« すでに身近に?・・・ | トップページ | 時間より成果?・・・ »

2017年7月20日 (木)

観光との兼ね合い・・・

 玄界灘に浮かぶ『沖ノ島』が『神宿る島』と呼ばれ、4~9世紀の祭祀跡がほぼ手つかずで残されており、朝鮮半島や中国からもたらされた奉献品が出土し、『海の正倉院』とも称されることや、その中心が『宗像神社』である程度の知識は持っていた。

知識というほど大袈裟ではなく、宗像という漢字の読み方が『むなかた』である程度のことであり、加えて、女人禁制は当たり前で、ごく限られた人でしか上陸できないことなども知っていた。

しかも、古から守られている決まりとして、選ばれた人であっても上陸する際は、身につけているものは全て脱ぎ捨て、海水で身体を清めなければならないというから徹底しているらしい。

その『沖ノ島』が、つい最近世界遺産に登録されたというニュ-スに、大丈夫なの・・・と心配したのは私が変なのだろうか。

 『沖ノ島』が世界遺産に立候補していることや、『沖ノ島』だけではなく福岡県にある神社や遺跡なども含めて世界遺産に申請したが、ユネスコが『沖ノ島だけなら認める』と回答したという話もマスコミが報じていたような気がする。

ところが先日、『沖の島』本体だけではなく、対岸の福岡県の神社なども含めて『沖ノ島を含む諸地域・関連遺産群』として認められたというから驚く。新聞記事によると、外交交渉でユネスコの諮問委員会を納得させたというが、ユネスコの分担金はわが国が一番多く負担していると言われているところから、何となくだが、現政権お得意の『札束横っ面作戦』が裏でまかり通ったのではと思わないでもない。

それはさておき、『沖ノ島』を管理する福岡県の担当部署は、この決定を受けて、一般の人の上陸をさらに厳しく管理すると発表したとのこと。しかし、世界遺産の登録は『観光』という『金儲け』が切り離せないはずなのに、今後どのように管理するのだろうと、およそ私が心配することではないことは十分分かっているが、気になるところ・・・。

 マスコミ記事によると、日本の登録は5年連続で、文化遺産17、自然遺産4の計21件もあるのだそうだ。その全ては言えるわけではないが、その多くは、遺産登録後は観光客が増えているというから、繰り返しになるが、登録の目的の一つが観光であることは間違いなさそうだ。

 世界遺産にさほど関心があるわけでないが、時に世界遺産に登録された土地を訪れることがある。その多くの場合、あまりにも多過ぎる観光客にビックリというよりガッカリすることが先にたつ。数年前に訪れた『白川郷』などはその典型で、まるで軽井沢や鎌倉を思わせる人の数とおみやげ屋の洪水に早々に退散した記憶がある。

しかし、同じ世界遺産に登録されている県をまたいだ場所にある『五箇山』は、あまり人気がないらしく、ゆったりして趣があったが、近年は知名度があがり、やはり白川郷に迫るほどだと言うから、人込みが苦手な私にとって改めて行きたいとは思わないが・・・。

 話は戻すが、『沖ノ島』が登録されたのは、古から続く神掛かり伝統というか信仰そのものが評価されたのだろうから、一般の観光客が押し寄せては登録の趣旨に背くことになり一般人上陸禁止は納得できる。しかし、このご時世で『女人禁制』となると、女性から見たら許されることではなさそうだ。

また、『禁止』となると破ってみたくなるのは人間の性、というより、上陸禁止となると折角当て込んだ観光客も否定することだろうから、地元ではかなりの議論になっているに違いない。そして、ビジネスが全て『是』であるこの国の風潮では、『観光客にも神聖な気分を味わってもらう』というビジネスが出現しても奇怪しくない。

 現在世界遺産は1000件を越え、教科書で学ぶ著名な遺跡や自然環境はすでにほとんど網羅されているという。それでも世界各国は先を争って遺産登録狂騒を続けているのが現実で、近年は評価が難しい複雑な候補が目立つようになったことから、1国の推薦枠が年1件に制限されるようになったらしい。

 国内の『我こそ世界遺産』と主張する登録候補は数多いという。それら候補を抱える自治体間の争いも熾烈になるに違いないが、遺産を維持するためには莫大な資金が必要で、そのためには観光がなくてはならない手段になることも当然の理で、この兼ね合いが難しい。

 今日も取り止めのないつぶやきになったが、『沖の島』の登録で今後の登録争いに拍車がかかるだろうが、『登録』が最終目的となっては本末転倒。

このことを肝に命じてほしいと願わざるを得ない・・・。(田舎親父)

« すでに身近に?・・・ | トップページ | 時間より成果?・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65557155

この記事へのトラックバック一覧です: 観光との兼ね合い・・・:

« すでに身近に?・・・ | トップページ | 時間より成果?・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ