« 地方の水道事業が危機に・・・ | トップページ | 成田の影が薄くなる・・・ »

2014年8月25日 (月)

大マスコミの猛省を促したい・・・

 広島市の大惨事から、早6日。警察と消防、自衛隊は3500人体制で連日最大限の努力をされていることは十分理解しているが、それでも被害の規模は拡大し、犠牲者の数は増えている。

 20日の午前3時から4時という時刻から想像を絶する大雨で一瞬にして崩落が始まったこの大規模な土砂災害。亡くなった方や行方不明の人たちの多くは、異変に気づき行動する前に土砂に飲み込まれたのだろう。

 どんな方法で情報を伝達することになっていたのかは知らないが、もし、個々の自宅に非常ベルなどがあって、それが鳴って目が覚めたとしたら、犠牲者の数はずっと少なくなっていたことは間違いなさそうだ。

その意味で、広島市の避難情報発信の遅れは被害を甚大にして原因であることは間違いないが、情報の伝達方法が徹底していなかったとしたら、真っ暗の中、慌てて外に飛び出す人もいただろう。すると、数年前の兵庫県佐用町のように、間違って用水路に落ちる人も少なくないとも考えられる。また、スピ-カ-で大音響の避難指示を出したとしても、雨音で届かなかったこともあり得る。

この情報発信の遅れはこれから検証されるとしても、この突然の大惨事に対し、我が国のトップの立場に君臨するアベという首相の危機意識の乏しさには呆れ、怒りを覚えてならない。

以前から長期休養に入ると明らかにしていたことは報じられていた。当日滞在していた山梨県の別荘から、すでにNHKテレビが現地の様子を映し出してから数時間過ぎた20日の午前7時20分ごろに出て、8時から『鮫の脳味噌老人』や、取り巻きの連中とゴルフに興じていたというから神経を疑う。

見るに見かねた常識的なブレ-ンから『不味いですよ』と諫められたのだろうが、1時間ほど過て、確かに不味いと思ったらしく、パトカ-に先導され、高速道路を時速130キロでスッ飛ばし、午前11時に官邸に到着したのだそうだ。

 官邸サイドは首相が午前6時半に関係省庁、機関に指示を出していたとして、危機対応に『問題なし』との姿勢だが、気象庁が広島市に土砂災害警戒警報情報を出したのは20日午前1時15分。市が避難勧告を出したのは午前4時20分ということから、速い段階で予測できる大災害、しかもそれをすでにテレビが報じているのにもかかわらず、ゴルフのほうが大事だったとはなんという不見識、被災者のことなど頭になかったのだろう。

 さらに酷く唖然とさせられたのは、その日の午後5時19分に内閣危機管理監から報告を受けると、午後6時前には公邸を出て、サッサとまた山梨県鳴沢村の別荘に戻ったという。1分単位の時刻まで報じられている。

その日(20日)、災害現場では夜になっても多くの行方不明者(その時は7人だったが時を過ぎるに連れて増えていった)がおり、自衛隊員のほか、大阪、兵庫など近隣の道府県警の警察官ら総勢1000人以上が徹夜で救助作業に当たっていたのにせかかわらずである・・・。

この首相、記者会見で、1000人体制を指示したと例によって自分の力を誇示する発言をしていたが、普段から『国民の命を守る』と言っているのが全くのでたらめで、ただカッコづけている中身のないうすっぺら人格であることは明らか。

その日、天皇が早々に静養を中止するという発表とは大違い。天皇の周りの知恵者が、こうでもしなければこの首相の非常識な行動が続くと考えたのかも知れないが、国民はこぞって天皇のこの静養中止を歓迎し、さすがと拍手を送ったに違いない。

これにはさすがのうすっぺら首相にも利いたらしく,ゴルフをあきらめて官邸に戻ったというから、これが一国の大将かと呆れて声も出ない。

誰が考えても、国民の生命、財産を本気で考えるのが宰相の最低限の資質だろう。災害の全容を把握するまで対策本部にとどまり陣頭指揮をしなければその資質がないことを自ら明らかにするのにもかかわらず、知らん顔して別荘に戻る感覚が許せない。

『俺なら何をしても良いのだ・・・』という驕りがあるのだろうが、この首相の馬鹿馬鹿しいまでも愚かな行動に大マスコミは批判一つすることなくダンマリを決めているのももっと恐ろしい。一部の夕刊紙を除いては・・・。

やり手の官房長官の睨み恐ろしいのだとしたら、そこには国民に真実を知らせるという、メディアとしての矜持などはもはや存在せず、権力の御用機関に成り下がってしまった姿しか残らない。

 北陸・東海・近畿を中心に局地的大雨が降り注ぎ、死者が出た17日も経団連会長ら親しい財界人とゴルフに興じていたことや、京都・福知山市では計2400棟以上が床上・床下浸水被害にさいなまれていた時も、そして同じく豪雨被害に遭った兵庫県知事が、復興費用の一部を国が支援する『激甚災害』の早期指定を政府に求めていることも知らぬげに平気でグリーンに繰り出していたらしいことも全てスル-・・・。

 首相のゴルフ三昧を、『安定政権の余裕の証し』などと書いているようだが、そんなバカな話がまかり通って良いはずがない。大マスコミの猛省を促したい。(田舎親父)

« 地方の水道事業が危機に・・・ | トップページ | 成田の影が薄くなる・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/60205522

この記事へのトラックバック一覧です: 大マスコミの猛省を促したい・・・:

« 地方の水道事業が危機に・・・ | トップページ | 成田の影が薄くなる・・・ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ