« 冬野菜の栽培に異変が・・・ | トップページ | 被災地で選挙が続くが・・・ »

2011年8月26日 (金)

どんどん汚染が広がっている・・・

 自分の年代では被曝したとしても致し方ないと汚染を容認しているわけでは決してないが、日本全体がこんなにも酷いことになっているのに、何故、東電や政府を追求する世論が広がらないのか・・・ということが気になって放射能汚染が頭から離れない。

 今日もまた同じような話題になってしまうが、各地の汚染の話題から。

 その1。先日福島原発から100キロも離れた会津若松市の裁判所(地裁の支部)の敷地に埋設されている雨水タンクの汚泥から、1キロ当たり約18万6000ベクレルの高濃度の放射性セシウムが検出されたとの報道にも、さほど驚きは感じない。

 むしろ、なぜ今頃こんなことがわかったのだろう・・・という疑問のほうが大きい。地裁によると、契約業者が震災後初めて排水管などを洗浄する際、タンクにたまった汚泥を除去するため、調査して判明したと説明しているが、普通に考えれば、泥を取り除くのに放射能の線量計を持ち込む業者がいるとは思えないのだが・・・。

 うがった見方かもしれないが、地裁の職員の誰かが、あるいは線量計を持った市民やNPOの人が、身近のところをたまたま測定していたら、この値が検出し連絡して判明ということころではないだろうか。

 ビックリした地裁は、汚泥処理業者が測定し、たまたま見つかったことにして、すぐに雨水タンク2カ所の周囲を立ち入り禁止にし、『国や自治体と協議しながら、早急に汚泥を取り除きたい』との声明を発したという筋書きでは・・・。

 その2。川崎市にある市営プール付近で採取した落ち葉から、1キログラム当たり1万2400ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

 川崎市は以前から放射戦値が高いと言われていた。NHKの首都圏ニュ-スで、各地の放射線値が毎日紹介されていたが、測定地点が地上8メ-トルのビルの屋上であるのにもかかわらず、東京や千葉より高い値だったことに川崎の汚染が間違いないらしいと思っていたが、いつのまにか(県内一カ所という原則らしい)川崎の名前が消えてしまったことも気になっていたので、やはり・・・という感じ。

 このことが明らかになったのは、やはり線量計を持って身近な場所を測定していた市民の通報だという。慌てた市の公園課の職員がプール周辺を測ったところ、プール隣に積まれた落ち葉から0・66マイクロ・シーベルトの放射線量が検知された。分析の結果、放射性セシウムが検出されたとのこと。

 その後の測定ではさらに放射線値の数値は高くなり、1時間あたり0.9マイクロシ-ヘルトを記録したというから、市営プ-ル近くではかなり汚染が広がっていることは間違いない。

 その3。汚染はこれまでは安全と言われていた新潟にも広まっている。新潟県十日町市の幼稚園と保育園の敷地から、1キロ当たり最大2万7000ベクレルの放射性セシウムというトンデモ値が検出されたというから聞き捨てならない。

 十日町市によると、地上1メートルの空間放射線量は、両園とも数値は通常の範囲内だったが、庭内で草や葉が集められた場所と雨水貯水用容器にたまった汚泥を調べたら、高濃度の放射性セシウムが検出されたというが、他の保育園や幼稚園、あるいは小学校などはどうだったのかの発表はない。

 この他、東京都内や千葉県などでも地域限定ながら、ホットスポットと呼ばれている放射線値が高い地域が点在しているという。

以前から千葉県の柏市や流山市の一部では、1時間あたり0.6マイクロシ-ベルトを超える高い値が検出されていることは報じられていたが、群馬県の川場町の小学校や沼田市の市民の憩いの場である21世紀の森からも、それと変わらない値の放射線値が検出されたとのことに衝撃を受ける。

 今後、良心的なNPOの活動によって明らかになることはもちろん、中には恐怖を煽って視聴率を稼ぎたいマスコミにとっては絶好の標的になるだろうから、各地のホットスポットはますます増える違いない。そして、その地域に住む人々の驚きと恐怖は高まることも確実。

 その不安を押さえるために行政がやらねばならないことは、人出が足りないのなら市民に委託することも含めて、計測地点を増やすと同時に、除染の方法など具体的に分かりやすく説明することだろうが、なかなか重い腰が上がらないようだ。

 しばらく、市民は不安に苛まされる日々が続くことになるだろうが、忘れやすい国民性から、いつのまにか慣れてしまうのでは。それが政府筋の本当の狙いなのかもしれないが・・・。(田舎親父)

« 冬野菜の栽培に異変が・・・ | トップページ | 被災地で選挙が続くが・・・ »

コメント

たぶん汚染は相当ひどいことになっているんでしょうね。そして、現在私たちが わかっていることは一部分であり、汚染が広がっているのにわかっていない部分がほとんどではないでしょうか。
日本人は平和呆けしているような…。
政治家や官僚も、騒ぐのは一時的だし、どうせ国民は何もできないと思っているんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんどん汚染が広がっている・・・:

« 冬野菜の栽培に異変が・・・ | トップページ | 被災地で選挙が続くが・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ