« 安全な基準がないとは困ったもの・・・ | トップページ | この分野は神の領域ではないだろうか・・・ »

2011年8月 7日 (日)

昨日の社説を比べてみると・・・

 昨日8日6日は、広島に原爆が投下されて66回目の忌まわしい記念日。広島では平和記念式典が行われ、参加した人たちは(一部、義理や利権がらみで参加している輩は別にして)原爆被災者に祈りを捧げ、この悲劇が二度と繰り返さないこと誓い黙祷を捧げたち違いない。

原爆が投下された8時15分からはじまった式典はテレビで中継していたので、久々にじっくり観たが、式典というイベントの域を出るものではなかった。広島市長は(仕方ないのだろうが)『脱現発』に踏み込まず、綺麗なよく通る声の二人の子どもたちの口から出る言葉は明らかに教育関係者の作文。

一番酷かったのはアホカン首相の『俺が、俺が・・・』という、いつも通りの手前かってさ・・・。口先では『原発に依存しない社会』と言いながら、内閣は原発輸出を進める、こんなことが許されるはずはないのに平気で口にする神経に、こちらの頭が奇怪しくなりそうだ。

このことは改めて述べるとして、この日の朝刊の大手新聞各紙も、『原爆』と『原発』をからめて論評しているが、その差が面白い。

朝日は『原爆投下と原発事故―核との共存から決別へ』と題して、原発に関しては『世界各国に広がった原発も、同じ燃料と技術を使い、危険を内包する。ひとたび制御を失えば、人間社会と環境を脅かし続ける。その安全性のもろさが明白になった以上、原発から脱却する道も同時に考えていかなければならない』と述べているが、それ以上の踏み込みはない。

毎日は『原爆の日 経験を原発にも生かせ』と一歩踏み込んだ見出しだが、まとめとして『核兵器と原発はこれまで切り離して考えられてきた。近年は原子力に対する「安全神話」も浸透していた。しかし、福島の事故は原発の危険性に改めて目を向けさせた。唯一の被爆国としての経験を原発対策にも生かしながら、従来にも増して核廃絶のメッセージを発信し続けるのが私たちの責務である』と、消化不良の感がする。

読売は『原子力安全規制 組織一元化で信頼を取り戻せ』と『原発賠償指針 被害救済を着実に前進させよ』という二本立て。いずれも、当たり前のことを当たり前にしか書いていない感じで、今後『原発についてどうする』ということについては他人事。

被災者救済に関しても『原子力損害賠償支援機構法などが成立した以上、政府は、遅滞なく機構設立や予算の確保を進め、賠償支援の体制固めを急ぐべきだ』と、政府の御用機関としかとれない記述。

これに対して産経は『エネルギー政策 世界一安全な原発めざせ 今のままでは最貧国に転落だ』と、はっきり原発政策を進めるべきと示し『原子力は、日本の基幹電源であり、生命線であるだけでなく世界が必要としているエネルギーでもある。原子力発電を論じる際には世界の諸情勢を展望して判断する見識が枢要だ』と続けている。

『菅首相の場当たり的な迷走を放置すれば、日本はエネルギー最貧国に転落しかねない。また「原発」と「原爆」を結びつけ、国民の忌避感や不安感をあおる行為も禁物だ。まして、一国の最高責任者が行うべきことではない。あらかじめくぎを刺しておきたい』という一文だけが、何とか読めるところか。

しかし『日本列島は、地震の活動期に入っている。津波を含めて耐震性のさらなる強化は必要だ。今回の事故から可能な限りの教訓を学び取り、世界一安全と胸を張れる原発をめざそう』と結んでいるが、地震というまだ解明されていない巨大なエネルギ-に対して『世界一安全』なシステムなど出来にはずがないことをこの論説員はわかっていないらしい。

全く異色なのは東京新聞である。『原爆忌に考える もっともっと太い声で』との見出しに敬体で文章が続く。

一部を紹介するとみんな紹介したくなる文章である。それでは長くなるので省略するが原発のない次世代へと項目を起こし『フクシマは教えてくれました。地震国日本では、原子の夢にまどろむことはできないと。核の恐怖と原子の夢、ヒロシマとフクシマの空は続いているのだと。私たちも去年以上に、もっとずっと腹の底から太い声を絞り出し、核兵器のない国同様、原発のない国を次の世代に残そうと、語らなければなりません』というまとめの一文には感動を覚える。

東京新聞は以前から『脱原発』に踏み出していたが、社説でここまで書いたことで、それが本物だと感じる。東京新聞に大きな拍手を送りたい・・・。(田舎親父)

« 安全な基準がないとは困ったもの・・・ | トップページ | この分野は神の領域ではないだろうか・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の社説を比べてみると・・・:

« 安全な基準がないとは困ったもの・・・ | トップページ | この分野は神の領域ではないだろうか・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ