« 変だぞ共産党・・・ | トップページ | 公認候補以外の応援は除名?・・・ »

2016年7月15日 (金)

新知事に期待・・・

 参院選はあまりにも悲惨が結果となり、しばし声が出ないほど落ち込んだが、同じ日に行われた鹿児島県知事選では、脱原発をメイン政策として挙げて、野党統一で戦った三反園(ミタゾノと読むらしい)さんが当選というニュ-スにはホッとする。

保守の牙城だと言われていた鹿児島でよくぞ選ばれたものと感心するが、相手候補が4選目であることや、震度7を2度も繰り返し甚大な被害をもたらした大地震でも、原発は安全だから止める必要がないと、川内原発をそのまま稼働し続けたことで、県民の不信が高まったことも影響しているに違いない。

しかも、この御仁は『女子高生にサイン・コサインを教えて何になる・・・』などと失言したとマスコミが伝えていたが、政治屋さんたちが、ポロリは発言することはほとんどがホンネであることから、よくぞ3期も知事の席に座り続けたもの。ミタゾノさんが選ばれたのは、あまりにも酷い相手の言動に助けられた部分が多いことも間違いなさそうだから、今後の舵取りは大変だろう。

そんなことは別にして、県民が、『原発のない社会を作る』としたミタゾノ氏を選んだことは素晴らしい選択。新知事は県民の期待を裏切ることなく、現在わが国で唯一稼働している川内原発がある鹿児島を『脱原発立県』のお手本にしてほしいと心から願う。

大新聞は鹿児島県知事選については一貫してスル-だったが、一部の地元紙や日刊ゲンダイなどの大衆紙は時にこの話題をネットで提供し、そこには、『熊本地震の影響を考慮し、川内原発を停止し、再調査、再検証を行うことを九州電力に強く申し入れる』というミタゾノ氏の主張を紹介していた。

この主張は誰の目にもまっとうなものとして映るだろうが、知事としてこのことを九電側に申し入れても『ハイわかりました・・・』と応じるはずはない。この攻防は目が離せない。

九電は『原子力規制委員会の安全審査をクリアして、前知事も同意したこ。何よりも国の政策だ』と抵抗するだろう。すでに、九電側は鳩首会談を繰り返し、お国を味方につけるために、幹部が蠢いているのではないだろうか。

原発再稼働は現政権が進めている政策。国は九電の後押しをすることは明らか。いつもの手で、地方交付金というアメを示しながら、即稼働中止を求めるならば、これはおあずけという手を用いるのではないだろうか。しかも水面下で・・・。

そうなると即停止は難しくなるが、慌てることはないはず。稼働中の原発を停止させる権力は知事にはないそうだが、止まった原発を稼働させる時には、立地県の首長の了解を得ることが慣習になっているというから面白くなりそうだ。

 川内1号機はことし10月、2号機は12月にそれぞれ定期検査に入って停止しなければならないといから、この時に照準を合わせればよいのだから・・・。

今、高浜原発が地裁の判決で長期停止に追い込まれているという。川内原発は、残念ながら鹿児島地裁がゴ-サインを出した結果再稼働中であるが、この判決には前知事の政治的姿勢の影響があったことは否めないだろう。

 新知事は『ドイツを参考に、鹿児島を自然エネルギー県に変身させ、雇用を生み出す』と語っている。これは簡単に実現できるとは思えないが、脱原発による雇用喪失の不安を抱える川内市など一緒考え、知恵を出し合い県民の納得できるビジョンを示せば、裁判所の判断も変わるものと信じたい。

何よりも、日本で唯一原発が稼働中の鹿児島県を、日本で初めて『脱原発へとスムーズに移行したモデル県』にする努力を全国民が注目している。

県民の期待を活力として、ブレない行動を続ければ、他の原発立地自治体の組長はじめ市民の考え方に影響を与えに違いない。

今後の鹿児島県の躍動が楽しみである。(田舎親父)

« 変だぞ共産党・・・ | トップページ | 公認候補以外の応援は除名?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/63917460

この記事へのトラックバック一覧です: 新知事に期待・・・:

« 変だぞ共産党・・・ | トップページ | 公認候補以外の応援は除名?・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ