« 世界各地で謎の大穴・・・ | トップページ | これも消費税アップの脚本だろう・・ »

2010年11月24日 (水)

『戦略的○○』という言葉が大流行・・・

 北朝鮮が韓国に向かって砲撃したと言うニュ-スには驚いた。北朝鮮は中国以上に何をはじめるのか日本人の常識では計れない行動をする国だから、ある意味予測された事態だったのかもしれないが、ねらいは何なのだろう。

マスコミは例によってアメリカに対話を求めるサインだとか、後継問題を徹底させる意図があったとか、あるいは軍事演習に対する警告などと大騒ぎしているが、核問題も含めてもう少し深い意味を持っているような気がしてならない。

このことは、改めて取り上げることにして、今回の問題に対しても首相はじめ官房長官以下関係閣僚達が、ただオタオタして、意味不明の声明を棒読みしている民主党政権を皮肉ってみたいと思う。

民主党政権は『戦略的○○』という言葉がよほどお好きらしい。尖閣諸島での中国漁船衝突事件でも、国内法で起訴中の船長を中国の圧力で簡単に釈放してしまった時は首相はじめ関係閣僚から『戦略的互恵関係』という言葉が何回聞かれたことだろう。

外務省によると、この意味として『日中両国がアジアおよび世界に対して厳粛な責任を負うとの認識の下、アジア及び世界に共に貢献する中で、お互い利益を得て共通利益を拡大し、日中関係を発展させること』ということらしい。

文章的にはなるほどと思わせる。常識的に解釈すると、『互いに立場を尊重して、共通の利益になることは一緒にやっていこう』ということだろうが、中国の船長を釈放することが互いの利益にどうつながるのか全く理解できないのは、私の理解力が不足しているからなのだろうか・・・。

確か、東シナ海の日中中間線付近での油田採掘を日中共同で行うとされているはずなのに、中国はこれに応じていないし、日本との話し合いなど無視して独自で採掘していると多くの識者は指摘している。

 また、日本が目指している国連常任理事国入りにもいつも反対していると聞く。歴代の内閣が北朝鮮による拉致問題解決に中国の助力を願っているらしいが、働きかけた様子があるとは思えない。さらに先日は、ロシアの戦勝65周年記念声明に対して称賛し北方領土に対してロシアの支持に回っているが、これらは見事に『戦略的互恵関係』と反対の動きでは・・・。

 そして今度は、『戦略的交付金』なる奇妙奇天烈な言葉が飛び出した。

 何でも、国が使途を定めているひも付き補助金を段階的に廃止し、地方自治体の裁量で使途を決めることができる一括交付金のことらしいが、なにもわざわざ『戦略的』という枕詞をつけるところが、民主党のお偉方のスタンスらしい。そんな名前の交付金を11年度から導入するとのことである。

 この『戦略的交付金』は公共事業を中心とする投資的補助金3.3兆円のうち、都道府県分と市町村分を合わせた1兆円強になるらしい。初年度の来年度はその半分程度の都道府県分のみで、12年度からは市町村分も一括交付金化するとのことだが、財政事情が悪い自治体がはたして有効に利用できるかと言う疑念は消えない。

 コイズミ内閣の時、当時は規制緩和という名目のもと、『三位一体』というこれもよく分からない言葉が流行ったことも思い出す。

当時の説明をひもとくと、(1)国庫支出金を減らす(2)税源を地方に移譲する(3)地方交付税を見直すという3つことをいっぺんにやって、地方分権をすすめるという政策だった。

地方は、ひも付きでないと喜んだのは束の間で、実際には全体枠が少なくなり、騙されたという感が大きくなると同時に、実際に使う段になって、結局は一番目立たない教育や福祉分野などが後回しになり、地方の格差が広がる要因になったことは周知のこと。

今回の『戦略的交付金』も同じような結果にならないことを願うが、意味不明の言葉が先にたつようでは、地方の充実など余り期待できないのではないだろうか。

またまた『格差』を広げる結果になるのでは・・・という感じがする。(田舎親父)

« 世界各地で謎の大穴・・・ | トップページ | これも消費税アップの脚本だろう・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『戦略的○○』という言葉が大流行・・・:

« 世界各地で謎の大穴・・・ | トップページ | これも消費税アップの脚本だろう・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ