« やはり冤罪?・・・ | トップページ | アホカとしか言いようがない・・・ »

2018年2月13日 (火)

明らかに学校(校長)の責任・・・

 永年教育に携わってきた経験から、私は、子どもが自殺することは常識的にはあり得ないことだと信じている。しかし、近年、子どもが自ら命を落とす報道が続発していることは事実で、その度に子どもの気質が変わったのか、それともまわりの大人たちにゆとりがなくなったのかと悩む昨今。

そして、子どもの自殺の背景には、必ずと言って良いほど『いじめ』があることに、強い憤りを覚えるのだが、先日報じられた広島市での中学3年生女子生徒の自殺は、明らかに学校(校長)の対応の拙さが原因だろうと推察できる報道に愕然とする。

記事によれば、当初はこの女子生徒の自殺の背景にはいじめがないとされていたらしいが、保護者からの申し立てによって第三者委員会という組織が立ち上がり、調査した結果、小学校から続くいじめがあったことが判明したという。

こんなことぐらい第三者委員会を立ち上げて調べなくてはわからなかったとは情けないという一言しかない。この中学校の校長始め教員たちは、日常的に起きていたことを把握していなかったというなら、『子どもの立場にたって』という教職に携わっている者の、最低必要条件を身につけていなかったとしか言いようがない。

それどころではない。以前から生徒本人や両親から相談を受けていたというから、これはもはや教員たちによる犯罪と言っても過言ではない。

私の経験からも、いじめにあいやすい雰囲気を持っている児童生徒は事実存在する。外見上に太りすぎたりやせ過ぎたり、身体的に回りの子どもとは違う(表現のしようがないが)劣っていると見られる特徴を持っている場合が多い。この女の子もそんな特徴を持っていたのではないだろうか。

第三者委員会は、女子生徒は中学入学当初から数人の生徒に頻繁に容姿についてからかわれたり、悪口・暴言を言われたりしていたと明言していることから、中学校入学当初から、小学校から引きずって日常的に言葉による嫌がらせを受けていたことは間違いない。

2年になると、より多くの生徒がこれに加わり、消しゴム片を投げられるなどの行動にエスカレ-ト。さらに3年生になって,『死ね』『消えろ』などの脅し文句を頻繁に言われていたほか、傘で叩かれる場面も目撃されていたという。

文面から推察するに、このような嫌がらせは、当初は担任始め教員の目が届かなかった場所で行われていたようだが、本人から相談があったほどだというから大人の目があっても平気で嫌がらせが続いていたことになりそうだ。

校長は、『恒常的、継続的なものではない』という認識をしていたという。目撃した際は(教員らによる)その場の指導で対応できたと思っていたとの釈明は、なんとも寒々しいう。要は、見ていて知らぬ振りだったということになる。これは許し難い。

表面的な対応に終始していたことに、『強く責任を感じている。学校の対応に課題があったことは明らかだと考えている』との談話を出したとあるが、今更反省していますとしまと言われても遅すぎる。

私は厳罰主義者ではないつもりだが、これに類似する事件が明らかになると、学校側は必ずと言って良いほど、子どもたちがじゃれ合っていると認識していたと弁明。そして学校をかばう教育委員会という図式が出来上がる。このように事実を隠蔽する体質に対して、何らかの処分が必要だと思うのだが・・・。

蛇足になるかもしれないが、これも私の経験から、いじめにあいそうな児童生徒は、自分を受け入れてもらえる場所として保健室があり、養護教諭が心の支えとなることが多いのだが、今回、そのような文言は一切ない。

もし、子どもの立場に立った養護教諭がいれば、今回の事件は違う展開になっていたのではとないだろうか。それほど、養護教諭の存在は大きいものがあることを教育委員会や文科省は認識しているのだろうか・・・。(田舎親父)

« やはり冤罪?・・・ | トップページ | アホカとしか言いようがない・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/66388401

この記事へのトラックバック一覧です: 明らかに学校(校長)の責任・・・:

« やはり冤罪?・・・ | トップページ | アホカとしか言いようがない・・・ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ