« 学校耐震化の盲点・・・ | トップページ | タイミングが良過ぎるぞ・・・ »

2018年6月20日 (水)

何とも姑息なやり方・・・

先日、東京オリンピックによる交通機関の混雑緩和のため、3つの祝日を移動して開会式当日などを休日にし、開会式の前後が4連休、閉会式の前後が3連休となる法律が参議院本会議で可決・成立したことに、反対した共産党の議員は別だが、各党の地方選出の議員たちは、地元に帰ってどんな説明をするのだろうと要らぬ心配をしてしまう。

四国九州(東北や北海道も同じだろうが)選出の議員たちは、ホンネはこんな法案は東京だけももので反対したいのだが、オリンピックという名前には逆らえず、仕方なく『オリンピックは国家の一代事業だから誰もが参加できるようにするのは政治の責任だ』とか『我が県の皆さんが参加しやすいように賛成した』なんて言い訳を考えているのではないだろうかと想像するとアホらしくなる。

開会式のチケットが2万円とか3万円と聞いた時、東京まで往復の交通美だけでも数万円とすると、地方から出かけられる人間はごく一部の限られた階層だけで、普通に生活している人々にとっては異次元の話。

開会式を自分の目で見たいと思ったとしても、はじめから無理なことは小学生でもわかることで、一般家庭の子どもたちが親にねだることなどできるはずがない。となると、議員の『我が県民も・・・』という説明が虚しく聞こえるだけではないだろうか。

カレンダ-がどうなるのかというと、2020年に限って、7月第3月曜日の『海の日』を開会式前日の7月23日、10月第2月曜日の『体育の日』を開会式当日の7月24日に、8月11日の『山の日』を、閉会式翌日の8月10日に、それぞれ移動させるとのことである。
 これによって、2020年は7月24日のオリンピックの開会式を挟んで4連休に、8月の閉会式を挟んで3連休になり、交通機関の混雑緩和につながるという理屈だそうだがこれは東京はじめ競技会場周辺だけで地方には全く縁のない話。

東京都が旗振り役をしたのだから、当然交通混雑などは折り込み済みでなければならないはずなのに、そんなことなどなにも考えず、札束をばらまいて誘致した以上は交通混雑や酷暑対策などはすべて東京都と組織委員会の責任だろうが・・・。
 オリンピック期間中は日本中の学校はすべて夏休み期間中だというのも考えさせられること。夏休みの期間の『山の日』はともかく、『海の日』や『体育の日』を夏休み期間中に移すとなると、詳しく2020年のカレンダ-を調べていないが、少なくとも10月の祝日はなくなることになる。

ふと、以前もつぶやいたことがあるが、現在多くの公立の小中学校が選択している2学期制屁の影響が頭に浮かんび、出かけるには季節の良い秋に、何とか家族旅行ができるように数日間の休日を作ろうという発想が起点なっていたことを思い出す。

文科省はじめ7つの省庁が合同で立ち上げた(名称は忘れたが)今でいう『有識者会議』なのだろうが、その委員会の委員として私自身が何故か選ばれて参加した光景が蘇ってくる。会議の冒頭に、座長の大学教授から、学校を2学期制にして数日の『秋休み』を作り、家族旅行を推進することが、このた委員会の主なねらいだという説明があったことが記憶に残っている。

そして秋休みの中心が『体育の日』で、この前後を数日休業日にするというものであるが、当時(現在はそれ以上だろうが)は授業時数を何とか確保するのが現場の一番の苦労で、そのため1学期の終業式と2学期の始業式をやらなくてすむので、10時間以上の時数確保ができると、全国の小中学校が飛びついたことは、当時、マスコミが大きく取り上げなかったことから、今でも知らない人も多いのではないだろうか。

そんな曰く付きの『体育の日』が、2020年のカレンダ-から消えるとなると、秋休みの確保はもとより、またまた授業時数の計算で、現場(特に、オリンピックとは関係ない地方の学校)にとっては迷惑な話としか言いようがない。

それでも決まったのだから今更愚痴っても仕方ないが、20年は前期が終わって、家族旅行などのんびりとすることなどできずすぐに後期が始まるのだから、子どもたちからはブ-イングが起きることは間違いないところ。それ以上に、観光地はかなりの影響を受けるのではないだろうか。

国や都、そして組織委員会は、オリンピックに負けず劣らずパラリンピックに力を入れているような雰囲気づくりを演じているが、こちらの方の対策はほとんど伝わってこないのも変な話。

本気でやる気になっているのなら、こちらも交通規制なども真剣に考えるべきだと思うのだが、ホンネは『パラリンピックなどは付け足しだ・・・』というところか。

 商業主義に侵された現代のようなオリンピックやパラリンピックなど無用だと主張している私には、どちらも関係ないことだが、なんともその場限りの考え方が通用する時代になったものだと呆れる限り・・・。(田舎親父)

« 学校耐震化の盲点・・・ | トップページ | タイミングが良過ぎるぞ・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何とも姑息なやり方・・・:

« 学校耐震化の盲点・・・ | トップページ | タイミングが良過ぎるぞ・・・ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ