策は評価するが・・・ | トップページ | 中途半端な値上げのような気がするが・・・ »

2010年9月30日 (木)

検察自身が『検察は信頼できない?』と思わせる行為・・・

 厚労省の女性局長の無罪判決に大きく影響したらしい証拠品の一つ(実際には採用されなかったらしいが)フロッピーディスク(FD)改ざん事件で、最高検の動きが慌ただしくなっている。

先日、大阪地検の検事正と前次席検事から初めて事情聴取したというニュ-スが流れたが、これは最高検も本気で取り組まなければ、国民の声が大きくなり、取り返しがつかない結果になるのでは・・・と危機感をもったと解釈している。

 それにしても、前田という主任検事がなぜこんな証拠物品のフロッピ-の改竄という、あとでバレたらトンデモないことになるとわかっている初歩的でバカバカしいことをしたのだろう、という素朴な疑問がぬぐえない。

 大阪地検の特捜部には、多分、女性局長は部下の供述書を見せたら観念して落ちるだろうと甘い見込みを持っていたのではないだろうか。ところが元局長は頑強に否認を続けることは想定外。担当していただろうのこの主任検事は功を焦ったのかもしれないが・・・。それにしてもお粗末すぎる。

このフロッピ-の内容についてはマスコミが丁寧に解説しているので取り上げないが、マスコミ報道を信じる限り、取り調べの途中で日にちが合わなくなり、何とか帳尻を合わせたいということらしい。

当初は『謝って日にちを書き換えた』という報道だったが、謝って日にちを書き換えるなんて常識的にはあり得ない。しかも、私的なパソコンで操作していた途中に、なんて言い訳が世間で通用するわけはない。

上司に当たる部長と副部長は改竄したことを知っていたという。『謝って書き換えたのは単純ミスだから、特に問題はない』という認識だったので、部長達は最高険などには報告しなかったとのこと、この段階で部長や副部長ぐるみの隠蔽工作ではないかという疑いもったが、まさかという思い。

 ところが段々真相が明らかになり、昨日のマスコミ報道では、最高険の聞き取り調査で前田という検事は、『上司には意図的に改竄したと』と打ち明けていたという。となると、部長と副部長は口裏を合わせて、(例え証拠として採用されなかったとはいえ)明らかな証拠隠滅を隠蔽したとしか思えない。いや、むしろ、前田検事は部長の指示で改竄した可能性が強くなる。

改竄が明らかになったのは、例によって『内部告発』だという。おそらく地検の中にはいろいろな派閥というか、ドロドロの人間関係があったのだろうと思うが、公判維持のため、あるいは一度作った筋書きを(それこそ粛々と)実行するために、こんなことが日常的に行われているのではないかという疑いを持たれても仕方ない。

部長と副部長が逮捕されるだろうというニュ-スも流れている。逮捕は当然として、時が過ぎたらいつのまにか復職したり、自発退職で弁護士に転身などという、今までのようなナアナア決着ではなく、前田検事が受けるだろう懲戒免職はもとより、司法・行政界からの追放程度の処罰は必要ではないだろうか。

この事件が明らかになったことがどれほど影響したかどうかはわからないが、予想通り、元局長は無罪判決。検察は控訴しない(できない)ので、翌日には厚労省に復帰した彼女の英雄的とも思えるほどの映像がテレビに出っぱなしといっても過言でないほど大々的に報道されていた。

そして次の日には、官房長官から内閣府の統括官(多分局長より上位のランクだろうと思うが)という辞令を受け取ったとのこと。何となく後味の悪さは残るが、一般的にはまあこれでこの事件は一段落といったところかもしれない。

それはそれとして、このところ清張さんに傾倒している私は、つい最近読んだ『夜行の階段』という小説を思い浮かべる。

小説の中で、逮捕された男は警察官の巧みな誘導で殺人を認める自供をした。明らかにこの男が犯人だと確信できるだけの筋立てに誘導した自供調書を担当検事は間違いないと信じきって死刑を求刑したが、結果は無期懲役。

男は判決を不服として控訴するのだが、控訴審の担当検事も自供を信じ切る態度。被告が冤罪だと信じ、証拠を挙げて担当検事に忠告したが聞き入れられない桑山という検事は退職して弁護士として被告を応援する。小説はここで終わっている。

こんな検事ばかりだと、足利事件の菅谷さんなどのような冤罪は出ないのにと感心しながら一日で読み切ったものである。

巧みに誘導する警察の尋問、被告の追い詰められた心理が巧みに描き出されている。すでに読んだ人も多いとは思うが、まだの方は是非一読を・・・。(田舎親父)

« 林業の復活策は評価するが・・・ | トップページ | 中途半端な値上げのような気がするが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検察自身が『検察は信頼できない?』と思わせる行為・・・:

« 林業の復活策は評価するが・・・ | トップページ | 中途半端な値上げのような気がするが・・・ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ