« 教員のいじめによる自殺?・・・ | トップページ | 蜘蛛の巣にかからないことを・・・ »

2017年11月 2日 (木)

稚内で竹の小料理?・・・

10月に台風が2度も上陸したことは過去にあっただろうか。私が、物凄い台風だったと記憶に残っているのは、『ジエ-ン台風』である。この台風で、私が住む町の家の屋根が目の前でふわりと浮いて前の空き地に落ちた風景は、昭和25年・小学校1年生だった私のトンデモない経験として、今でも目に焼きついている。

その時には、何故台風にアメリカの女性の名前がつけられているのか、思いもよらなかったが、それ以後は、台風は発生順に、『台風〇〇号』と呼ばれるようになり、特に被害をもたらした台風には、後に、主に上陸地点の名前がつけられて、『室戸台風』とか『伊勢湾台風』というように名付けている。

また変な書き出しになっているが、台風といえば、ほとんどが7月から9月に襲うもので、10月になれば、はるか南の太平洋上で発生しても偏西風の関係だろうが、だいたいは日本列島の南で、進路を東に変えることから、大被害をもたらすことは殆どなかったはず。

しかし、今年の10月の台風は、進路を変えることなく北上し、しかも沖縄付近気海水温度が高いためにさらに発達して猛烈な勢力を保って日本列島を襲うものだから始末に悪い。

近年、日本の付近、特に太平洋の海水温度が異常に高いという。その仕組みなどは詳しく理解できないが、温暖化の影響だと言うことは科学的に証明されているのだそうだ。

話は少しそれるが、北海道では近年鮭の漁獲量が激減しているという。しかし、その反面、どちらかというと暖かい海水を好むブリが驚くほど水揚げされており、実際、先日知床半島付近で捕って船上で〆たというだというブリを送ってもらったが、これが無茶苦茶美味い。なんとも不思議な思いをしたものである。

こんなことを思っていると、先日、『稚内でタケノコが食べられる』という見出しを見つけてビックリする。

一昔前までは、竹は成長が速い上に、根が張りめくらせるので地盤が強くなると人気の植物だったが、最近は手入れする人が少なくなり、放置された竹林かどんどん広がり、生態が崩れているということはよく耳にする話。

実際に、地方に出かけると、至るところに竹林が広がり、とてもタケノコをいただけるという状態ではなく、むしろ人間の生活圏が竹の新入で脅かされているという風景に出会う事は稀ではない。

竹は典型的な南方系の植物で北にいくほど少なかったのだが、温暖化によって、東北地方にも竹の勢いは延びているという。

春、土から顔出したタケノコは、あっと言う間に10mを越す高さに成長し、始めは柔らかかった幹の皮はすぐに硬くなり、しかも寿命が60年とも100年と言われているから、桜の名所の殆どを占めている『ソメイヨシノ』と同じほど。

竹は寿命が終わる頃には、一斉に花が咲くのだそうだが、笹の花は一度だけ見たことはあるが、竹藪全体が花という風景にはまだ出会ったことはない。ただ、笹にしても竹にしても、広がるスピ-ドは半端ではないことは実感している。

記事によれば、竹の生育か急速な温暖化でついに津軽海峡を渡ったのだそうだ。どうして渡ったのかは述べていないが、このまま温暖化が進めば、主に本州だけだった竹の生育域が北上し、北海道の最北端・稚内まで達する可能性があることから、こんな見出しになったらしい。

こうなると、稚内で竹の小料理と笑って済まされる話ではなさそうだ。鮭の不漁もブリの大量はやはり北海道近海の海水温度が上昇しているからであり、この原因は全て地球温暖化となると、緊急の措置が必要になることは誰の目にも明らか。

実際に、危機感をもった世界は、温暖化を防ぐために、世界規模で二酸化炭素の排出量を減らさねばと『バリ議定書』に調印したはず。

しかし、アメリカはトランプ政権が誕生すると、国益に反すると言うことで、パリ議定書から離脱したのだからトランプという男の狂気がうかがえる。

そのトランプに心酔しているデンデンは、トランプ来日を大歓迎。まるでオリンピック騒ぎのような大騒ぎになっているが、トランプから『お前も、パリ議定書か離脱しろ』と命じられたら・・・。『ハイわかりましたトランプさま』となりかねない。

そんなことになったら、稚内で竹の料理どころの話ではな区なることは間違いない。今日もまた、困った話だと言う結論に・・・。(田舎親父)

« 教員のいじめによる自殺?・・・ | トップページ | 蜘蛛の巣にかからないことを・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/65993024

この記事へのトラックバック一覧です: 稚内で竹の小料理?・・・:

« 教員のいじめによる自殺?・・・ | トップページ | 蜘蛛の巣にかからないことを・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ