« 事故の背景にインタ-ネット・・・ | トップページ | 年金にもストレステスト?・・・ »

2012年5月 2日 (水)

遺灰に含まれる貴金属は誰のもの・・・

 あの事故を起こした深夜バスに乗り合わせた人は、まさか自分が死傷するなどとは夢にも思っていなかったに違いない。結局、人生なんてどこでどうなるのかわからないと思うと、今の生き方と、今後何年生きられるかわからないが、どんな人生の終末を迎えるのだろうとふと考えてしまった。

『願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ』という西行法師が詠んだ詩は有名。私の心境もその通りで、誰もいない山の中で、夜桜を心ゆくまで鑑賞しながら人生を終えられたらこれは最高だろう。

また、随分以前のことになるが、東京大田区にある熊谷恒子記念館には、96歳だったか、亡くなる朝、『ありがとう』という言葉を残して逝ったという展示に、何と素晴らしい人生を送ったのだろうと感激したことが記憶に残っている。

ところで、先月、血液検査に出かけた病院の待合室で『火葬場の遺灰に含まれるのは誰のもの』という週刊誌の見出しに目にとまった。そしてほぼ時を同じくして、ある新聞に公営火葬場から出る遺灰に含まれた貴金属を自治体が回収して換金したり、遺灰そのものを売却したりして得た収益を自治体の収入に組み入れているという意味の記事があった。

今まで思ってもみなかったことなので、『遺灰に含まれる貴金属は誰のもの』というキ-ワ-ドで検索すると、かなり面白い事例にぶつかった。

例えば福岡市の場合は、2008年度、火葬場から出る『残骨灰』に含まれた有価金属を売却し、市の財源に組み入れる制度を導入したところ、3月末までの1年間で約500万円の収入になり、市の予算に組み込んだそうだ。他の自治体の例もあり、名古屋市は年間約1千万円、東京都も約300万円の売却益があったという。

昨年、義母と兄の葬儀に参列し、遺族の一員として焼き場で骨を拾ったことを思い出す。いずれも京都府の自治体だがやり方はほとんど同じ。担当者が骨の部分を紹介し、遺族が箸で、いろいろな部分の遺骨を収集し骨壺に入れるのだが、小さい骨壺なので、ほんの少ししか入らずその殆どを残し、後は『市が責任持って埋葬します』という声とともに骨拾いの儀式は終わる。

その時、この記事を見ていたら、ひょっとして複雑な気持ちになったのかもしれないが、幸いなことに知らなかったので、遺灰の中に貴金属があるのでは、なんて事は考えもしなかった。

確かに、遺体を火葬した後の遺灰には、指輪などの貴金属のほか、入れ歯や人工骨、人工関節などで使われた金、銀、パラジウムなどの有価金属が含まれていることは有り得るだろう。

残骨灰の所有権については、多くの自治体の『収骨した後に遺族が持ち帰らなかった時点で、所有権は放棄されたとみなす』との立場は、当然といえば当然だろうが、こんな記事を読むと何となく(私的にはそれが市の財政に少しでも役立てば良いと思うが)、ちょっと変だぞと感じる人もいるかもしれない。

現在は我が国では原則的に土葬は許可されていないので、葬式をやる.やらないは別にして、遺体は焼却する必要があるのだそうだ。そして、殆どの場合、住んでいる自治体の管理する焼き場で荼毘にふし、遺族たちは必要な部分だけ骨壺に納め、残りは自治体が契約している業者に委託するシステムが確立しているのだそうだ。

この残骨灰の取り扱いをめぐっては墓地埋葬法にも明確な記述がなく、所有権や財産権の解釈は各自治体任せになっているから、遺灰から出る貴金属などは自治体の金庫に納められるらしいが、こうした処理は遺族側には知らされていないのが現状だという。

遺灰から貴金属を拾いだし換金することを、誰が命名したのか知らないが『遺灰ビジネス』と呼び、この存在が知られると、市民からの反発で売却をやめた自治体もあるというから、世知辛い世の中になったものだと感じる。

焼き場で遺族に貴金属類を探す時間的余裕を与えたらとんでもないことになることは誰が考えてもわかる話。そのまま何もしないで契約業者に処理を任せると、業者によっては多大な不当利益を得ようとする不届き者が出ないとも限らない。

やはり、自治体は情報をオ-プンにして、遺灰から得た貴金属類の売却は全体で○百万円と公開し、それを市民のために役立てる今の方法が良いように思いたい。(田舎親父)

« 事故の背景にインタ-ネット・・・ | トップページ | 年金にもストレステスト?・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺灰に含まれる貴金属は誰のもの・・・:

« 事故の背景にインタ-ネット・・・ | トップページ | 年金にもストレステスト?・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ