« 新民泊法 何だかなあ・・・ | トップページ | 新幹線も危なくなったもの・・・ »

2018年6月13日 (水)

これもトランプ従属・・・

 昨日のトランプ・キン会談は、まさに私の予測どおりの展開だった。合意文書に署名するとは想像できなかったが、その内容は『即非核化』どころか、トランプのノ-ベル賞ねらいそのもの。これでノ-ベル賞が与えられたら、それこそノ-ベル平和賞の価値は一挙に下がるのではないだろう。

 今朝のマスコミはトランプさんが拉致問題を提起してくれたと大騒ぎしていますが、トランプ陣営から『話したよ』という程度の情報があっただけで、『金よ、少し考えてやれ』なんて言うはずはない。真実は、話題に出した稼働かも疑わしいというところでは・・・。

何を勘違いしたのか、デンデンさんは『トランプ大統領に感謝する』とお礼を延べて『直接会談』などと言い出したが、やる気があるならとっくの昔にできたこと。尻に火がついたものだから、お得意のその場限りの逃げセリフ。超政治音痴の私でもわかることなのに、なぜかマスコミはゴマスリ報道を垂れ流して、国民にはあたかもすぐにでも会談ができるような幻想を持たせる?・・・。 

毒なのは拉致被害者家族である。マスコミが政府に圧力をかけるのなら拍手ものだが、やっていることは、横田さんなど家族にカメラを向けて、お礼めいたことを言わせているのはなんとも薄汚い。

キンさんが例え会ってくれたとしても、『拉致解決済み。ピョンヤン宣言を読んで見ろ』と言われるのが関の山ではないだろうか。さらに『戦争の賠償をするのが先』と、莫大なカネを請求されることは私でも想像がつく。その証拠に、トランプ親分は『カネは日本が払う』と言っているではないか。

ところで昨日・今日とマスコミの馬鹿騒ぎが情けない限り。ところで、先日、何気なるテレビニュ-スを観ていたら、アメリカの西武海岸に位置する都市の海岸で、人々が清掃活動をしている映像が現れる。アメリカでも、時に湘南海岸にでかけた時に目にする大勢の人たちで海岸清掃をしているのかと、微笑ましく思いしばらく観ていたが、清掃の対象が細かい『ストロ-』だとという字幕に、なんとも違和感を覚えた。

しかし、続いてアナウンサ-の『プラスチックストロ-をあまりにも安易に使い、捨てることによって、この海岸でもこんなにも見つかるのです・・・』という発言と、実際に拾った実物の映像に、確かに簡単に捨てられるだろうと違和感が吹っ飛ぶ。同時に、このことは日本でも放置できない問題になりそうだという気持ちが強まる。

さらに関連して、この都市では5月1日から、飲食店での『プラスチックストロ-』の仕様を禁止した条例が施行されたとのことから、スタ-バクスなどの大手のチエ-ン店では紙でできたストロ-や、店によってはパスタをそのままストロ-として利用しているということを伝えていた。このことに、最近のアメリカに対しては良い印象が持てない私でも、さすがアメリカと感心することしきり・・・。

アメリカ以上に環境問題に敏感なヨ-ロッパ諸国はどうなっているのだろうとネットで調べてみたら、予想通り、欧州連合(EU)はストローなど一部の使い捨てプラスチック製品の流通禁止に踏み切るという記事が間を入れずに飛び込んでくる。

現在、海洋ゴミの85%をプラッチックが占めているのだそうだが、なかでもプラスチックストロ-がかなりの比率になっていることを、自分がストロ-を使う習慣が全くないこともあって、今まで全く気がつかなかった。

確かに、コップや皿などに比べて、目立たず使用後利用することがないことから、誰もが無意識にポイ捨てするのだろうと納得する。

記事の詳細は省略するが、つい最近カナダで開かれたG7では、6月9日の拡大会合でこの問題を協議したそうだ。その場で、イギリスやEU諸国の首脳は『プラスチックコミの問題は世界全体の課題として対処する必要がある』と提案し、海洋の保護と持続可能な漁業の実現、沿岸部のコミュニティへの支援などを各国に促す『海洋プラスチック憲章』まとめたそうだが、その合意文書への署名をアメリカと日本だけは拒否したという。

テレビでゴミ清掃の映像を見せられた後なので、なぜアメリカが反対するのか理解できないが、環境問題には関心を示さずバリ条約も脱退したトランプ政権の方針なのだろう。そして、またまた、トランプのポチのウンコと揶揄されている我が国のデンデン政権は追随したのかと情けなくなる。

核拡散条約では、アメリカやロシア、中国などの核保有国や、インドやイスラエルなどのグレ-ソ-ン各国が署名を拒否したことは、ふざけるなと思いながら何となく分かるのだが、日本だけがアメリカの核の傘で守られているからという訳の分からない理由で拒否したということに唖然としたもの。

唯一の被爆国として率先して条約の批准に努力しなければならないのに、『アメリカに右へならえ』で反対とは納得できないと強い怒りを覚えたことが蘇る。

G7の報道記事によると、日本は『プラスチックごみを減らしていく趣旨には当然、賛成しているが、国内法が整備されておらず、社会にどの程度影響を与えるか現段階でわからないので署名ができなかった』という、今回もカネ勘定が先に立ち、本気でプラッスチックゴミを減らそうという意図が感じられない説明にはガッカリさせられる。

 世界で唯一原爆の被爆国が、これ以上の原爆が広がることを禁止した条約に反対したことも許し難いが、四方を海みに囲まれた海洋大国を自ら称し、海からの恵みで文化を培ってきた国が、こともあろうに、これ以上プラスチックゴミを増やさないという提案に反対では、わざわざ世界から孤立する道を選んだとしたとしか思えない。

 マスコミは、サンマを中国や台湾の大型船が大量に捕獲するために、年々漁獲高が落ちているという話題をかなりの頻度で取り上げている。(本当かどうか疑わしいが)このことを受けて日本政府は中国など関係国に改善を要求しているらしいが、海洋資源を守れというなら、まずお手本を示す必要があるはず。

 プラスチックゴミ問題は国内の法整備が進んでいないと放置し、福島原発事故では海を汚染したことも曖昧にして、首相が放射能は完全に管理しているとうそぶくのは世界の趨勢からして全く理に合わない話。

現政権は、海洋汚染など知ったことではないらしいが、それでいて、他国の漁業に対して、大型船で無秩序にバカスカ捕るのはケシカランと、(直接抗議するならともかく)マスコミを使って危機感を煽るのは筋か通らない。

先月末、タイ南部の海岸に打ち上げられ、5日後に衰弱死したクジラの腹の中から、袋や容器、ストロ-など8キロものプラスチックごみが見つかったという映像には世界中がショックを受けたもの。これに類するニュ-スは世界各地からら報じられており、世界の海はプラスチックゴミに満ち溢れ、生態系に対する影響は深刻な事態になっていることは私でも理解できること。

日本がプラスチック製品の大量消費国であることは統計的にもはっきりしている。なんでも中国・アメリカについで第3位らしいとなると、自分たちが目先の便利さから無秩序にプラスチック製品を使ってきたツケが目の前に迫っていることを緊急課題だと認識する必要がある。

手遅れにならないために、国をあげてすぐにでもプラスチックゴミ対策を実行しなけれ、『海洋国日本』という言葉も死語になるのでは・・・。(田舎親父)

« 新民泊法 何だかなあ・・・ | トップページ | 新幹線も危なくなったもの・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/66824585

この記事へのトラックバック一覧です: これもトランプ従属・・・:

« 新民泊法 何だかなあ・・・ | トップページ | 新幹線も危なくなったもの・・・ »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ