« わが国の高層マンションでは・・・ | トップページ | 株主総会初体験・・・ »

2017年6月28日 (水)

『この女(おんな)の発言』を許す馬路・・・

 今朝の東京新聞の一面を見て、『またやったこのバカ女・・・』という心底空の侮蔑の言葉が口から飛び出す。同時に、今度こそ、防衛大臣をクビにしなければ世間が収まらないだろうと思うが、朝日の扱いが小さいことに一抹の不安がよぎる。

 読売や産経などは、私には『新聞』としての価値を認められず、その意味で政府の宣伝を受け持つのはどうぞご勝手に・・・と思っているが、東京新聞はここ数年来、かなり気合を込めて現政権の動きに対して批判的な記事を掲載していることから、愛読するようになっている。反面、朝日は東京と対照的に、政府に対してはチョウチン的な表現が多いのが気になるところ。それでも読売よりははるかにまともだが・・・。

 このイナダという防衛大臣の発言は、さすがのデンデン一家の広報誌と認定された天下のNHK(最近は、少しジャ-ナリズム精神のある部隊が力をつけてきたようだが)も、このことは無視できないと感じたらしく、7時のニュ-スで報じていた。

 東京新聞の記事によると、この防衛相は昨夜(27日)、板橋区で開かれた都議選の自民党候補を応援する集会で演説し『ぜひ当選、お願いしたい。防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい』と口走ったようだ。

この御仁は弁護士だそうで、例の森友学園疑惑でも、同じく変越しの夫と共に黒幕の一人として活躍したことが明らかになっているが、防衛大臣に取り立ててくれたデンデン親分のためには、自分の権限をできる限り利用することが当たり前の習性となっている、言動には一片の法律を遵守する気持ちはおろか一般的な正義感すら皆無である。

言葉を選ばす表現すれば、ごく当たり前の生活を過ごしている国民にとっては、いわば詐欺師という立派な犯罪者だと言っても、決して間違いではないだろう。

NHKのアナウンサ-は、基本的には『女』という言葉は侮蔑的だと規定があるのだろうが、犯罪者(容疑者)に限り、『女性(じょせい)』ではなく『女(おんな)』と表現していることに習い、私もこのイナダという人物に対しては、女性という言葉ではなく、女と言わせてもらい、しかも、バカなという形容詞をつけた次第である。

集会が終わった後に、今盛んに話題になっている秘書の一人から『先生、あの発言は拙いでは・・・』と諭されたどうかは別にして、同日深夜、国会内で記者団に『誤解を招きかねず、撤回したい』と語ったとのこと。

もしも、秘書が諫めの言葉を口にしたとしたら、この女の性格から推測して、『バカ・アホ・キチガイ・お前など引っ込んでいろ・・・』と気が狂ったように怒り狂っている姿が見えそうだが・・・。

それはともあれ、官邸の知恵者がこの発言を知り、これは拙いと『発言を取り消せ』と命じたと推測(下司の勘繰り)をしているが、最近の政治家(屋)は、深く考えることなく、気が向くままに、自分の本心を口にすることが多く、指摘されたら『誤解を招く恐れがあるので撤回する・・・』ということが日常茶飯事。

誤解をしているのは自分だけで、国民のほとんどは本心からでた言葉だろうと確信しているのだから、誤解される恐れなどあるはずがないのに、政治の世界では通用すると思い込んでいるようだ。

撤回するという言えば、自分の発言が全て消え去ると思っているのだろうか。そんなことはあるはずがなく、撤回するという言葉と共に、『ぜひ当選、お願いしたい。防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい』と発言したという事実は『絶対に』消えることはない。

退職してから憲法書など開く機会がないが、現職時代は『選挙にはくれぐれも注意しろ』という言葉を良く見聞きしたもの。自らも選挙期間中は候補者の名前はもちろん、批判やほめ言葉も禁句にしていたことを思い出し、ほこりがかぶっている『教育小六法』を取り出す。日本国憲法の第15条に『すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない』という文言に久々に対面する。

また、公職選挙法は『公務員が地位を利用して選挙運動をしてはならない』定められていることから、イナダという『バカ女』の今回の発言は、憲法違反、法律違反そのものであり、現職の校長がPTAの会合などで、教育長経験のある候補者を『〇〇さんは、長年教育に尽くされた功労者・・・』などと紹介したことが公になれば、厳重注意どころか罷免されても奇怪しくない。選挙後逮捕されることもあり得るのでは・・・。

さあ、デンデン親分はどうするか?・・・。またまた、官房長官がヌエ顔でヌケヌケと『問題ない・・・』と言い出しそうだが、これを見逃しては、わが国の辞書からは、『正義』とか『法律』という言葉が消え、カネと権力さえあれば好き勝手がまかり通る社会になる。

こんな社会の到来は御免蒙りたい。今回の『バカ女』の発言を許さず、都民が怒りをもって投票所に足を運び、せめて『自民党』公認や推薦の候補者の名前を書かないことを願う今朝のつぶやき・・・。(田舎親父)

« わが国の高層マンションでは・・・ | トップページ | 株主総会初体験・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65467306

この記事へのトラックバック一覧です: 『この女(おんな)の発言』を許す馬路・・・:

« わが国の高層マンションでは・・・ | トップページ | 株主総会初体験・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ