« 子ども保険?・・・ | トップページ | 保育園で君神?・・・ »

2017年4月 1日 (土)

四月バカに願うつぶやき・・・

 はや今年の四分の一が過ぎてしまったことになる。歳をとると時の過ぎ方が一段と速くなるとは聞いていたが、最近はこれ程まで速いのか・・・と自分ながら呆れる。それほど毎日があっという間に過ぎ去っていく。

 寝て過ごしているわけではない。6時過ぎには床から抜け出し、朝食後、外が温まる10時ごろまでは、世の中の動きを新聞やネットで勉強して、ボケ防止のために『これで良いのだろうか』とつぶやきの文章を書き発信。

その後は、このところ関わるようになった横浜の緑を増やす運動のために、自分なりのできることを模索している。特に最近は、種から発芽させて苗を作ることに興味を持ち、かなりの技術を習得できてきたことを自覚している。

昼食後は,季節を探すために野山を散策。先月末から開かれている横浜花博の里山ゾ-ンにはできるだけ出かけるように努め、植物の手入れの仕方と草花の名前を覚えたり、その栽培法法などを学んでいる。

帰宅後は、プランタ-農園で育てた野菜を収穫し、夕食の献立に加えてもらうように準備。晩酌を伴った夕食を終えて風呂に入って一日の反省後しばらくは、社会の現実をえぐった題材の小説を読み、11時ごろをメドに就寝する生活を繰り返している。

かなり規則正しい日程の毎日であるが、時には都会に出たり、遠出をすることもあるので、後期高齢者の仲間入り目前の貧乏老人としては、人生の残りの時間を、ある程度有効に過ごしていると思っているが・・・。

ところで最近は、今日『4月1日』は、『エ-プリ-ルフ-ル』と呼ばれる日だが、この言葉も新聞のコラム以外ではなかなか見かけられなくなってしまっている。昔は、『四月馬鹿』ともよばれて、たわいないウソをついて人をからかって良い日だと教えられていた。

こんな書き出しをしたのは、先月末の28日には悲しいニュ-スが続き、心が寒くなったものだが、今日改めて思い出し、それらが全て時間がずれて、今日『4月1日』のことであり、『エ-プリ-ルフ-ル(四月馬鹿)』であってほしいと願うからである。

 その一つ。

核兵器禁止条約の制定に向け、国連本部で開幕した最初の交渉会議で、日本の政府代表は不参加を表明したというニュ-スである。

 もはや日本政府が『被爆国として、核兵器廃絶に向けて世界をリードする』と説明しても何の説得力はなくなったと、ヒロシマとナガサキの被爆者たちは涙を流して抗議しているという。被爆者ばかりではない、何の力もない貧乏老人までもが、こんなつぶやきで抗議の声を上げている。

世界の100以上の国が集まって核兵器の使用を禁止するル-ル作りをつくろうとの会議の席に、わが国は着こうともせず『、親分から反対しろとの命令なので、オレは出ないよ・・・』とは全く理解できない。

親分が反対する理由ははっきりしている。アメリカさまが核兵器廃絶に真っ向から反対しているからである。しかし、さすがのトランプでも『反対しろ』という命令は出していないだろうに、要は、アメリカさまに良く思われたいために気を使ったと言うところだとしか考えられない。

反対する理由として、デンデン一家の外務大臣は、『核保有国と非核保有国の対立を深め、逆効果になりかねない』述べたそうだが、これを理解できる日本人は、デンデン親分とその取り巻き連に加えて、いまだに日本が神の国だと信じているような超右翼的な思想を持つ輩たちだけではないだろうか。

その二つ。

1年前に、稼働中の高浜原発を、『耐震設計の目安となる最大の揺れの策定方法に問題があり、起こり得る地震の大きさの評価が過小、津波対策や避難計画についても疑問が残る。従って、住民の人格権が侵害される恐れが強い』と、3・11後の新たな『原発新規制基準』の在り方に疑問を呈し、停止を命じた判決を出した大津地裁に大拍手をしたことを思い出す。

『国民の命を守る司法からの重いメッセージ』だったこの判決が、国と東電が控訴していた大阪高裁では、真逆の『規制により、炉心の損傷等を防止する確実性は高度なものとなっている』となり、新規制基準を評価し,再稼働を『是』と覆されてしまった。

高裁は、『これら(既存の計算式など)の手法に基づいて策定した基準地震動が過小であるとはいえない』『避難計画等の具体的内容は適切なもの』として、『新規制基準が福島第一原子力発電事故の原因究明や教訓を踏まえていない不合理なものとはいえない』と断じて、大津地裁の判決を全面的に否定。事故など絶対におきないと言う、まさに3.11日以前の国と電力会社の言い分の受け売りそのもの。これは、司法の独立などないに等しく酷過ぎるとしか言いようがない。

司法は上級審にいけば行くほど現政権の方針通りの結論を出すことから、もはや日本には『三権分立』と言う言葉すら存在していないのではという思いにさせられる。

来年のこの日には、これらの不合理がウソだったと笑えることを期待したいのだが、世の中の動きを見ていると、やはり絶望感の方が強いようだ・・・。

前日に起きた、那須高原のスキ-場での高校生7名と教員一人が亡くなるという悲惨な事故も、4月馬鹿でウソだと思いたいが、このことは改めて・・・。(田舎親父)

« 子ども保険?・・・ | トップページ | 保育園で君神?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65092674

この記事へのトラックバック一覧です: 四月バカに願うつぶやき・・・:

« 子ども保険?・・・ | トップページ | 保育園で君神?・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ