« これは危険な臭いがするぞ・・・ | トップページ | 疑惑隠しの撤退だろう・・・ »

2017年3月11日 (土)

絶対忘れないために・・・

 6年前の3月11日、金曜日の午後2時46分、突き上げられるような揺れを感じて思わず外に飛び出したが、こんなことは生まれて始めての経験だった。

 自宅前、3つの老人施設の入り口と駐車場スペ-スのために、かなり広い空間が広がっているので、たとえ近所の住宅が倒壊してもその下敷きになることはない安全地帯。そこからみた風景は、電線がいまにも引きちぎられるのではないかと思うほど撓み、地面が波打つ恐怖の世界。

とっさの判断でラジオを持ち出したらしく、そこからは、アナウンサ-の緊迫した様子が伝わる声で、『ただ今、東北地方で大きな揺れを感じました』というフレ-ズが繰り返し流れていたことも鮮明な記憶として残っている。

横浜の片田舎でもこの揺れだとしたら、震源地の付近は一体どうなっているのと心配になるがその時は、あれほどの津波が襲うなどということは想像すらできなかった。まして、福島原発が津波で建物か崩壊し電源を失うことなど誰も考えられなかったに違いない。

私のラジオの周りには、同じように自宅から飛び出した年寄りたちが集まり、アナウンサ-の声に我が身をおいて、真剣に現地を心配したものである。

やがて、揺れがおさまり自宅に戻ったのだが、震度5の揺れにも幸いなことに被害はゼロ。オンボロ我が家に、良くやった・・・と褒美の言葉を送ったものだが、それから延々と続く大津波で町全体が飲み込まれるテレビが映し出す映像に、目を背けたくなるものの目が離せないという奇妙な真理になり、ずっとテレビの前から離れられなかった。

まるで映画や小説の世界がそこにあった。津波の恐ろしさは、学生時代に気象を専門教科として選択したので文献や映像から学んだものだが、あれほどのものとは全く考えられず、被害にあわれた方には申し訳ないが、気持ちが悪くなって戻しそうになったもの。

その翌日、さらに深刻な悲劇が起きた。福島第一原発が制御不能になり、建屋が次々と爆発する光景に、もう日本はお終いだと絶望感を味わう。一部の科学者を除いては、ほとんど全ての国民は『原発は絶対安全だ』だと思っていたに違いないのに・・・。

私も原発には一抹の不安を持ちながら、否定するまでの心境になっていなかった。恐らく、深く考えないようにしていたことから、福島第一原発のある地図上の位置すら、半きりと知らなかったことを事故後に反省したものである。

当時、東電は莫大な宣伝費をかけて、民放テレビ割拠のスポンサ-になって(極端に表現したら)のべつ間もなく、『安全で安心なクリ-ンエネルギ―』を強調する、人気女性タレントのコマ-シャルが流れていたことも今も悪夢として思い出す。

タレントとしたらそれが仕事なのだから仕方ないとは思うが、原発事故後、しばらく姿を消したものの、人気は衰えなかったらしく、すぐに復帰してオリンピックの招致コマ-シャルに出ずっぱりになっていたことも私の民放嫌いの一因にもなっている。

当時の民主党のアホカン内閣のでたらめぶりも腹立たしい記憶として生々しく頭に残っている。風向きを読み違えて、風下の方に誘導したことにも、何の反省も謝罪もなく『安全です人体に影響はありません』と、しゃべり突つけていたエダノという官房長官の姿はオウム時点のジョウユウという広報担当者とダブったものである。

原発事故は、私たちが原子力に対して知らないことを多く教えてくれた。一番大きな問題は、発電のために用いた核燃料の燃えかす(核のゴミ)の捨て場がないこと。これまで、それらのゴミは、原発の構内で保存していたことを知って、愕然としたものである。

このゴミを少なくするためにプルサ-マル計画といういわば永久機関とも言えるような夢の原子炉『もんじゅ』にひた走り、建設はしたものの、稼働不可能という結論となり1兆円以上の巨額の税金が消えてしまった。それでも、現政権はこの永久機関を追い求めているのも変な話だが、裏に膨大な利権が隠れていることを知ると、所詮、カネのためには人の命なんか・・・という姿が浮かび上がる。

事故現発の核燃料はメルトスル-して、原子炉の格納容器の底を突き破って地中深くにたまっているらしいが、近づいたら即死するほど高い放射線値に阻まれて、撮影のためのロボットすら進入できず、いまだにその存在すら把握できないのだから、取り出すなど不可能では・・・。

デンデン男は原発事故は収束したと世界に宣言して失笑をかっているが、国内では除染が進んだから安全だと御用学者に語らせて、住めるようにしてやったから帰還せよと迫っているのも酷い話。しかも、間もなく自主避難している人たちへの援助を打ち切るというのも一種の兵糧攻めで、生活が苦しくなれば帰還するだろうという悪魔の発想。

事故とは直接関連しないが、戦前の教育勅語に象徴される国民のあり方が、理想の国の姿とうそぶき、汚らしい手法で何十億もの税金を手先に与えて学校を作らせる。利権とカネに魂を売り渡しているものにとっては『恥ずかしい』という言葉も失っているようだ。

こんなことは、すでにつぶやいたことばかりであるが、3月11日の大津波と、それに続く原発事故は絶対に忘れないぞという強い気持ちの証として、思いつくままに駄文を綴っている・・・。(田舎親父)

« これは危険な臭いがするぞ・・・ | トップページ | 疑惑隠しの撤退だろう・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/64998710

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対忘れないために・・・:

« これは危険な臭いがするぞ・・・ | トップページ | 疑惑隠しの撤退だろう・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ