« 疑心暗鬼が蔓延?・・・ | トップページ | 居留守が大はやり?・・・ »

2017年4月18日 (火)

いよいよ?・・・

 北朝鮮の強気の姿勢が収まらない。アメリカの威嚇も中国の説得も何するものぞとばかり、核兵器開発に邁進し、ミサイルを次々とぶっ放し、やるならやって見ろとの姿勢を続けているから恐ろしい限り。

 アメリカがその気になれば、北朝鮮を制圧するのは決して不可能なことではないと思うが、アメリカにとってその代償は計り知れなく大きいことから、アメリカの歴代大統領は、警告は発するものの直接行動には慎重な姿勢を崩さなかったことで、かろうじて平和?が保たれていたのだろう。

 ところが、今回のアメリカ大統領選挙で、現状に不満を持っている国民をあおる『アメリカ・フア-スト』というキャッチコピ-で急速に人気を博し、トランプならアメリカを過去の栄光を呼び戻してくれるだろうという期待が膨らみ、世界中の誰もが予測してかったトランプを大統領が誕生したことから事態が急速に変化しはじめる。

トランプという人物は、自分の意に添うものを集めて、カネ儲けの力で台頭したと言われている。このことから、『オレのいうことを聞いていれば間違いない』という考え方を持っていることは疑えないところ。

『アメリカファ-スト』という本質も、『オレのいうことを忠実に実行すれば、アメリカが世界で君臨し、国民も全て豊になる』というものだろう。そこには、議会で真摯に議論するという発想は薄く、強大な権力さえあればどんなことでも可能になるとばかり、就任以来、次々に大統領令を連発している。

テラ-ソンという国務長官はトランブのお気に入りだと言われている。この人物はロシアの石油業界とつながりが深く、プ-チン大統領と仲良しだと伝えられていたことからロシアと手を結んで、トランプ-・プ-チンラインで世界が御せられるのではという推測が流れたのはついこの間のことだった。

そのことも気にはなる情報だったが、アメリカとロシアが仲よくしてくれるなら少なくとも、世界各地の内戦は少し下火になるのでは期待したもの。しかし、シリア情勢から話がややこしくなってくる。

 シリアのアサド政権が、反政府勢力の拠点に、サリンと同じような猛毒の化学兵器をぶち込んだことに激怒して、ミサイルを60発ほど打ち込んだのだが、これがアサド政権を後押ししているロシアを刺激し、今やアメリカとロシアとの間は一発触発の危険性すらあるという。

 シリア政府の化学兵器使用の証拠など、私が知る方法などないが、よしんば使用したとしても、即爆撃という方法は乱暴過ぎる。シリアの内戦が収まるどころか、ますます激しくなることは、趙がつくほどの世間しらずの私でもわかることなのに、トランプは『毒ガスを使ったことは許せない』として、爆撃を命じたようだ。まさに瞬間湯沸器的発想だとしか思えないのだが・・・。

 また、北朝鮮のアメリカ本土を脅かすミサイルの開発は絶対に許さないという姿勢はオバマの比較にならないほど強く、度重なるミサイルの発射に対して忍耐の限界にきたらしく、史上最強だと言われる原子力空母艦隊を北朝鮮近海に向かわせ、いつでも攻撃できるぞという脅しをかけているのも物騒な情勢。

 これに対して北朝鮮の将軍さまは、内心とともかく、表面的には『来るならこい、オレは受けてたつ・・・』という姿勢を崩さないのだから困った話である。

 もっと困ったことに、現在の日本は明治憲法を敬い、教育勅語が母体になった道徳観を国民に押しつけて、基本的人権など必要ない皇国の再現を目指しているデンデン親分が実験を握っていること。そして子分たちが次々に親分の考え方を忖度して、良識が通用しなくなっていることである。

 デンデン親分のホンネは北朝鮮をこの世から消滅させたいのだろうことは疑えない。自衛隊を軍隊に改称し、今すぐにでも北朝鮮に攻め入りたいのだろうが、そこまでの自信もないとなると、今回のアメリの軍事行動は、まさに神風。

デンデン小学校事件や加家学園の深くて暗い話が徐々に明らかになりつつある現実も、アメリの北朝鮮殲滅作戦が始まったら、全てがパ-になるのだから、世界の世論など全て無視して、『アメリカさまの攻撃を全面支持』との声明を発している。

 アメリカが本気になれば北朝鮮を焦土にすることは可能だろうが、北朝鮮も必死で反撃することは疑えない。潜水艦から打ち上げられる技術も実用化しているというと、全てのミサイル基地を殲滅す前に、アメリカ本土への犠牲は少ないだろうが、韓国や日本の特にアメリ軍基地が壊滅することもあり得ない話ではない。

 平壌が焼け野原にする代償が、ソウルと東京の焼け野原では、国民はたまったものではない。日本と韓国は共同で『トランプさん、ここは落ち着いてまず話し合いましょう』とアメリカの行動を諫めて、ドンパチを回避しなければ両方の国が滅びることになることは、私でも十分理解できること。

なのに,韓国は大統領が失脚し、日本ではデンデン親分が『早く攻撃したください』というのだから恐ろしい。

アメリカではトランプが権力を握り、デンデンが日本を牛耳ることに加えて、韓国には指導者が不在だという最悪の条件が揃ったようだ。

いよいよ・・・。(田舎親父)

« 疑心暗鬼が蔓延?・・・ | トップページ | 居留守が大はやり?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65165244

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ?・・・:

« 疑心暗鬼が蔓延?・・・ | トップページ | 居留守が大はやり?・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ