« エボラ出血熱は他人事ではなさそうだ・・・ | トップページ | 小説の世界と思っていたが・・・ »

2014年8月11日 (月)

懲りない政府の『横っ面札束』作戦・・・

 イシハラ環境相の『金目でしょう』発言は、福島県民を激怒させたことは伝えられているが、マスコミの怠慢もあって、責任問題はウヤムヤになってしまった。また国民全体の怒りに発展することなく、まして政治の世界では『当たり前・・・』という認識らしく全く反省する気配はない。

それどころか、自らの『金目』発言を現実化すかのように、イシハラが福島県の知事と2町長との会談で、国の政策として、中間貯蔵施設建設に関して、住民の生活再建や地域振興のため、2つ町への2500億円の一括交付を含めて、今後30年間総額3010億円の交付金を新たに出すと伝えたとの報道に、この男の辞書には『恥』とか『羞恥心』という言葉はないらしいことを改めて知り激しい怒りを覚える。

しかし、大マスコミは『金目』発言はすっかり忘れたらしく、大熊町と双葉町の町長はそろって『前進』と答え、福島県知事も『地元の意向を踏まえて検討していただいたと受け止めている』と応じ、『政府が目指す来年1月の一部供用開始に向けて自治体との協議は一歩前進した』と『横っ面札束』作戦を評価するがごとくの報道に、何なの・・・と大きな違和感を持つ。

一括交付される2つの小さな町にとって、2500億円という(私には想像もつかないが)莫大な金額は魅力に違いない。これで、町の復興が早まると判断したくなる気持ちも分からないわけではないが、もし、これで中間貯蔵施設の建設の話を進めたとしたら、まさにイシハラと言う男の『金目』発言を追認したことになる。間違ってもそんなことにならないことを祈りたいが・・・。

2500億円で原発事故が片づき、避難している人たちが元に戻れるなら、今回の『横っ面札束』政策を非難する人はいないだろうが、事故を起こした原発自体の状況すら分からず、汚染水処理すら全く手がつけられない現状では、一部の連中の利権のためのもの以外何ものでもなく、全てがウソ偽りのシナリオだと断言しても決して極論ではないだろう。

中間貯蔵施設は、福島県内の汚染土などを最長30年間保管するために、事故原発を取り囲む大熊・双葉の2町の計16平方キロを国有化し、2550万立方メートル(東京ドーム20杯分)の汚染物質を貯蔵すると施設を作る計画だったらしいが、住民の反対が強いので、全面国有化は断念したと聞いている。

対案として、30年後の県外最終処分も法制化した上で、希望する地権者には30年間を期限に地上権を設定し、所有権を残したまま国が土地を利用する方法を取り入れるということだが、30年後に『ではどこへ・・・』ということは全くの未知数。となると、この約束自体空手形であることは明らかだろう。

 原発事故で最も大きな影響を受けた福島県に手厚い財政支援が必要なのは当然で、だれも異論はない。しかし、その前提には、原発を一刻も早く収束させることであるのも衆目の一致すところ。

しかし現実は、原発内部の様子さえほとんど分からず、事故原因の調査すら東電任せ。しかも、当事者の東電が3年以上過ぎた今になって、メルトダウンは予想以上の速い時間で起きたなどと言い出す始末。要は、東電にはもはや事故解明能力はもちろん、原因解明の意欲も気力もないのが現状である。

政府はこのことを認め、(今となっては難しい問題だろうが)東電を国有化はもちろん、全国のそれぞれの電力会社が独占している送電線を自由化し,原発に頼らなくても電力の供給が可能な環境を作るという強い姿勢を示し、国民、特に被災者の信頼を得ることが先決であろう。

現政権は原発依存を変えようとしていないどころかむしろ拡大している。こんな政権に中間貯蔵施設など作らせたら、中間が恒久となり、その先には、行き場がなく溜まり続けている『原発ゴミ』の『最終処分場』となることは火を見るより明らか。

最悪の想像だが、原発を経済政策(金儲けの材料)の一つとして、輸出を進める姿勢の裏には、『福島最終処分場』が輸出先の原発ゴミも受け入れるという、絶対に知られてはならない筋書きもあるのではないだろうか・・・。(田舎親父)

« エボラ出血熱は他人事ではなさそうだ・・・ | トップページ | 小説の世界と思っていたが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/60132237

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない政府の『横っ面札束』作戦・・・:

« エボラ出血熱は他人事ではなさそうだ・・・ | トップページ | 小説の世界と思っていたが・・・ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ