« 判決そのものは疑義はないが・・・ | トップページ | 殿 お気を確かに・・・ »

2013年9月10日 (火)

線引きで補償の差が出るのは変な話・・・

 9月2日と4日に関東を襲った竜巻については、先日取り上げた。しかし、被災地によって補償の厚みが違うと言う続報には納得できかねる。

記事によれば、越谷市には被災者生活再建支援法を適用し、住宅の被害に応じ一世帯当たり最大300万円が支給されるというもの。このことについては特段の疑義を感じないが、同様に被害を受けた同じ県の松伏町や千葉県野田市、さらに4日に被害を受けた栃木県矢板市などは適用外となるとのこと。これは『アリャ?』という気持ちにさせられる。

 越谷市の被害は、全壊建物は13棟で、2棟は空き家だったらしいが、人の住んでいた家屋は11棟となり、被災者生活再建支援法の『全壊家屋が市町村ごとで10棟以上』との適用基準を満たしているが、松伏町と野田市、矢板市、鹿沼市などは、全壊家屋は確認されていないので適用できないのだそうだ。

 現地を見たわけではないが、テレビの映像を見る限り、(全壊という定義は知らないので、なんともいえないが)、明らかに人が住めない状態の住宅が多かった印象がある。人が住めないほど破壊された住宅を全壊と呼ぶのではと思っているのだか・・・。

 先日も述べたが、竜巻の被害は通過した場所を総なめするが、幅はたかだか200メ-トルだから、隣の家は全く被害がないという例が特徴である。これをただ『運の悪さ』とし放置して良いかとなると、首を傾げる。

 かといって、自然災害全てに補償するとなると、いろいろな問題があって難しいことは理解できる。そのために、自治体内で全壊住宅の合計10棟という規定があるのだろうが同じ竜巻による被害となると、同県内の越谷市には適用、増伏町には不適用では、住民からの不満が高まることは当たり前だろう。

 さらに、適用される越谷市であっても、『全壊』や『大規模半壊』などの世帯に支援金が支給されるが『半壊』や『一部損壊』では支給されないので、建物に被害が出た約9百世帯のうち実際の適用は数%にとどまるというのも変な話である。

 こちらは、例えば、水害においては水の最前線があり、水がつく家と助かる家があるので、ここに住宅を建てた運の悪さとあきらめざるをえないのは、ある意味仕方ないのかも知れないと納得できないことはないが、『見えない線』で行政区が違うと言われても、『はい、わかりました』とはいかないことは当然だろう。

 私には、被害にあわれた方には心からのお見舞いを申し上げるしかできないが、法律というのは何と無情なものであるかを思い知らされる。

 話は変わるが、竜巻被害にあった人を騙す輩が跋扈しているというニュ-スには、いよいよモラルが崩壊したことを実感、暗澹たる気持ちにさせられる。

 記事によると、竜巻の被害地域に、リフォーム業者や保険会社関係者などを名乗る不審な人物が多数入り込み営業しているのだそうだ。屋根の修理代金を払い、その後連絡が取れなくなる被害がかなりの数発生しているというから許せない。

 映像で見るあの被害である。屋根が完全に吹っ飛んだ住民は、とにかく早く屋根を何らかの形で覆わねば、雨が降ったら大変なことになる。工務店などの知り合いがあれば良いが、知らないとなると業者を探すのが一苦労。地元の業者は、すでに注文を受けているので無理だと断られるとなると藁にもすがる思いで、ポストに投げ込まれたチラシを見つけて頼むしかないのもよく分かる・・・。

地元の警察署などは『災害に便乗した悪質商法にご注意を』などと呼び掛けているらしいが、振り込め詐欺なら注意すれば防げるが、修理してくれる業者がいないのだから、この種の被害は今後も増えそうだ。

町内会などの自治会が窓口になって、業者の選定を一本化できれば良いのだが、竜巻の場合は、同じ自治会の場合が多いことを考えると、すんなり話がまとまるとは思えない。

7日には北海道苫小牧市でも竜巻が発生し、被害がでたというから、まさに日本中どこで起きるか全く予測がつかなくなったことだけは間違いない。苫小牧は海に面した町であることから、先日も述べたように、福島の原発近くでも発生したらトンデモないことになる。

それは別にしても、明日は我が身と災害に対しての心構えを持つことの重要さを教えてくれる記事である。(田舎親父)

« 判決そのものは疑義はないが・・・ | トップページ | 殿 お気を確かに・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/58163904

この記事へのトラックバック一覧です: 線引きで補償の差が出るのは変な話・・・:

« 判決そのものは疑義はないが・・・ | トップページ | 殿 お気を確かに・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ