« 成田の影が薄くなる・・・ | トップページ | 原発がなければ無用なシステム・・・ »

2014年8月27日 (水)

術受難時代到来か・・・

先日もつぶやいたが、私は時に急に思い立って出かけることが日常になり、電車に飛び乗り、気が向くままに知らない駅に降り立つことも稀ではない。そんな時目にする風景は、以前は必ずといって良いほど見かけたパチンコ屋が影を潜め、代わって目立つのは『○○塾』という看板とその教室(校舎?)の存在。

これも学力テストの影響なのかも知れないが、小中学生が学校だけでは学力がつかないという風潮と、本来なら家族団欒の時間を削ってまで塾に通わせなければという一般市民の脅迫概念を苦々しく思っている私には、こんな風景は増えてほしくないもの・・・。

日頃から、そんなことを思っているので敏感に反応するのかも知れないが、数日前に、大新聞がこぞって掲載した『代々木ゼミの苦境』という記事は、我が世の春を満喫していただろうと思っていた予備校業界(塾とは性質が違うが)にも冬の足音が忍び寄っているらしいことを感じる。

代々木ゼミナ-ルといえば、駿大予備校と川合塾とともに3大予備校と言われている程度のことは知っている。一時は、その名前だけで人が集まったらしいが、最近は、学習塾ながら東京一部上場(例えば、首都圏の都バスや市バスはもとより私営のバスの車体でも、『東進』という文字の緑色の車体が目立つほど)に急成長している『東進ハイスク-ル』をはじめ、勢いのある塾の台頭とは裏腹に、予備校一本で生き抜くのには難しい時代になってしまったようだ。

記事によると、代々木ゼミナールは全国に27の校舎を持っているという。私はこの数字をみて、エッこんなに少ないの・・・と思ったが、今回29校の7割に当たる20の校舎を来春にも閉鎖する方針だというから、その経営基盤は風前の灯火と言っても差し支えないのでは・・・。

閉鎖される校舎は、仙台、大宮、横浜、京都、神戸、小倉、熊本など合わせて20校。これらでは来春以降募集は行わないことなど、講師らにはこの情報はすでに伝えられたという。

当然のことだろうが、閉鎖に伴い講師たちのリストラも始まるらだろう。すでに、40歳以上を対象に400人規模で希望退職を募りだしているという噂まで聞こえてくるほどから、看板講師(すでに引き抜き話があるだろうが)以外は、再就職のことで頭が一杯になっているのではないだろうか。

 ここまで有名予備校が追い込まれているのは、子どもの奪い合いが背景あることは誰の目にも明らか。さらに拍車をかけているのが、毎日のようにニュ-スになっている『少子化』という事実だろう。

 1960年代には、同じ年に生まれる子どもたち(同級生の数)は200万人を超えていたと記憶している。予備校としての機能が主力の代々木ゼミの対象は18~20歳。1990年代までは200万人代を維持していたが、今年度の18歳は約118万人と急減しているという。

ここ数年、大学進学率は横ばいらしいとなると、18~20歳の年代は予備校最盛期に比べ半減。しかも、推薦入試やAO入試での入学が増えているそうだから、大学入試対策中心に運営している予備校市場は少ないパイの奪い合い。まさに生き残りをかけた消耗戦の真っ只中というところ。

記事には、『3大予備校』と呼ばれる各校の集計によると、13年度大学入試の東大合格者数は、代ゼミの369人に対し、駿台予備学校は1257人、河合塾は1101人で、入試の実績でも引き離されていたとある。

予備校の内情には興味もなく、こんな数値を初めてお目にかかるが、これでは学生が敬遠したくなるのも理解できそうだ。そして、今回白旗を上げたのだろうが、残る7つの校舎では全国展開にはほど遠く、やがて消えていく運命にあるような気がしてならない。

ただ、多くの学生たちは、代々木ゼミのセンタ-試験の自己採点分析機能を利用しているとなると、混乱はさけられないだろう。そして、予備校と学習塾とは性質が違うということを承知しているつもりだが、今回の代々木ゼミの縮小は、学習塾にも少なからず影響を与えるのも間違いなさそうだ。

一昨日文科省が全国学力テストの結果を発表した。昨日の新聞にも掲載されたので、各教育委員会はここ数日、この結果の扱いで激論が飛び通っているのではないだろうか。特に下位に位置した首長の自治体では尚更・・・。

塾に通わなければ学力がつかないなんて社会が当たり前で良いはずがない。子どもの時代には何よりも実体験と遊びが、将来のためにも必要なことは誰もが認めるところ。それをわざわざお金を払って取り上げている。何とムダな行為なのだろう。

一つの予備校の経営縮小という記事が、『塾に通わなくては』『通わせなければ』・・・という脅迫概念と、点数だけで児童・生徒の人間性まで評価する時代のあり方を考えるきっかけになれば良いのだが・・・。(田舎親父)

« 成田の影が薄くなる・・・ | トップページ | 原発がなければ無用なシステム・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/60216116

この記事へのトラックバック一覧です: 術受難時代到来か・・・:

« 成田の影が薄くなる・・・ | トップページ | 原発がなければ無用なシステム・・・ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ