« ダウン症の子どもが増えている?・・・ | トップページ | 高裁もボケ老人は座敷牢判決・・・ »

2014年4月29日 (火)

過労死が当たり前の世の中に・・・

 一旦話が消えたと安心していた『残業代ゼロ』という経営者が大喜びする政策がゾンビのごとくよみがえり、首相の諮問機関と称する『産業競争力会議と経済財政諮問会議』という組織が、本気で打ち出してきたことに激しい怒りを感じる。

今『ブラック企業』が世間の耳目を集めている。誰が考えても、報酬につながらない残業を強い成果が出るまで際限なく働かせ、それでもノルマが達成できないとなると、『お前の能力がない』と責め、自主退職に追い込む、ブラック企業と呼ばれるこんな企業が存在して良いわけがないのだが、現実には次々と現れている。

最近は、『グロ-バル』という言葉が絶対に『是』で、これに反論することは世の中全てを的に回すことになっているらしく、この言葉の前にはいかなる言い訳は通用しない。『世界経済に打ち勝つためには、会社に協力するのは当たり前』という論理が当たり前のごとく通用している。

個人の事情などは全て考慮の対象にならずという社会が実現したらと、想像するだけでゾッとする。しかし、今回、政権が打ち出そうとしているのが、そんな危惧をますます増大するような法案のようだ。

こんなものが通ってしまったら、今でも、サラリーマンの長時間労働が常態化し、毎日のように過労死や鬱病、あるいは自殺という話題に事欠かない現実なのに、ノルマを課して達成を義務化することが『法律で是』となれば、悲惨な結果になることは火を見るより明らかである。

以前、年収が最低でも1000万円を超える、いわゆるホワイトカラ-と呼ばれている一部の高級サラリ-マンを対象に、勤務時間をなくして自分の仕事を達成できる労働形態を『ホワイトカラー・エグゼンプション』と名付けて打ち出したことは記憶に新しい。

その時は世間の理解を得ることができず(内閣が倒れた)、その言葉は過去のものとなっていたと思っていたが、今回はホワイトカラ-だけではなく、対象を一般社員に拡大して実現しようというのだから正気の沙汰ではない。

『産業競争力会議と経済財政諮問会議』が本気で打ち出した基本的な考えは、働く人が労働時間を自分で決める代わりに、残業代や深夜・休日勤務などの割増賃金をもらえなくするものであることは疑いのないところ。

現在の労働基準法は労働時間を『一日八時間、週四十時間』と定められている。それを超える場合は、役員や管理職を除き、残業代の支払いを企業に義務付けているが、この規制を外すとなると、労働者は企業の奴隷になれという宣言に等しい。

百歩譲って『成果さえ出せば短時間で仕事を切り上げられる可能性はある』という意見を認めたとしても、現在の社会は使用者側である会社の立場が著しく強く、会社としての成果や、それに値する賃金などは経営者のさじ加減できまることは、誰の目にも明らか。結局は労働者が成果を求められ、過剰労働が当たり前になることは疑いのないところ。文句を言えばすぐに『ならば、お辞めになったら・・・』とくるのだから、想像するだけでこれは地獄。

今求められているのは、誰もが希望の持てる社会の実現でなければならない。なのに、時代に逆行するがごとき、こんな法案を遠そうとしているこの政権は、アホベという男は、まるで江戸時代の悪代官という役所。

金儲けのために、媚びへつらう悪徳商人から,多大な賄賂を得て,庶民の苦しみなどもろともしない筋書きは、まるで安物の時代劇を見ているような感じすらしてしまう。このたぐいの時代劇の筋書きは、間違いなくギリギタの場面で『正義の味方』が現れて、悪代官を誅し、庶民を苦しみから救うのだが、今回の法案には『正義の味方』は存在しない。

それどころか、ますます貧しい生活を強いられる貧しい庶民は虐げられていることに気付かず、『支持率』という絶対的な切り札を悪代官に与えているのだから、悪代官はやりたい放題という筋書きになっている。

困ったものだとしかつぶやけないのがもどかしい・・・。(田舎親父)

 

« ダウン症の子どもが増えている?・・・ | トップページ | 高裁もボケ老人は座敷牢判決・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/59549893

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死が当たり前の世の中に・・・:

« ダウン症の子どもが増えている?・・・ | トップページ | 高裁もボケ老人は座敷牢判決・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ