« 既定どおり4月から・・・ | トップページ | 明治神宮の森が危ない・・・ »

2013年9月24日 (火)

トノ これはいけませんぞ・・・

 先日、静岡県のカワカツ知事が、全国一斉の学力テストの小学校国語の結果が、最低だったことに怒りが爆発したらしく、点数の低かった100校の校長の名前を公表すると発言したことに対して、文科省が慌ててストップをかけるほどの大騒ぎになったことは取り上げた。

県教委としても、知事に校長名など発表されてはメンツが丸潰れになることはもとより、責任が回ってくることは間違いない。となると、必死に知事を諫めたらしく、知事トノはどうやら校長名の公表は思いとどまったらしいが、全国最低という汚名がよほど悔しかったと見えて、今度は、点数の高い小学校の校長名を発表と言い出しているのだそうだ。

全国ほとんどの学校がホ-ムペ-ジを持ち、そこには必ず校長名で教育目標や活動が掲載されているから、静岡県民でなくてもインタ-ネントを開けば、どの小学校だということはすぐに特定できる。

全国最低レベルとなると、学力テストの意義を全く認めない保護者や、あるいは教師であっても、『うちの学校が全国で一番学力が低い』という評価に対して、『そんなもの全く意味がない・・・』と動じないでいられるはずがない。

恐らく地元では連日噂が噂を呼び、学力テストの点数が即学力と思い込んでいる(思い込まされている)保護者たちは、『点数上げろ』の大合唱。校長に面会を求めて、その具体策を求めることは十分推測できる。

それぞれの校長は自分の学校が、正確には何番目とわからないまでも、大体の順位は把握しているはずだから、校長会では県教委・市町村教委から、『点数を上げろ』と強い指導を受け、自分の学校に戻ると、保護者や地域から『何故点数が上がらないのか』と責められるとなると、自殺者が出ることは過去の例からもないとは言えない。

カワカツ知事には、きっと何人かの知恵者のブレ-ンがいるだろうから、こんなことはすでに十分伝わっているのではないだろうか。だからこそ、100校の校長名の公表は断念したのだろうが、何としても、学力テストの点数を上げなければという思いは変っていないらしく、『けなすのは悪かったら褒めようではないか』という発想で、県教委に圧力をかける方法に切り換えたらしい。

県教委も徹底抗戦は無理だと判断し、知事と何らかの妥協をしたらしく、先日、県の教育長が知事と面会して、文科省から届いている学力テストの成績デ-タを渡したと報じられた。その際に、教育長が『下位の校長名公表には至らないと考えている』と断言したというから、教育長は知事の説得に自信を持っているらしい。

どんな妥協が成り立ったのだろう。もしも、県教委が『上位の小学校の校長名の褒める意味で発表は仕方なん』と判断し、それを受けて知事が、実際に発表するとなると、想像するだけで恐ろしくなる。

静岡県の小学校の数は、大体500校程度だと推測しているが、学力テストの成績の上位100(70)校の校長名を発表するとなると、即、学校名がわかることはすでに述べた。こんなことが実際に行われたとしたら、大変な騒ぎになることは想像に難くない。

名前のなかった小学校の学区域では『子どもが通っている小学校は学力が低い』と落ち込むと同時に、隣近所(同じ地域、自治体)の小学校の名を探すことは間違いない。なければ『俺たちのすむ地域は・・・』と、あきらめながらも、市町村教委のやり方に不満を持つ住民が多くなることも当然の話。

もしも、隣の小学校の名前があるとどうだろう。住民同士、あるいは校長も含めて教員間に疑心暗鬼が渦巻くだろうことも容易に想像がつく。結局は、点数の悪い校長名を発表することと、同じような混乱が起きるのは誰の目にも明らかだろう。

賢明なカワカツ知事がそんな愚かなことを本気で思っていると考えたくない。点数の悪い小学校、次には良い小学校の校長名を発表と言い出しているのは、結局なところ、県教委を揺さぶっているのではと思いたい。

しかし、この動きは他の都道府県、市町村に広がる可能性が大きいだろう。文科省の中にも、学校別の成績発表をすることを許す動きがあるとも聞こえてくる。

『全国一斉の学力テスト』の結果が全て公表されるとなると、全国の小学校2万数千校(トップから最低2万数千位まで)の順位が一覧表となって広く知られるようになる。これは現在の学校制度そのものの崩壊を意味し、教育そのものが経済に『ひれ伏す』ことになる。

こんなことが許される社会では、平等で基本的人権が守られる(人に優しく住みやすい社会)とは思えない。今の私には、やはり『知事ドノ お気を確かに』という言葉しか浮かばないのだが・・・。(田舎親父)

« 既定どおり4月から・・・ | トップページ | 明治神宮の森が危ない・・・ »

コメント

 >静岡県知事川勝平太 またの名を嘘つき平太・・・この度は、全国学力テストで小6が最下位だったことから事は始まったようですね。
 >下位100校の校長名を公表すると唐突に表明したからさ~大変!
 >学校名を公表しないが文科省のルール、校長名とは記載されていないからこれはOKだとする県知事。
 >これに対し文科省では校長名イコール学校名との認識を示し県教委はこれを順守すべきだとの見解。
 >今回の件で、嘘つき平太に屁理屈平太がプラスされた。

学校長は、学校教育に責任のない人なのか。ただ、他の教員よりも金を多く貰っているだけなのか。
その責任者であるならば、問題があれば、名前を明らかにされても仕方がない。
問題の解決には、何よりも責任者の自覚が必要である。

意思のあるところに責任はある。
意思のないところには、責任がない。
責任者は、責任を持って問題の解決を図ることを期待されている。
無意思の責任者には、問題を解決する力はない。

死刑執行人は、殺人罪に問われない。
彼らは、殺意がないからである。彼らは ‘頼まれ仕事’ をしているのである。学校長の仕事もそのような ‘頼まれ仕事’ なのであろうか。

日本人には、意思がない。
意思は未来時制の文章内容で、日本語には時制がない。
だから、日本人には、意思がない。

非現実 (過去時制と未来時制) の文章内容が表現できなければ、際立った個人差は出ない。どんぐりの背比べというか、犬と犬の違いに終始する。
個人主義を理解することも難しい。

我が国がひっくり返った時にも、国の政治責任者は出なかった。
「責任者を出すな。犠牲者を出すな」と言う声が上がった。
意思のない人が責任を追及されることがあれば、彼はまさしく犠牲者であろう。動物愛護の精神が必要。
学校長も、そのようなものか。とかく、この世は無責任。

心のある人とは、どのような人か。
自分の感情を表現する人か。ならば、歌詠みの人か。
自分の意思を表現する人か。ならば、行動の人か。

日本人には、意思がない。だから、自分の意思を示さない。
我が国は、世界の中にあって、世界に属さず。
日本人は、無為無策で高踏的*なのか。
我々は自分自身の意思を示すよう心掛けて、来るべき国際化社会に備えなくてはならない。

 *高踏的 (自分ひとり高いとしているようす。おたかくとまるようす。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/58255425

この記事へのトラックバック一覧です: トノ これはいけませんぞ・・・:

« 既定どおり4月から・・・ | トップページ | 明治神宮の森が危ない・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ