« 奨学金破綻とは・・・ | トップページ | 気になることが多過ぎる高校の学習指導要領・・・ »

2018年2月16日 (金)

戦前の話ではなかった・・・

 先日の毎日新聞に『旧優勢保護法 強制不妊手術9歳にも 宮城、未成年半数超』という見出しを見つけてなんとも言えない違和感を覚え、本文に目を通し自分の無知を恥じると同時に衝撃を受ける。

『優生保護法』という法律があったことは知っていた。しかし、その時代的な名前からてっきり戦前の亡霊だとばかり思っていたが、1948年に制定されて1996年まで生きていたことから、この記事は私と同年代の人々の悲痛な訴えであることを知り、なんともやりきれない思いになる。

まず『給優生保護法』についての解説に、こんなことがつい20年ほど前までまかり通っていることを知り無知を恥じる。この解説をそのまま引用しておく。

『<旧優生保護法> 「不良な子孫の出生防止」を掲げて1948年施行。知的障害や精神疾患、遺伝性疾患などを理由に本人の同意がなくても不妊手術を認めた。ハンセン病患者も同意に基づき手術された。53年の国の通知はやむを得ない場合、身体拘束や麻酔薬の使用、だました上での手術も容認。日弁連によると、96年の「母体保護法」への改定までに障害者らへの不妊手術は約2万5000人に行われた。同様の法律により不妊手術が行われたスウェーデンやドイツでは、国が被害者に正式に謝罪・補償している。』

権力側の理論だけで作り上げた勝手な法律である。これが戦後、私が5歳の時に制定されたとは信じられない。もっと信じられないのは、民主主義だ基本的人権だ、国民主権だと教え込まれ、国民の多くが日本は民主国家だと信じていたにもかかわらず、ずっとこの法律で縛られてきた人が多いということである。

記事には、この法律によって15歳時に強制不妊手術を施されたとして、宮城県の60代女性が国に損害賠償を求める初の訴訟を起こしたとある。弁護団には、他にも相談が寄せられており、謝罪や補償を国に求める動きが広がるか注目されるのだそうだ。

毎日新聞が取材したところ、障がいなどを理由に不妊手術を施されたとして宮城県に個人名記載の資料が残る859人を調べたところ、最年少は女児が9歳、男児が10歳だったことが判明したという。11歳の児童も多く、半数以上は未成年だったというから酷すぎる。

知的も含めて障がい者が生まれることを極力防ぎたいというのが『優生思想』なのだろうが、こんな法律を元に、妊娠の可能性が低い児童に身体的負担を強いていたとは、はじめて知ることである。こんな理不尽な法律を制定した国に怒りを覚える。

私が無知過ぎるのかもしれないが、私は日頃からボケ防止のためにつぶやくことを日課としているので、かなり広範囲に情報を求めていると自負していることから、私以上に知らない人か多いのではと想像している。

記事によると、調べた資料は63~86年度の『優生手術台帳』だという。そこには手術を受けた859人(男性320人、女性535人、性別・年齢非公表4人)の氏名や、手術の申請理由となる疾患名などが記載されているという。

 繰り返しになるが、女性の最年少は9歳、男性の最年少は10歳だとある。いずれの疾患名は『遺伝性精神薄弱』で、ほとんどの年度で11歳の男女が手術を受けていたというから、当時ではこの年齢での強制避妊手術が当たり前の行事になっていたのかもしれない。

 病名は、他にも『精神分裂病』『遺伝性精神薄弱+てんかん』、さらに現在では薬で押さえられる『てんかん』や補聴器で補てんできる『遺伝性難聴』なども対象になっていたというから、このような障がいを持つ子どもを持った親は、10歳を迎えるころには、呼び出しがこないように祈っていたのではないだろうか。

 『優生保護法』による強制手術は宮城県教育20年間だけで850人超(実際には総勢1046人だという)となると、全国では数万人も及びそうだ。記事には、記録に残っているだけでも1万6475人とあるが、親が仕方ないと同意した人の数をカウントしていなとなると、一体どれだけの数になるのだろう。

記事にはさらに細かな数値の記載があるがそれは省略するとして、今回、訴訟を起こした女性の勇気に最大限の拍手と応援の気持ちを送りたい。

今回の裁判はかなり注目されるはずだろう。この女性に続いて訴訟の輪が広がることも当然考えられる。国は、こんな理不尽な手術で子どもを産めない身体になった人々の救済する義務があることは言うまでもない。

しかし、裁判というのは、結局のところ慰謝料という名目での金銭的な決着でことを納めるしかない制度であることを思うと、結局、弱者はいつも浮かばれないことになる。

今日もまた、不誠実な国の対応に怨嗟のつぶやきになってしまった・・・。(田舎親父

« 奨学金破綻とは・・・ | トップページ | 気になることが多過ぎる高校の学習指導要領・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/66398835

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前の話ではなかった・・・:

« 奨学金破綻とは・・・ | トップページ | 気になることが多過ぎる高校の学習指導要領・・・ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ