« 受け皿は『コイケ新党』だけ?・・・ | トップページ | 故原因は秘密命令?・・・  »

2017年6月16日 (金)

辞めてもらおうじゃねえか・・・

『さあ、辞めてもらおうじゃねえか・・・』という声がどこからも上がらないのが不思議である。

『もしもですよ。もしも、私や妻が関わったことが明らかになったら、総理大臣はもとより国会議員を辞めます・・・』という意味の発言を、この御仁の広報機関に成り下がった天下のNHKはニュ-スで報じていた。

このことは、マスコミ全体が伝えていたことから、圧倒的多数の国民は聞いたり見たりしているはず。よもや、いくら口からでまかせ男であっても、『そんなこと言った覚えはありません』とは言えないだろう。

私のような貧乏年寄りの戯言ではない。日本国の総理大臣が、万民の前で『関係していたら辞める』と発言した意味は重い。

前川前文部事務次官が、『官邸の最高レベルの指示・・・』と発言したのは、このままでは文部行政が死んでしまうという危機感の現れに違いない。下手すると、逮捕(最悪の場合は命を絶たれる)される恐怖心があっただろうと想像しているが、官邸(首相)の関与があったことを明らかにしたことは、並の人手はできないとてつもない勇気が必要な行動である。ただただ凄いと賞賛するしか私にはできないが・・・。

文科相は、官邸の厳命だろうが『調査をしたが、そんな文章は残っていない』と逃げまくっていたが、憲法を改定して戦争ができる国にしたい官邸が、このままでは、そのために必要な『共謀罪』の成立が難しいとして、一転、文科相に再調査を命じ、昨日この結果を明らかにする前に、共謀罪を強引に参院で可決成立させてしまったのは作戦通りだったろう。

ことが終わって、昨日になって再調査の結果が発表されたらしい。その結果が、今朝の新聞各紙が掲載している。驚くことは、政府は、官邸からの指示があったことを表す文書の存在を認めたこと。

しかし、その後の動きを注視しているのだが、どこからも、『ここまで官邸(首相そのもの)の関与が明らかになったのだから、約束を守って辞めなさい』という声が聞こえてこないのはどうしてなのだろうと大きな違和感を覚えてならない。

朝日新聞は、(原文そのまま引用)メールは昨年11月1日、内閣府地方創生推進事務局から文科省行政改革推進室に送信され、文面には「添付PDFの文案(手書き部分)で直すように指示がありました。指示は藤原審議官曰く、官邸の萩生田副長官からあったようです」と記されている。「藤原審議官」とは内閣府で規制改革を担当する藤原豊氏とみられる。(引用終わり)

また、『審議官に指示したのは、首相の側近中の側近である内閣の副官房長官が指示を出した疑いをもたれている』と記している。

こうなると、常識的に解釈して、これを下手な渡世小説的に文字にすれば、親分の命令で一の子分が実行部隊の頭的な男に、『相手(文科省)の首をとってこい』とでも命じた構図が見えてくる。

官房副長官は、『オレはそんなこと言っていない』は逃げているようだが、審議官が勝手に文科省を脅すなんてことは考えられず、明らかに、絶対に逆らえない立場からの命令があったものと考えるのが妥当だろう。

今日国会で野党が追及するらしいが、この内閣はお得意のしっぽ切りの技で『審議官が独断で出したもの・・・』で幕引きをはかるのではないだろうか。

『首相、約束ですから辞めてもらいましょう・・・』という発言を期待しているのだが少なくとも民進党からはムリだろうな・・・。(田舎親父)

« 受け皿は『コイケ新党』だけ?・・・ | トップページ | 故原因は秘密命令?・・・  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65417443

この記事へのトラックバック一覧です: 辞めてもらおうじゃねえか・・・:

« 受け皿は『コイケ新党』だけ?・・・ | トップページ | 故原因は秘密命令?・・・  »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ