« 気になる社説?・・・ | トップページ | 国は解決する鬼無?・・・ »

2017年4月21日 (金)

小選挙区制度は限界・・・

 『一票の格差』を解消するという名目で、選挙のたびに小手先の対策を続けている姑息さに呆れる。前回の参院選挙は、掟破りと思える県をまとめて選挙区として、何とか一票の格差を是正しているという姿勢を見せていたが、阿呆らしくて投票にも出かけない有権者も多かったという話もよく耳にする。

 解散という噂も出始めたようだが、またまた衆院選挙区の区割りの記事が昨日新聞紙上を賑わした。横浜の片田舎も、かなりの影響がありそうだが、選挙区の見直しによって市内・区内が分断される自治体が数多く、相当な混乱が予想されそうだ。

 記事によると、定数が一減となる青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県を含む19都道府県の97小選挙区で区域を見直す内容で、これにより小選挙区間の最大格差は2020年の見込み人口で1.999倍となり2倍以内には是正されるのだそうだ。

『一票の不平等』の是正は、選挙権が憲法で重要な基本的人権と規定しているのだから当然であるが、現行の衆院小選挙区を前提とする限り、一時しのぎにすぎないことはこれまで何度もつぶやいたこと。

私は、小中学校はもとより高校も小学区制にして義務教育とする方が望ましいという考え方をずっと持っているが、選挙区に関してはその逆で、一人の候補者だけがが当選で、他の候補者に投票した人の意見は無視される小選挙区には反対している。

タテマエとして、欧米のように二大政党が誕生して、政権交代ができるという意見があって小選挙区制度になったようだが、選挙区と有権者の数との整合性の上で、格差が生じることは始めから分かっていた話。

なのに、選挙のたびに、『格差是正』が叫ばれ、そしてその格差が大きくなると、大慌てで区割りを変更するといういたちごっこは、いわば政権政党(自民党)のご都合主義だろう。

今回の変更で、関係者は格差を2倍以内にしたと胸を張っているらしいが、1.999倍というから、数値の上でムリムリに2倍以下にもっていったというところ。これを滑稽と思わないで提案するところが実に滑稽である。

神奈川県の座間市は、選挙区が完全に分断されるということに市長が激怒しているという記事が目につく。他にも分断される自治体もかなり生まれるもあるらしいが、同じ自治体で、道路一つ隔てた向こうとこちらで候補者が違うとなると、選ぶ方は大混乱。

座間市長が激怒し見直しに反対するのはもっともであるが、小選挙区制の維持を前提に境界線を引き直す限り、こうした問題は今後改定のたびにおきることは間違いない。

 また、小選挙区制では当選できる候補者は一人に限られ、切り捨てられる『死に票』が多いのも大きな矛盾である。『比例代表』という小手先発想の制度を作り、並立制で誤魔化しているが、小選挙区では民意を正確に反映する制度でないと断言しても差し支えない。

 さらに、最近の内閣の閣僚たちの目に余るふざけた発言や行動でも明らかなように、議員の質の劣化はどうしょうもないほど酷過ぎる。これは、政党の幹部に選挙での公認や政治資金の配分などの権力が集中し、所属議員らが異論を唱えづらくなったため、当選さえすれば良いという風潮が蔓延しているからであろう。

 繰り返しになるが、小選挙区制度を維持する限り、このような弊害は選挙のたびに多くなることは確実であることから、早急に見直さない限り、社会の歪みはさらに大きくなり、『議会制民主主義』を劣化させていることになる。これではブラックショ-クとしか表現のしようがない。

 参院でも一票の格差の拡大は見過ごせないが、参院の特性を維持しながら何とか数合わせのために、二つの県を合わせて定数2などとは、県民をバカにした発想で、こちらも急いで是正する必要があることは誰の目にも明らか。

 世間知らずの私であるが、参院選の場合は、一番県民の少ない鳥取県の50万人を一つの単位として、これに議員2を割り当てて、人口比で議員定数を決めれば良いという考えを以前から持っている。この方法では、首都圏の議員が多くなりすぎるという弊害があると反対も多いようだが、2県を合わせるよりはましだろう。

さらに、50万人に二人で計算すると、参院議員の数が500人弱と現在の約二倍になるという意見に対しては、議員報酬を現在以上に出さなければ良いだけであって、それでもやろうという意志がある議員なら、質の劣化はないことだけは確かである。

衆院は小選挙区ではなく、人口に比例して県単位に議員定数を決めて、全県一区という選挙区制度にすれば、民意はかなり正確に国会に反映されるはず。

また、衆院の特性として、国の方向性を出すことを最大の要因にあげるなら、比例代表を基本とした制度も考えても良いのではないだろうか。ただ、それでは、現在の国民性から考えると、名前を知られたもの勝ちで、国会議員はお笑いタレントばかりという笑い話のような国になりかねない恐れがありそうだが。

いずれにせよ、衆参一体で『抜本改革』を検討が急務であることだけははっきりしている・・・。(田舎親父)

« 気になる社説?・・・ | トップページ | 国は解決する鬼無?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65177357

この記事へのトラックバック一覧です: 小選挙区制度は限界・・・:

« 気になる社説?・・・ | トップページ | 国は解決する鬼無?・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ