« バラマキ政策を続ける愚?・・・ | トップページ | 『筆洗』に喝采・・・ »

2018年6月 7日 (木)

教育界もデンデン化・・・

子どもの自殺が流行病のように広がっている。そして、何よりも悲しいのが、自殺の原因だとされるのが、いわゆる『イジメ』と言われる回りからの嫌がらせということ。

私は、『イジメ』と称する行為は人間が複数存在すれば必ず起きる現象だと思っていることは常々語っていること。これは子どもの世界だけではなく、大人の社会でも必ず存在する現象で、最近、盛んに取り上げられているセクハラ・パワハラなどハラスメントという言葉で表現される嫌がらせと同じ性質のものだろう。

このことに対抗するには、真正面から戦うか、それとも我慢するしか方法がないというのが通説だったが、ハラスメントは『悪』だということを世間が認めるようになり、このところ、法律で禁止するという動きが徐々に広がりつつあることは、このような理不尽な対応を受ける立場の人たちにとっては喜ばしいことである。

ところが、教育界という閉じられた世界にあっては、法律で縛ることは人格形勢には似つかわしくないという意識があるらしく、教師のセクハラや校長のパワハラは犯罪だという認識がやっと生まれつつあるが、子どもたちを縛る『校則』や子ども同士の諍いというか、いわゆる『イジメ』についてはなかなか議論が前に進まない傾向があるようだ。

書き出しが長くなったが、一昨年神戸市の中学3年生の女生徒か、友達からのイジメを示唆するようなメモを残して自殺した事件で神戸市教委の(今や必ずといって良いほど立ち上げられるようになった)『第三者委員会』は、イジメはあったことを認めたという。しかし、自殺原因は『特定できない』という報告書をまとめたが、その際、回りの子どもたちなどから聞き取ったメモは『破棄された』としていたという。

なんだか、財務省官僚の一連の公文書破棄や捏造と同じような話である。不信感を抱いた保護者は、今年4月に再調査を要望を市長に提出したところ、市長が再調査を指示したらしく、その結果、何と破棄していたはずの『メモ』が見つかったというから、呆れて開いた口がふさがらない。

このことを報じた記事によると、市教委の筆頭指導主事が『情報開示など事務作業が増える』として、当時の校長に『メモはない』と答えるよう指示した文章が見つかったというから、なんとも情けなく悲しい話。

筆頭指導主事という立場は、学校現場に対しては絶対的な地位である。メモを破棄したことに加えて、遺族の求めに応じて裁判所が関係書類を証拠として、保全する手続きのために学校を訪れ裁判官に対しても、校長に対し『腹をくくれ』とメモを隠すよう指示していたという。校長としては、何らかの疑念があったとしても従わざるをえなかったのではないだろうか。

この校長は退職したのか異動したのかは報じられていないが、今年4月に新しく赴任した校長がこのメモが金庫に保管されていたことを発見して、市教委に報告したことから、市教委はこれ以上隠しきれないと判断したらしく、メモの存在を認めたという。

そのメモは当時在職していた複数の教員も保管していたそうだから、早晩には見つかったことは間違いなさそうだ。

なんとも気分が悪くなる話である。教師たちはいつの世にも教育目標に『明るく元気で素直子ども』を掲げ、『ウソをつかない』ことが、何よりも大切なこととして教えてきたこと。道徳の授業でもこのことを真っ先に取り上げてきたことではないだろうか。

それが子どもの手本となるべき教師の元締めである教育委員会の指導室という権力者と現場の親分である校長が、平然とウソをつき通しているのだから、社会がウソに対して無感覚になっているのは当然といえばこんな当然なことはない。

この筆頭指導主事と校長は万死に値すると言って過言であるまい。いやいやそんな生易しい表現ではすまず、時代小説の言葉を借りれば、明らかな犯罪者である両名には『市中引き回しの上火あぶり獄門・・・』が相応しいが、このような人物をその地位に任命した教育委員会及び市の責任者にも同様の処分を課すべきだろう。

まさに、疑惑がますます膨らんでいるモリカケ事件と同じ構想である。どちらの罪が重いかは比べるべきではないかも知れないが、私的には、国民全体にウソをつき続けているデンデン一家に軍配を上げたいものであるが・・・。(田舎親父)


« バラマキ政策を続ける愚?・・・ | トップページ | 『筆洗』に喝采・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/66803221

この記事へのトラックバック一覧です: 教育界もデンデン化・・・:

« バラマキ政策を続ける愚?・・・ | トップページ | 『筆洗』に喝采・・・ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ