« 台湾を見習いたい・・・ | トップページ | 安心安全は人のつながりだ・・・ »

2017年1月21日 (土)

雪の中での女子駅伝に思う・・・

 昨日も寒かったが、1月15日の朝の冷え込みは半端ではなかった。私は、庭の水やりに便利なように、エンビの管を使って、かなりいろいろな場所に蛇口を取り付けているのだが、その日の朝の冷え込みでエンビ管の中の水が凍りつき破裂という思いも寄らぬ事態になってしまった。

一応、元栓は締めて蛇口を開けておくという初歩的な凍結防止対策はしていたが、建物に構造に合わせてエンビ管を自己流で引っ張っているのだから、いくつもの場所に高低差ができている。このため、元栓を閉じると部分的に水が閉じ込められることになり、逃げ場の無くなった水が凍り各所のL字部分を破裂させ他というから情けない話。

すでに設置して数年過ぎているので、エンビ管その桃の老朽化も間が得られるが、同じようなことをしていた過去には一度もこのような破裂がなかったことから、この日の冷え込みはこれまでとは桁違いに強かったことは間違いない。

現在修復計画中であるが、この教訓を生かして、元栓を締めても、確実に水が逃げられるようにする工夫を考えているところ。大体の構想ができたので、明日あたりから工事にかかろうと思っている。

比較的温暖な横浜の片田舎でも、こんなことが起きるほど冷え込んだのだが、全国的には大雪警報がでるのも当然で、前夜から降り始めた雪が10cmも積もった京都では、この日、『全国都道府県対抗駅伝大会』が行われることになっていた。

もっとも行われていることを知ったのは、偶然お昼にテレビをつけた空であるが、スタ-ト地点の西京極競技場は雪が舞っていた。選手たちが走るトラック部糞は綺麗に除雪されているが競技場ですらこの雪、折返点の宝ヶ池付近では凄いのではと想像する。

アナウンサ-と解説者は、大会関係者は前夜から大変な心配だったらしいが、朝早くから関係者や大勢のボランティアが競技場はもちろん選手たちが走るコ-ス全てに渡って除雪をして準備万端整っていると話していた。

京都で育った私には見慣れた風景であるが、この雪では選手たちは苦労するのではと心配しながらも、どんなレ-スになるのかと虚実をもってテレビ観戦。凄い日に走らねばならなくなった選手たちには気の毒だが、さすが代表に選ばれた選手たちはそれぞれ力強い走りを見せている。

レース中は、時折強く雪が降り懸命に走る選手の頭に積もる。時には、視界が極端に悪くなり、後続のランナ-も確認できないほどの吹雪。我が神奈川県代表選手の健闘が目立ち、折り返しを一位で通過。これは上手くすれば・・・という期待が膨らむが、結局は後半ダウン、7位に終わった。ウ-ン残念。

優勝は京都。さすがに地の利を知っているのだろうが、アンカ-が追い上げられて、わずかの2秒差の優勝。追いこんだ岡山の選手に拍手を送る。

良かった良かったで終わったはずなのだが、翌日、トランプ氏の常套手段になっているTwitterには、悪条件の中を駆け抜けた選手を称賛する声があがる一方、同日開催予定だったが中止された『京都競馬』を引き合いに大会主催者を批判する声も多く見られたという記事に、なんでも文句を言う人が増えたものとちょっと驚く。

『大雪で競馬ですら中止なのに開催強行の女子駅伝・・・もはや虐待では?』という論調を見出しにするマスコミもあったことにもビックリ。

特に中学生を参加させたことに批判が集まっていたようだが、中学生区間が『都道府県別駅伝大会』の特色で、広島で行われる男子も中学生が参加しているはず。選考基準は窺い知れないが、代表に選ばれた中学生ランナ-には、『虐待』という意識は全くなく、むしろ、この悪天候の中で記録を作りたいという思いが大きかったと想像している。

 大会事務局(関係者)は『中止』などという選択肢は絶対になかったはず。それより、『どうすれば事故なく開催できるのか』を議論したのではと推測している。

そのために、早朝から全コ-スの除雪に力を入れたのにちがいない。京都のこのコ-スは全国高校駅伝も行われるので、京都人にとっては楽しみの一つになっていることから、大勢の人がボランティアで除雪に協力したことも想像に難くない。

 マラソンや駅伝は公道を規制して行うのだから延期という言葉はない。箱根駅伝は物凄い悪天候であっても中止という話も聞いたことはない。今回、このレ-スを中止していたらそれで今年の大会はなし。一番ガッカリするのは、この日に合わせて体調を整えてきた選手たちではないだろうか。

 『京都競馬』は中止したとあるが、こちらは基本的には『博打』であり、足場の悪さが

即、馬の順位につながり『賞金の差』になるのだから、主催者は『博打症候群』の人たちの怨嗟の声をいつまでも聞くことになる。ならば、今日のところは中止とし、後日改めて行うとなるのは当然だろう・・・。

 『馬が中止なのに人間は・・・』という批判の論理は、本質的に違うと思うのは私だけではないだろう・・・。(田舎親父)

« 台湾を見習いたい・・・ | トップページ | 安心安全は人のつながりだ・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/64789672

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の中での女子駅伝に思う・・・:

« 台湾を見習いたい・・・ | トップページ | 安心安全は人のつながりだ・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ