« 子どもを預けるのも命懸け?・・・ | トップページ | 地裁 やるジャン・・・ »

2017年3月18日 (土)

デンデン思想の押しつけ・・・

 アッキ-ド疑獄が面白い展開になってきた。

カゴイケという御仁は、日本会議に所属しているある大物政治家から、『我々が主張している美しい日本を作るためには、教育を根本的に変えなければダメだ。どうだい、首相も応援すると言っているから小学校を作らないか・・・』と持ちかけられたとしよう。

自分も教育勅語に心酔していたとなると、『身に余る光栄』とばかり、大急ぎで動き出す。ねらっていた土地は豊中市の国有地。国と大阪府も、大将同士が同じ発想なので、トントン拍子にそこが小学校建設の候補地となり、デンデン女房を名誉校長に奉り、『安倍晋三記念小学校』という名で寄付金を集めた。

全て順調。デンデン首相と財務省が後ろ楯になっているのが心配は無用。しかし、もうすぐ開校というところで、豊中市の一人の気骨ある市会議員が、何か変だぞと思い調べはじめたところ、出るわ出るわ疑惑のオンパレ-ド。たちまちのうちにネットで広がり事態は急変。アッキ-ド疑獄事件の始まりである。

国民の目を何とか誤魔化したいデンデン内閣は、証人喚問などトンデモナイと拒否してきたが、このままではますます大騒ぎになると思ったらしく、参院の予算委員長がデンデンの茶坊主であることから、参院の予算委員会のメンバ-が現地視察に出かけることになったらしい。ここまでは筋書き通りだったらしいが、そこにカゴイケ爆弾が炸裂。

『首相から100万円寄付された』と暴露したものだから、自民党と公明党は大混乱。てんやわんやの大騒ぎになったらしく、大将にお伺いをたてて『これ以上拒否できません』ということで、23日にカゴイケ氏を国会に呼び出して、証人喚問を行うことにしたらしい。

なぜ23日にというと、デンデン夫妻は揃って例によって外遊とか。直接対決を避けたというところか・・・。ますます臭くなるが、共産党の委員長も、その日アメリカへ出かけて留守だというのもひっかかる。

当日、さすガのNHKでも証人喚問のニュ-スはスル-できないだろうから、『100万円の寄付をいただいた』などの映像が流れたら、たとえ外遊中であっても、『私や妻が関係していたとしたら、首相はもちろん議員も辞職する』と言い切っていたことから、それだけでも首相退陣に追い込まれることは想像に難くない。

カゴイケ氏に好き勝手に発言させては大変なことになると、自民党(公明党も維新も同じだろうが)として、そんな事態だけは避けたいだろうから、23日までに、カゴイケ氏の説得(懐柔)に全力を尽くすことは間違いない。 

 信じられないようなカネを積むか、それとも裏方が、必死になって影で首相の、『俺が悪かった。悪いようにしないから、ここは我慢してくれ』という、署名入りの約束書との交換で口封じという筋書きでも用意するのだろうか・・・。しかし、これも、どこからか漏れることもあるとなると、そこまで露骨な口封じは無理ではないだろうか。

 カゴイケ氏次第だが、妥協点が見つからなかったとしたら、後は、改めて証人喚問を拒否するか、本人が物理的に国会にこられないようにするしかない。今更、自民党側の都合で中止とはいえないだろうから(想像したくないが)カゴイケ氏が物理的に出席できなくなる?。いくらなんでもこれは推理小説の読みすぎだろう.・・・な。

 話は少し飛ぶが、自民党が強引に今国会で提出を目指している『家庭教育支援法案』の全容が明らかになったというニュ-スに、アッキ-ド事件の本質が、日本会議が一貫して主張し、デンデン政権が押し進める『美しい国つくり』という教育施策にあることを改めて感じている。

この法案の目指しているのは、国が家庭教育支援(押しつけ)の基本方針を定め、地域住民に国や自治体の施策への協力を求める(命令して実施させる)ことであることは、今更述べるまでもない。教育は『子ども自身のため』ではなく、限りなく『国家のため』のものするために『愛国心』を植え付けるというのがねらいだろ。

アベノミクスというわけのわからない言葉で、富めるものはさらに富み、貧しき人たちをさらに貧しくする政策を続け、格差は信じられないほど広がっている。しかも富が一部に集中し、圧倒的多数の国民は貧困にあえぐ。

その日暮らしを強いて、思想的にはバラバラにした後、『愛国教育』を注入すれば、日本会議とデンデン内閣が考えている『美しい日本』の実現の運びになるという目論見だろう・・・。教育勅語を柱とした、森友(アベ友)アベ友学園『デンデン小学校』の誕生というシナリオか・・・。

 デンデン小学校が大阪豊中にねらいを定めたことも筋書き通り。大阪府がいち早く、教育特区の指定を受けて学校教育の民営化に乗り出し、私立小学校の設置基準を緩和したためのはつい数年前。そこからデンデン小学校の実現への道は、まさに国家をあげて政策となりそのスピ-ドは信じられないほど速かった。

 アッキ-ド疑獄を追求し、デンデン夫妻には政治の場から速やかに消ただき、加えて自民党に『家庭教育支援法案』を諦めさせないと、『国家戦略特区』を利用して市有地の無償譲渡を受けた今治市のもう一つのデンデン学校である、『加計・アッキ-ド加計学園』はもとより、私が知らないところで進んでいる違いない、『第3、第4のデンデン学校』が全国に拡大することは間違いないようだ・・・。(田舎親父)

« 子どもを預けるのも命懸け?・・・ | トップページ | 地裁 やるジャン・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65029818

この記事へのトラックバック一覧です: デンデン思想の押しつけ・・・:

« 子どもを預けるのも命懸け?・・・ | トップページ | 地裁 やるジャン・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ