« 労働者の敵に成り果てた連合・・・ | トップページ | 観光との兼ね合い・・・ »

2017年7月19日 (水)

すでに身近に?・・・

 『ヒアリ』というカタカナをはじめて目にしたのはつい最近のこと。漢字では『火蟻』と書くのだそうだが、かなりの毒を持ち刺されると強烈な痛みが発生するところから、なるほど言い得て妙だと感心する。

 実際に見たことはないが、写真空感じることは、日常的に目にするアリとは違い、膨れた腹や、なんとも奇妙な目がなんとも不気味であり、できれば、横浜の片田舎では遭遇したくないものであるが・・・。

 このアリは南アメリカ原産だという。現在では国同士の貿易が盛んに行われコンテナの隅にでももぐり込んで、人の目が届かないことから中国やアメリカなどでは、すでに定着し繁殖が広がっていると報じられているから恐ろしい。

 日本で最初に発見されたのは神戸港。確か数匹発見というニュ-スに、あんな細かいアリを見つけた人に驚くが、同時に、何となくだが、ひょっとして他の港でも・・・と多くの人が予感したのではないだろうか。

というのは、かなり以前にやはり『セアカゴケグモ』という毒を持った小さなクモが大阪で発見されたという情報に続いて、たちまち、ここにも・こららでも・・・と全国で発見のニュ-スが続き、現在では国内でかなり繁殖しているらしく、話題にもならなくなっている事実かあるからである。

そして、やはり『ヒアリ』も、ここでも・こちらでもという発見が続き、ついには先日、横浜港で見つかったというニュ-スには背筋が寒くなる。

しかも、これまでの発見は、数匹から多くても数十匹単位で、発見場所がコンテナ内部であることを信じると、そこで殲滅してしまえば広がる可能性は少ないが、横浜港の場合は、埠頭のコンクリ-トの隙間に巣を作っていて、700匹ものアリを見つけたというからこれは恐ろしい。

 まさか、コンクリ-トを剥がして巣を取り出したわけではないだろうから、700匹というのはその一部であり、恐らく女王アリが今でもせっせと卵を産み続けているだろうと考えると、その数は想像を絶するのではないだろうか。

 場合によっては、新たな女王アリが別の巣を作っていることもあり得るだろう。横浜港の本牧埠頭から、我が横浜の片田舎まで30kmほど、わずか数ミリというアリから見れば、信じられないほどの距離だろうが、これだけ流通が発達した現在社会では、トラックや電車では1時間もかからない。想像したくないが、あっと言う間に運ばれることもおとぎ話の世界ではない。

 折しも夏休み前。最近は昆虫採集など流行らないらしく、以前ならごく普通に見られたパパが捕虫網をもち子どもが籠を持って続いている親子連れの姿は少なくなったものの、それでも時にはそんな親子を見つけることがあるのだから、私の定番の散歩コ-スである『四季の森公園』で、親子が刺されたというニュ-スがあっても奇怪しくない?・・・。

 日本という国は動物たちには極めて住みやすい環境らしく、最近はペットで飼っていた動物が逃げ出してたちまちにうちに繁殖し数を増やしている例は数限りない。四季の森公園の池では岩の上で日向ぼっこをしている亀が人気だが、そのカメは全てと言っても良いが、外国産のミドリガメやその仲間であることが、このことを証明している。

植物に至っては、在来種を探すのが困難といっても差し支えないほど、外来種が覆われていることから、一粒の種、一匹の固体が一般の人が見つけた時には、『時すでに遅し』となるのは、昆虫の生態の知識がほとんどない私でも理解できそうだ。

殺虫剤で皆殺し作戦や、毒エサを回りにバラまくことを検討しているようだか、ヒアリの巣のそばには在来種のアリも巣を作っているだろう。アリ以外の小さな生き物も数多く生活しているはずだから、これらの方法では、全ての生き物を全滅させる可能性は大きいとなると、あまり褒められた方法ではない。

 さて、今回のヒアリ騒動はどんな展開を見せるのだろう。まさか、子どもたちの登校姿に殺虫剤が加わらないことを願っているが・・・。(田舎親父)

« 労働者の敵に成り果てた連合・・・ | トップページ | 観光との兼ね合い・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65553230

この記事へのトラックバック一覧です: すでに身近に?・・・:

« 労働者の敵に成り果てた連合・・・ | トップページ | 観光との兼ね合い・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ