« 四月バカに願うつぶやき・・・ | トップページ | 住宅手当打ち切りとは酷過ぎる・・・ »

2017年4月 3日 (月)

保育園で君神?・・・

 厚生労働省は31日、3歳児以上を対象に、保育現場で国旗と国歌に『親しむ』と初めて明記する保育所の運営指針を正式決定したという、東京新聞の4月1日の記事にビックリする。

丁度『4月バカ』のつぶやきをコラムに掲載した直後だったので、『エ-プリ-ルフ-ルのつもりなのか・・・』と思ったものだが、どうやらウソではないらしいと知ると、森友学園が経営する、教育勅語を暗唱させているとい塚本幼稚園を『バカだなあ・・・』と笑えなくなりそうだ。

記事は、文科省が同様の趣旨を幼稚園の教育要領に盛り込んだことを受けた見直しで、幼児教育の整合性が理由で、2018年度に施行するとある。

しかし、幼稚園の指導要領との適合性ということに違和感を覚えて、幼稚園でも国旗・国家の押しツケがあっただろうかと記憶を繙くが、私の時代にはなかったはず。

私が幼稚園長を兼任ながら勤めていた期間は、ほぼ20年前からの5年間。それまでは、幼児教育には全く関心がなかったので、当初は幼稚園と小学校の違いに当惑し、しょっちゅう幼稚園の教頭や教員からひやかされ笑われたものである。

保育園との違いを、『幼稚園は教育機関なので文科省ですが、保育園はあくまで保護者から委託されて預かる、いわば厚生機関なのだから、厚労省が所管しているのですよ』と教えられ、そうなんだ・・・と納得したのもその頃のことである。

兼任だが幼稚園が小学校と徒歩で5分も離れていたので、できるだけ幼稚園に出かけて園児たちと遊ぼうとは努めたが、なかなか難しく、このことにも『園長先生なのですから、もっと幼稚園にきてください』と言われたことも、今では懐かしい思い出・・・。

だからだとは思わないが、日頃の授業?などは全く口出ししなかったが、少なくとも、国旗とか国家などと言う言葉を園児はもちろん、保護者からも教員からも聞いたことがなかったと記憶していることから、幼稚園の指導要領にもなかったのではないだろうか。

今回の記事で、幼稚園との整合性と言う文言に違和感を覚えて、少し調べてみたら、文科省は幼稚園においても、新しい指導要領には、『国旗・国家に親しむ』ことが明記されており、18年度からは実施されるとのこと。

これは知らなかった。そう言えば、数ヶ月前に、あのヌエ顔の官房長官が『幼稚園で、園児に国旗・国家を教えることは重要だ・・・』という意味のことを話している映像がニュ-スで流れ体たことを思い出す。

その時は、幼稚園まで国旗・国家の押しつけが始まったのかと不快に思ったが、内閣の意を汲んで文科省が幼稚園の指導要領を改定したことに、ヌエ官房長官が満足感を表していただけのこと。迂闊なことに、それを今気付く。

どうやらデンデン閣下とその取り巻き連中で構成された内閣の方針を推し量って、厚労省は、教育機関でない自省が管轄する保育園に、『幼児』と言う幼稚園と共通する言葉だけを取り出して、文科省の方針に合わせて、国旗・国家を押しつけたのだろう。

デンデン小学校と現政権との絡みが明らかになって以来、盛んに『忖度』と言う言葉が使われるようになっている。私は『忖度』なる言葉は今まで聞いたことがないので、広辞苑で調べてみたところ『忖も度も計る意味で、他人の心中をおしはかること』だとのこと。相手の気持ちを忖度する・・・というように使うようだ。

不思議なことにデンデン首相は、『云々』は読めなくても、『忖度』は読めるらしく、盛んに口にしているのは、『お前らオレの考えを推し量って、物事を考えろ・・・』とでも命じているのかも知れない。

だから今回、いち早く文科省が、デンデン首相の戦前の教育観を『是』とする思想を『忖度』し指導要領を改定したのだろうが、その文科省との不整合さを責められる前に、厚労省が『忖度』して、文科省に『見習えならえ』となったようだ。なんとも質の悪い漫画を見るような虚しさを感じる。ブラックユ-モアとしか表現的ないが・・・。

つい先日は、教育勅語を教材にしても良いということを閣議決定したと言うニュ-スも流れたが、これも、デンデン首相の考え方を『忖度』して、他の子分たちがヨョイショした結果だろう・・・。

教育勅語は、国民は全て天皇のために命をささげよという教えであり、現憲法とは相いれないものとして、文科省も完全に否定したいたのに、デンデン首相の戦前の天皇崇拝思想をそのまま復活させようとする動きは恐ろしい。

脈絡がない話題に飛ぶが、イシハラ都政で、ヨネナガという将棋差し(他の棋士の方には申し訳ないが、この人物だけには、あえてこのような差別的用語を使う)が、私の退職の年に東京都の教育長に任命されたことを思い出す。

そのヨネナガ教育長が、(確か)『教育効果』をはじめるにあたった時だと記憶しているが、都内全ての小中高の校長を集めた会場で、行事の度だけではなく、日常的に『国旗を掲揚し君が代を歌わせろ』と檄を飛ばしていた。殆どの校長は『アホカ・・・』と聞き流していたが・・・。

そのヨネナガ教育長に対して、天皇は園遊会で『(教育現場において、国旗・国歌は)強制になるというようなことでないほうが望ましい』と発言されたと新聞テレビが報じていたことを、今回の『忖度』騒ぎで記憶から飛び出してきた。

あくまで私の推測であるが、天皇陛下は、国旗・国家の押しつけ(戦前の天皇崇拝思想につながる『国旗・国家の押しつけ』には迷惑を感じておられるのではないだろうか。できれば、もっと民衆に寄り添った政治を望まれていると信じている・・・。

デンデン首相も、真に天皇を敬愛するのなら、天皇の気持ちを『忖度』して、幼稚園やまして保育園での『国旗・国旗の押しつけ』は止めるべきだろう・・・。(田舎親父)

« 四月バカに願うつぶやき・・・ | トップページ | 住宅手当打ち切りとは酷過ぎる・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65101824

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園で君神?・・・:

« 四月バカに願うつぶやき・・・ | トップページ | 住宅手当打ち切りとは酷過ぎる・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ