« 50年後・・・ | トップページ | 疑心暗鬼が蔓延?・・・ »

2017年4月15日 (土)

酷い話が続く日々・・・

これまでも強行採決などは日常茶飯事だったが、野党議員が『国民の知りたいこと』だと森友学園の不透明な部分を質問したところ、自民党の委員長が『本題とは関係ないことを質問するな』と注意する場面がニュ-スで流れた。

それでもめげず、さらに質問を重ねデンデン首相に答弁を求めたそうだが、『オレのいうことが正しいことは支持率が示している』というたぐいな意意味のことをのたまい、激怒して質問を受け付けなかったという。『首相のオレには50%以上、それに比べて民進党はたったの7%』とも発言したそうだから゛この男の思考は無茶苦茶というしかない。

こんな話は今まで聞いたことはない。『忖度』が一家の不文律になっている『デンデン一家』の一人である厚労委員会の委員長が、親分を怒らしたのはお前たちだとはばかり『強行採決』したというから、もう現在の自民党は支離滅裂。民主主義など日本には存在しないということになる。

厚労委員会で審議していた法案は、年収340万円(年金収入のみの場合は344万円というから理解不能だが)以上の単身者など、比較的収入の高い高齢者の介護サービス利用時の自己負担割合を、2割から3割に引き上げることが柱になっている『介護保険関連法改正案』家なのだそうだ。

高所得の年寄りが対象だから仕方ないように思うが、そもそも340万円という基準が曖昧であり、全国でたった12万人の対象者の自己負担額を1割上げて何の足しになるのと言いたくなる。

介護保険制度が行き詰まっていることはよく耳にする。詳しい内容は知らないが、今回の改定案が通ったとしても、制度を維持するのには焼け石に水と言うところではないだろうか。

それでも、強引に通したいのは、もっとカネ集める仕組みを作るための基礎になるからに違いない。その仕組みというのは、年収の低い老人をも対象にして搾り取るという徳川時代の悪代官を参考にしているらしいと推理している。今回の厚労省の考え方は、さらに自己負担を3割から5割というように値上げしていくねらいにつながることは想像に難くなさそうだ。

5割が自己負担となると、うっかり介護受けることもできなくなる。高額の介護料を払ってきた人たちがサ-ビスが受けられない。こんなバカな話が実際に生まれる社会が現実味を帯びてきたようだ。いよいよ貧乏人は早く死ななければいけない脅迫感が漂いはじめている・・・。

話は戻すが、法案と関連しない質問がケシカランということがまかり通ったら、政府の思い通りで、国会など存在すること自体がナンセンスになってしまう。

このことはさておくとして、デンデン小学校事件は、国費(国民の税金そのもの)を勝手に使って、デンデン親分とその仲間たちが『教育勅語小学校』を作ろうと企てたことだが、最近になり、一部のメディアであっても報じるようになったことで面白くなりそうだ。

教育勅語小学校建設のために使われた国費を、介護保険料に回せたら、たった12万人の年寄りの介護費用1割値上げ屁のようなもの。その意味でも、デンデン小学校事件の質問は、この法案に関連するのは明らかである。

さらに、デンデン一派は、何百億円という国費・公費をただ同然で加計学園に横流しした疑いが濃厚になっているが、これを介護保険に組み入れたら、貧乏年寄りの介護保険の値上げなど話題にしたくてもできるはずもない。

要は、デンデン親分とその子分たちのあいだには、この世はオレたちのものだという驕りが背景にあることは間違いない。そして、その驕りが永遠に続くように、モノ言わぬ国民、(それ以前に)真実を知ろうとしない国民を作るための布石を打っているように思えてならない。

奢るもの久しからずや・・・というが、早くその久しからずやの日が来ることを願っているのだが・・・。(田舎親父)

« 50年後・・・ | トップページ | 疑心暗鬼が蔓延?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65152284

この記事へのトラックバック一覧です: 酷い話が続く日々・・・:

« 50年後・・・ | トップページ | 疑心暗鬼が蔓延?・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ