«  水泳指導は外部委託にするべきでは・・・ | トップページ | 考えさせられる記事である・・・ »

2017年5月10日 (水)

『サ高住』?・・・

 なんでも言葉を略したり、アルファベットの頭文字で表すことがこのところ当り前の風潮になっているので多少のことには驚かないが、先日、朝日新聞の『サ高住』という見出しの文字には一瞬ポカン。その次に、何なのこの言葉は・・・としばし固まる。

 もっとも記事を1行読んだだけで、『サ高住』が『サ-ビス付き高齢者住宅』の略であることがわかり、そう言えば最近、『サ-ビス付き高齢者住宅』という新聞折り込みのチラシがかなりの頻度で入っていることに思い当たる。

 改めて、そのチラシを探してみる。今までは全く興味がなかったので見過ごしていたのだろうが、このチラシでは、『24時間、皆様の安全を見守ります』といううたい文句で入居者を募集している。

入居価格もかなり安い感じで、私でも入れそうな数字が並んでいるところから、結構需要もあるようだ。特養に申し込んでもはずれた人や、子どもたちに迷惑をかけたくないと思っている高齢者には、『24時間云々・・・』という言葉には魅力があることは間違いなさそうだ。

 今のところ、老人施設などの必要性を感じていない私であるが、特養よりは自分の自由度が生かされているだろうと感じさせる『サ高住』ならば、もう少し動けなくなったら入居してみるのも良いかなと思わせるが、この記事にあるような実体を知ると、二の足を踏むことになりそうだ。

 それにしても、この『サ高住』で、2015年1月から1年半の間に死亡や骨折など少なくとも3千件以上の事故が報告されたとなるとこれは酷過ぎる。サ-ビス付きなどとうたっているが、24時間見守るためにどんなサ-ビスがついているのだろうと突っ込みたくなる。

 記事によると、制度上は民間の賃貸住宅と同じ扱いだそうだ。(繰り返しになるが)『24時間見守り』という文言にひかれるのだろうが、要介護者が入居者の大半を占めているのが現実らしい。国交省が改善に乗り出すとあるが、これって国交省の管轄なのだろうか。むしろ厚労省き守備範囲では・・・。
 私が知らなかっただけなのかも知れないが、『サ高住』が大きな社会問題になったのは、15年夏に大阪市の『サ高住』で起きた『孤独死』だったという。この事件?をきっかけに、国交省と厚労省が、全国の自治体に『サ高住』への指導徹底を求めていたとある。

民間の賃貸住宅となると国交省がかんでいるのだろうと納得するが、この国では二つ以上の省庁が同じ方向で連携するなどということはまずムリな話。どうやら、この制度そのものが、法の隙間で誕生したような気がしてならない。

朝日新聞は昨秋、全国約21万戸のサ高住を監督する都道府県と政令指定都市、中核市の計114自治体に情報公開を請求したところ、97自治体が事故報告書を、またすべての自治体が運営報告書を今年2月までに開示したのだそうだ。

その事故報告書によると、15年1月~16年8月末の事故は計3362件で、最多は骨折(1337件)だったという。病死を除く死亡は147件というから、施設内での転落や転倒?・・・。

ちょっと多過ぎるが、それでも自治体によって報告件数は大きく異なり、東京都の301件に対し、愛知県は0件というから、報告基準がバラバラというより、実体はほとんど闇の中ということらしい・・・。

国が報告すべき事故として、死亡や虐待、窃盗などを例示しているに過ぎないので、骨折や薬の配布ミスなどは報告を求めない自治体が多いのだそうだ。となると数値は氷山の一角。ますますこの制度は法の抜け道を始めから準備していると思わざるを得なくなりそうだ。

『サ高住』とはという解説がある。そこには、『サ高住』は、1日1回の安否確認と生活相談が義務付けられているが、夜間は緊急通報システムがあれば、職員常駐は不要だとあるから、『24時間見守る』という意味は、一日一回の安否確認で良いこととなる。なるほどカネ儲け命の輩が、ビジネスとばかり飛びつくのは当然かも知れない。

これも知らなかったことだが,『サ高住』の制度が始まったのは6年前だとのこと。特養などとても入れない人たちは、国の制度だから間違いないと信じて飛びついたのではないだろうか。結果、自立できる老人ではなく、要介護の年寄りだらけの『うば捨て山施設』になっているというのもうなずける。

国交省と厚労省は改善をしていくというが先行きは極めて不透明。元々ができるだけ予算を使わずに、効率よく『貧乏年寄りは早く死ね』という発想で作られた制度だろうから、期待する方が無理なのかも知れないが・・・。

いずれにせよ、貧乏年寄りには、その日一日を無事に生きることすら難しい時代になったということなのだろう・・・な。(田舎親父)

«  水泳指導は外部委託にするべきでは・・・ | トップページ | 考えさせられる記事である・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65260533

この記事へのトラックバック一覧です: 『サ高住』?・・・:

«  水泳指導は外部委託にするべきでは・・・ | トップページ | 考えさせられる記事である・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ