« 繰り返される自然災害?・・・ | トップページ | 大マスコミの猛省を促したい・・・ »

2014年8月23日 (土)

地方の水道事業が危機に・・・

 先日、知り合いの工務店から『横浜の水』という缶詰をいただいた。中身はただの水道水らしいが、賞味期限を見ると5年もある。味を確かめるために早速冷やして飲んでみたが、市販されている『アルプスの○○名水』などと比べても遜色はない。

これほど上質な水が,蛇口をひねると無尽蔵(水道代金払えばだが)に出てくるのだから、横浜の片田舎に満足しているのも当然かも知れない。ところが、このところ全国各地の水道事情が厳しいという記事に出会うことは稀ではないのが気になるところ。

日本の水道設備は地方自治体か、あるいは自治体から委託された公営企業が運営しているのが普通だという。当然ながら人口が多く地域が狭い都市部の自治体と、人口が減少ししかも面積だけは広い地方の自治体とでは、根本的に抱える問題の質が違うが、水道設備の老朽化などによる水道管の交換など設備の更新に必要な費用は2020~25年に年間1兆円規模に達し、25年には水道設備の更新に必要な資金が足りなくなる見通しだという朝日の記事が目に留まる。

過疎に悩む地方都市の例として埼玉県秩父市を取り上げている。秩父市は10月から、水道料金を17・5%値上げする方針を決めたのだそうだ。凄い値上げ率だ。標準世帯(大人2人、子ども1~2人)で月30立方メートル使うと、570円も上がって月4730円になるという。市長の『値上げしないと子孫代々、水道を経営できなくなる』との発言を理解できる市民でも、ここまでの値上げには何故?という疑問を持ち反対したくなるのはもっともなこと。

 秩父市の水道事業は、県内で最も早い90年前に始まったとある。その歴史は明らかにしていないが、市の面積(577平方キロ)は県の15%を占め、うち87%が森林。人口は6万6千人。山間部の集落の隅々に水を送るため、水道管の距離は593キロにもなり、相対的に水道管は老朽化し改修が追いつかず、浄水場から利用者に届くまで30%が漏れているという。

一方、東京都をはじめ首都圏の自治体の漏水率は3~5%。住宅密集地域に効率的に水を配っているため収益性が高く、東京で年は300億円ほどの黒字を生み出し、その資金で最新の管に取り換えているという。

 秩父市は水道管の交換や浄水施設の改修などで2030年ごろまでに160億円かかるとの見積りには驚くが,13年度の水道事業は1億5千万円の赤字で、一般会計からの繰り入れで穴埋めしてしのいでいるとのこと。

これでは他の様々な住民サ-ビスに支障が及ぶことは明らか。そこで、市は水道料金の35%アップも検討したそうだが、市民の反発が強く、値上げ幅を半分にすることで落ち着いたというから、こんなことも人口の首都圏集中と地方の過疎化の原因になるのかと改めて暗澹たる気持ちにさせられる。

 20年後の秩父市の人口は、現在より3割少ない4万7千人との予測。メ-カ-の技術が進み、トイレや洗濯機などの節水技術が進み、1人あたりの使用量が減っていることも水を『売ってなんぼ』の市の担当者としては痛し痒しと悩んでいるとのこと。一方、毎日水道がなければ生活できない市民からは,『節水するほど値上げが進むなんて本末転倒』という恨み節も笑えない笑い話。

 東京や横浜は自前の水をビジネスチャンスと捉えて、国内外で売り出したり、水道技術を東南アジアなどの国々に輸出し、その儲けで、水道管の取り替えはもとより、新たな漏水対策としてハ-ドやソフト面の充実。一方、秩父市などの地方都市は、30%(自治体によってはもっと酷いこともありそうだが)の漏水の損失分を市民から徴収とはなんともやり切れない話である。

 憲法は、国民は等しく、人間としての生活をする権利をうたっている。水と電気は最低限の生活にはなくてはならないもの。なのに、水道は電気とは違って、自治体にその全ての供給責任を課しているのは何なのだろう。歴史的な事情もあるのだろうが・・・。

電気と同じように独占電力会社に全て任せたら、原発のように違う問題は起きることは間違いないが、都市と地方との料金差には水道のような極端な差が生じることはないのではないだろうか。

 一昨日つぶやいたが、国は『まち・ひと・しごと創生本部』政策を『骨太の方針』とするなら、この問題を基本的な課題として、地方自治体が魅力的な政策で過疎化・少子化をくい止める努力の後押しをしてほしいものである。(田舎親父)

« 繰り返される自然災害?・・・ | トップページ | 大マスコミの猛省を促したい・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/60194349

この記事へのトラックバック一覧です: 地方の水道事業が危機に・・・:

« 繰り返される自然災害?・・・ | トップページ | 大マスコミの猛省を促したい・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ