« いよいよトランプ政権の始まり・・・ | トップページ | 神を冒涜する人体実験?・・・ »

2017年1月12日 (木)

素直に謝ることから・・・

『韓国併合(日韓併合)』という言葉は小学生の社会科の教科書にも既述されていたと記憶している。私の乏しい知識でも、この言葉が持つ意味は、日本が武力で韓国を制圧し、完全に植民地にしたことだと理解している。

1910年(明治43)のことであり、以後、『朝鮮総督府』という役所をおいて1945年(昭和20)の日本の敗戦まで支配し、日本語を『国語』として使うことを強要したことに加えて、韓国の人たちを徴用し、日本人が嫌がる労働に従事させたことは歴史が照明している。

韓国の女性を『従軍慰安婦』として、外地の戦場に送り込んだことに対して韓国の国民の怒りは激しく、その象徴として『慰安婦像』を日本大使館前に設置し、日本に対して謝罪を求めていることは知識として知っている。

日本政府は、この像のことを『少女像』と表現することをマスコミに強要しているのだろうが、日本国内ではこの言葉がこく普通に使われているのも変な話。正式な謝罪をしない日本政府に対して、韓国の人たちはこの像を世界に広げる運動を繰り広げ、アメリカにも何体か設置されていると聞いている。

そのことはさておき、歴代の日本政府は旧日本軍が韓国女性を、戦場に送り出し『性奴隷』としたことを絶対に認めたくないことから、韓国の民衆の不信感が高まり日韓の複雑な外交問題の根本的な原因になっていることは間違いない。

現政権は、何としても大使館前におかれた慰安婦像を撤去させたいために、アメリカの後押しで10億円を出資して、元慰安婦の女性のために用いる資金にするという約束を韓国と取り交わしたのが一昨年の年末。

ところが、韓国政府は民衆の抵抗が激しいので撤去することができず、さらに朴政権は違う問題で完全に死に体になっていることから、(何故、椅子に座った姿なのかわからないが)韓国の民衆が新たな像を釜山の日本総領事館前の道路に設置したことから、騒ぎが大きくなったようだ。

当初は、釜山の行政は撤去する姿勢を構えていたが、民衆の怒りにあってあっさり設置を認め、韓国政府も指導力を失っていることから、一昨年暮れの、慰安婦問題に関する不可逆合意?が崩れる可能性がでてきたことで、現政権は怒り狂い外交的圧力をかける展開になっている。

 当時を思い出してみると、難行していた交渉が、たった10億円(政治感覚ではゴミのような金額)で合意したのも良く分からない話。しかし、アメリカが介在していることは明白な事実となると絶対に知られてはならないような裏取引で、朴大統領も仕方なくうなずいたという筋書きではないだろうか。

 間もなく朴大統領は失脚すると言われている。となると、この問題で朴大統領が日本と取り決めた背景が白日にさらされたら、韓国民の怒りはますます大きくなり、韓国世論がこの約束事を白紙に戻そうとするのは当然の成り行きだろう。

日本人の私でからみても何故こんな金額で韓国政府が納得したのかわからないのだから、長い屈辱的な植民地としての虐げられた歴史を持つ韓国の民衆が理解できるはずはない。

今回、韓国に対するアホベ政権の圧力は半端ではなさそうだが、韓国政府がいくら困ったとしても、民衆の怒りが沸点に近づいているので、ソウルに加えて釜山に設置された2体の『慰安婦像』を取り除ける可能性は限りなくゼロ・・・。

こんなことを思っていると、韓国の弁護士団体『民主社会のための弁護士会』の代表弁護士が韓国外交部を相手取り、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる2015年末の韓日合意の交渉に関する文書の一部を公開するよう求めた訴訟で、ソウル行政裁判所が文書を公開するよう言い渡したという記事がネットに流れた。

判決が確定すると、外交部は日本との交渉で、慰安婦を日本軍と官憲が強制連行を認めるかどうかを協議した文書を公開しなければならないというから、これは面白くなりそうだ。

現在の朴政権にいくら圧力をかけても、死に体に陥っているとなると国民の怒りを静められないのだから意味がない。特に、韓国の若者たちの怒りが凄まじいというから、たとえ大統領が後退したとしても収まる問題ではなさそうだ。

 今回のアホベ政権の圧力は、どう考えてもピントはずれ。裁判で、ことの真相が少しでも明らかになったら、世界からアホカと言われるのは避けられないのでは・・・。 

 全くの政治音痴な私なので、外交問題など語るなどおこがましいが、今回の圧力で、日韓関係は冷えきるのは間違いないだろう。

圧力をかけても撤去できないことは明らかとなると、振りかざした拳を降ろすために、10億円は元慰安婦の人たちへの補償である明言し、もう一度話し合う場を作ることしか方法がなさそうだ。

国として、間違いを認めることは勇気がいることかも知れない。しかし、認めなければこの像は、ずっと日本大使館と総領事館の前で、日本に対して無言の圧力をかける像として、『世界遺産』になることもあり得ない話ではない。

 さて、どのような展開になるのだろう。何もできない私としては、無責任ながらしばらくは高見の見物を決めて見守るしかなさそうだ・・・。(田舎親父)

« いよいよトランプ政権の始まり・・・ | トップページ | 神を冒涜する人体実験?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/64752845

この記事へのトラックバック一覧です: 素直に謝ることから・・・:

« いよいよトランプ政権の始まり・・・ | トップページ | 神を冒涜する人体実験?・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ