« 人の血が流れているの?・・・ | トップページ | デンデン思想の押しつけ・・・ »

2017年3月17日 (金)

子どもを預けるのも命懸け?・・・

 連日、国会をバカにしたような発言を繰り返しているイナダというオバハン防衛相と、辞任(更迭)を求める世論に対して、シラッと下顔で『この程度の発言では辞任する必要はない』とうそぶく官房長官。

 追求を避けるために、真っ黒ケッケのデンデン女房を『私人』と『閣議決定』するバカバカしさに気分がふさいでいるので、違うことをつぶやきたいものだとネットで話題を探していると、『預かり保育で娘死亡 親の願い』という見出しを見つけた。

まさか、最近話題になっている、親の我が子への虐待で、死亡したことは親の希望?・・・。そんなバカなことはあるまいと思いながら本文を開く。

本文の見出しは、――『あんなに元気だったのに・・・・』 預かり保育で乳児死亡 両親が伝えた『教訓』――というゴチック活字。これならば大体の内容は推察できる。私の早とちりと一安心ながら、人を驚かせる見出しである。

全国の多くの自治体は、『ファミリー・サポート・センター(ファミサポ)』という事業を進めているのだそうだが、相変わらず世間知らずの私には始めて聞く。なんともコンビニ的なお手軽な名称に、最近の軽薄さを嘆く。『子どもを預けたい人と預かりたい人をつなぐ事業』なのだそうだがこれも保育園不足のなせることなのだろう。

何かをする時に、子どもを預かってくれる場があれば良いと思うのは当然だろう。預けたいが、友人知人がいないという悩みを持っている人も少なくないだろうことは容易に想像できる。

そんな声に現政権が飛びつき、自治体と共同で始まった事業らしいが、大阪府の八尾市の『ファミサポ』で、生後5ケ月の女の子が、わずか1時間の預かりの間に脳死状態に陥り3年後に亡くなった事故(事件)があったのだそうだ。

『また大阪か・・・』というつぶやきが思わずでてしまう。多分、この事故のことはマスコミが報じたと思うのだか、私の記憶にはない。この事業を利用して娘を亡くした両親が、先日厚労省を訪れ、『事故の教訓を生かしてほしい』と国に要望したという記事である。

事故の内容であるが、この女児の母親は、痛みの治療に病院に行くために、1時間ほどファミサポの紹介で女性宅に女児を預け、戻ってみると、心配停止の状態だったという。状況がよく見えないが、その間はたった1時間。常識的にはとても考えられない。

『フアミサポ』のことは、母子手帳をもらうときに受け取ったチラシや、市役所に置いてあったパンフレットなどで知り、これを利用すれば安心と考えたというから、ここまでは国や自治体のねらい通りである。

ところが、最近は、『ビジネス』という言葉が大流行。チョットのアイデアがお金になるとさまざまなビジネスが横行しているようだから、この『ファミサボ』も、ビジネスチャンスとばかり玉石入り交じった人間が集まることは想像できそうだ。

この制度についての知識はほとんどないが、一応乳幼児を預かるのだから、保育士の資格のない人が応募できるはずはないと信じたい。

しかし、保育園不足を利用?して、保育士を一人雇って『保育園』もどきを開業しているという話も聞こえてくるように、ファミサポ業界にも、そのたぐいが存在しているのではないだろうか。

詳しいことは省くが、女児の意識は戻らず、脳死状態で3年後に亡くなったとのこと。預かった女性は、ずっと責任を認めず謝罪なかったが、しばらくすると代理の保険会社が窓口となり、直接のその女性と連絡がとれなくなったというから、八尾市の対応はまるで交通事故?扱い。なんともいやな感じを受ける。

両親は、預け先の女性と八尾市、市社会福祉協議会を相手に、約7900万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したが、裁判での尋問の段階でも、預かり先の女性は多くの質問に『覚えていません』『わかりません』と答えというから、事実だとしたら、まるで昨今の国会問答そのもの・・・。

結果として、地裁は昨年12月に、『うつぶせ寝が原因で死亡した可能性が高い』という考えを示し和解を勧めた結果、今年の3月になって(形式的にだろうが)女児を預かった女性が謝罪して、4000万円の和解金を支払うことで和解が成立したのだそうだ。

和解金は預かった女ではなく保険会社から支払われるというから、八尾市としてはこんな事故も想定して保険会社に担保しておいたようだ。

大事な子どもの命が4000万円。保険もしかたないのかもしれないが、子どもを預けるのも命がけというと語弊がありそうだが、なんともいやな時代になったものと後味の悪さを覚える記事である。(田舎親父)

« 人の血が流れているの?・・・ | トップページ | デンデン思想の押しつけ・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65025438

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを預けるのも命懸け?・・・:

« 人の血が流れているの?・・・ | トップページ | デンデン思想の押しつけ・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ