« 美談仕立てで医師の確保?・・・ | トップページ | オリンピッック症候群を利用・・・ »

2017年1月16日 (月)

トランプ対メディアの戦い・・・

 先週、次期大統領のトランプ氏が、当選後始めての開いた記者会見の様子をテレビ各局がニュ-ス番組で放映していた。

当然生中継ではなく、番組の時間を限っての放映なので、全体像は窺い知れないが、前半のトランプ氏自身の演説はいつも通り『アメリカ第一』の繰り返し。しかし後半の記者の質問を受ける段になると、会場の雰囲気は全く違ってきたことがテレビの画面を通して伝わってくる。

 最前列にいた記者(後で大手メディアCNNのホワイトハウス担当のジム・アコスタ氏だと知る)が挙手して発言を求めると,『あなたじゃない』と遮って他のメディアの記者を当てようとしていた。

もちろん、英語は理解できない私には字幕の日本語がたよりだが、雰囲気的には『あなた』というより『お前』という日本語訳の方が相応しい感じ。さらに、アコスア記者が立ち上がって発言の機会を求めると、『静かにしなさい・・・』と発言を遮る。トランプ氏の口元を見ると、どうやら『黙れ(シャラップ)』と怒鳴っていたような感じを受けることから、かなり興奮していたことがうかがえる。

私はその映像を見て、アメリカ人はよりにもよって、一番大統領に相応しくない人物を選んだものだと感じる。トランプ氏がこの会見で、大統領選でのロシアのサイバ-関与を認めたというから、共和党の候補者選出時点から、背景にロシアのアメリカの世論操作があったことをうかがわせる。

アメリカが今回の大統領選挙を無効としない限り、後数日でトランプ大統領が宣誓をして誕生。絶大な権力が付与されるとなると、将来を憂いるアメリカ国民はいっそうの敗北感を味わうのではないだろうかと気の毒になる。もっとも、その気の毒さ加減は、現在の日本国民には及ばないだろうが・・・。

 それはさておき、何故トランプ氏がCNNの記者の発言を、強引にしかも常識破りのような強権で封じたのかが不思議に思い。それに関する情報をネットで集める。

 すると、アメリカ国内でトランプ次期大統領がロシアの情報機関に弱みを握られたという情報が流れて大騒ぎになっており、その情報源がCNNだということで、トランプ氏が記者会見であれ程までにアコスタ氏に発言をさせなかったというサイトにヒットする。

 そのサイトには、トランプ氏は数年前にロシアのホテルで、その筋の女性を集めて乱痴気騒ぎを起こしたという文面があり、しかも、その一部始終が何者かによってビデオで撮られていることから、トランプ氏はその火消しに躍起になっているとある。

 さらに、今回のロシアの大統領選挙に対するサイバ-攻撃の情報をつかんだのが、アメリカの中央情報局(CAI)や連邦捜査局(FBI)であり、これがきっかけにトランプ氏の醜聞が明らかになったことも掲載している。CNNが何らかのル-トで、この秘密文書を入手したのだそうだから、スパイ映画を見ているような展開である。

CNNはその真偽を見定めるために検証していたところだったが、アメリカの大衆ニュースサイト『バズフィード社』にその一部が流れ、そのまま公開したから大変な騒ぎに発展しているのだという。

俄には信じられない話だが、トランプ氏が大統領選挙でのロシアの関与とその背後にはプ-チン大統領が存在することも認めたとなると、あながち荒唐無稽な話で済まされる問題では無さそうだ。

さらに、これらの情報は、イギリスの対外情報部(MI6)からでたもので、西側同盟国の分断を狙うロシアは、少なくとも5年以上にわたってトランプ氏を支援していたことに加えて、その過程で、トランプ氏の個人的な『強迫観念』と『性的倒錯』に関する情報を掴んだというから、これが事実だったことが明らかになったら致命的。下手すると任期途中で大統領を辞任するということにもなりかねない。

 これらの情報が一部であっても真実だとしたら、トランプ氏はプーチン大統領が周到に仕立てた操り人形となる可能性は大きい。先日の来日で、アホベを手玉とった行動からもプ-チンという人物の凄さに戦慄する。

 アメリカのメディアは、一社が凄い情報を得て政権を揺さぶったとしても、時の権力にすり寄って事実を消し去ったり無視する日本のマスコミとは違うのだそうだから、アコスタ氏にとったトランプ氏の行動は、今後ブ-メランのように自分を襲うのではないだろうか。

実際に、CNNのライバル局であり保守的なFOXニュースのキャスターが、番組内でCNNを擁護し、権力者のジャーナリストに対する攻撃を許さないという姿勢を明らかにしたそうだから、トランプ対メディアの戦いは楽しみになってくる。

日本のマスコミ各紙各局は、FOXニュ-スのキャスタ-の爪のあかでも煎じて飲んでほしいもの・・・。(田舎親父)

« 美談仕立てで医師の確保?・・・ | トップページ | オリンピッック症候群を利用・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/64769621

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ対メディアの戦い・・・:

« 美談仕立てで医師の確保?・・・ | トップページ | オリンピッック症候群を利用・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ