« 所沢市の決断には大拍手だが・・・ | トップページ | ほんの少し明かりが・・・ »

2017年2月24日 (金)

花粉症 私の特効薬・・・

 『春一番』と聞くと、春の訪れが近いと何となく気持ちがふんわかする。しかし実際は強い南風で気温が上がることは間違いないが、同時にスギの花粉が強風にあおられて、辺り一面にまき散らされるのだから、花粉に敏感な人にとっては厄介な季節がやってきたという感じではないだろうか。

昨日は、すでに『春三番』と、今年は立春以後3回目の強風が吹く。ところて、16日だったと記憶しているが、今年の『春一番』がふいた日、丁度、車の1年点検のために、いつものようにトヨタカロ-ラに車を運び説明を受けたのだが、長年付き合っている担当者の顔には大きなマスク。

ついつい、『インフルエンザなの?』と声をかけると、『花粉状ですよ。昨日までなんともなかったのに、今朝起きたら、鼻水が止まらずお客様には申し訳ないのですが、マスクが外せないのです』と恐縮していた。

私も、かっては花粉症に悩まされたものなので『そうかそんな季節を迎えたのか』と彼の気持ちは良くわかる。特に客相手の仕事の人は困るだろうなと同情することしきり。

横浜の片田舎は自然がいっぱいの素敵な地域であるが、鎌倉街道という古道の両脇には、杉の古木が並んでいるので、『春一番』という季節になると、あたり一面がかすむほどの花粉で飛び出すのだから、花粉症にならない方が奇怪しいぐらい・・・。

当時の私は、今も市販されているのかもしれないが『コルゲンコ-ワ』という錠剤の常習者。これがないと涙が止まらずクシャミで周りの人にも迷惑をかけるのだから、毎朝、食後にこの薬を飲んでから出勤したもの。

12時間ほど効果があると書いてあったが、午後になると花がむずむずするので、もう一錠飲んで誤魔化したものだが、それでも、ティシュが手放せず学級の子どもたちからからかわれた記憶が蘇る。管理職になって良かったのは、そのからかい開放されたことぐらいかな今は笑えるが・・・。

花粉症が軽くなったと自覚しはじめたのは、繭に興味を持ちはじめ自室で蚕を飼育して繭を得て、それを加工するようになってからである。

『女工哀史』の里を訪れ、その末裔の方から、『おばあちゃんは、顔などしわが一杯だったが、手先だけは綺麗だった・・・』などという話を聞いて、これは繭の効能だと確信し、自分でも繭を煮て、その煮汁にハッカ油を一滴垂らした液体を『シルクロ-ション』と称して、化粧水として使うようしてから花粉症はますます軽くなったと感じたものである。いまでもその習慣は続けている。

さらに、蚕が桑の葉だけしか食べずに、こんな素敵な物をプレゼントしてくれることから、『桑の葉』に注目し、横浜の片田舎ではどこでも自生(養蚕の名残)している桑の葉を採集して天日で乾かし、石臼でパウダ-状にしたものを毎朝ヨ-グルトに混ぜて食べ、寒天で固めゼリ-状にしたものを朝食にするようになってから劇的に改善。以来、花粉症とはほぼ無縁の状態が続いている。

『桑の葉パウダ-』は血糖値を下げる働きがあるので、糖尿予備軍と医者から宣告されている私には、まさにぴったり。おかげで、血糖値はやや高めの110~120、A1cは6.1~6.3の境界線をさまよっている。おかげで、予備軍ながら薬の服用は必要ないのも嬉しい話である。

薬は使う人の体質によると思うが、私の場合、花粉恣には『シルクロ-ション』が特効薬だったことは間違いない。必ず効くとは言えないが、花粉症に悩む人は、長い目でみるつもりで、繭を煮てこれを作られてはいかがだろう。

私のレシピであるが、塩素分を含まない市販の水1リットルに繭を10ケほど入れて沸騰したらとろ火で2時間ほど煮て、素早くぐにゃぐにゃになった繭を取り出し、冷ましてからハッカ油を一滴垂らすだけ。冷蔵庫で保管して小出しにして使っている。

この液にはカ除けの効果があるらしく、私の場合、7月までは蚊除けのスプレ-や蚊とり線香のお世話にならずに外仕事ができるのも嬉しい話である。ただ、不思議なことにそれ以後は効果がないのが欠点であるが・・・。(田舎親父)

« 所沢市の決断には大拍手だが・・・ | トップページ | ほんの少し明かりが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/64932890

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症 私の特効薬・・・:

« 所沢市の決断には大拍手だが・・・ | トップページ | ほんの少し明かりが・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ