« 日本人が中国でスパイ行為?・・・ | トップページ | 5年後の横浜には・・・ »

2018年7月20日 (金)

殺さないと前に進まない国?・・・

 連日の猛暑に、かなり暑さに強いと自認している私でもかなりバテ気味になり、ク-ラ-に頼る日が続いている。

 それでも、ここは横浜の片田舎の山の中。超夏向きのオンボロ我が家では、夜になれば軍と気温が下がり息を吹き返すことができるが、コンクリ-トで固められた都会では、ク-ラ-なしでは寝つけないのでないだろうか。

 一昨日などは、岐阜県多治見市で40.7℃、今日とでは8日続きの38℃越えで、昨日は39.8℃というから、今日との夏を知っている私でも想像に絶する値。り。

5年程前に、高知県の四万斗で40.5℃と発表された時には、日本中からウソだろう疑問の声がでたらしいが、今回は無条件に納得したのではないだろうか。いやむしろ、暑さ日本一を誇る熊谷や館林などが40℃越えがないのが奇怪しくないという声さえ聞こえてくる。

 そんな中で、一昨日に2020年の東京オリンピックの協議日程が決まったというニュ-スが流れていた。

20年7月24日から8月9日まで17日間に、史上最多の33競技339種目が実施されるのだそうだ。こんな日程を決めた輩の脳味噌はくさっているのかも知れないが・・・。  

中でも、この酷暑の中でホントにマラソンを行うのだろうかという素朴な疑問が頭をよぎるが、マラソンはオリンピックの花ということで、競技開始の時間を午前7時にして開催するのだそうだ。

何度も繰り返しているが、私はオリンピックには全く関心がないので、どうぞご勝手にというところであるが、最近は、熱中症で救急搬送されるということが、NHKはもとより民法各局のニュ-スやワイドショ-の最初のテ-マになっているほどの猛暑が続いているとなると、2年後はさらなる暑さにならないとも限らないことから、もしも、暑さで人が死んだら、誰がどう責任をとるのだろうと、要らぬ心配をしてしまう。

そんなことをぼんやり思っていると、昨日の朝、ネットでトンデモ記事を見つける。ヨミウリ新聞が報じたらしいが、717日に政府がマラソン元五輪代表の瀬古利彦氏らによる有識者会議の初会合を開いたところ、猛暑対策として『打ち水』や『浴衣』などが提案され、マラソンコ-スの沿道で実行するのだそうだ。

『有識者会議』は、日本ならではの暑さ対策として、観光PRにも生かしたいと打ち水のほか、浴衣やよしずの活用などが浮上しているとのことだが、政府が招集する有識者会議のバカバカしさをこれまでも知らされているので、ただ『アホカ』という言葉しかでてこない。

確かに、打ち水や浴衣は何となく涼しい感じを与えることは否定しないが、これが流行った江戸時代と現在とは日中の気温が違う。詳しく調べたわけではないが、私が子どもの頃は、30℃などはめったにお目にかかる数値ではなかったことから、江戸時代ではもっと低かったと想像している。

それが現在は、横浜の片田舎でも連日33℃°越えは当たり前、東京や横浜の都心部では軽く40℃を越しているのだから、打ち水で気温が一挙に下がるとは思えない。

むしろ、暑さを覚悟で大勢の人が集まる沿道では、熱気がピ-クに達しているとなると蒸し暑さをさらに高めるだけで、救急搬送される人の数を増やすだけではないだろうか。マラソンコ-スでは交通異性で救急車もたどり着けない可能性も大きいとなると、死人がでても奇怪しくないのでは・・・。

まして、直射日光の当たる場所での浴衣姿など誰が好んで着るというのだろう。早速、ネットでは『竹槍で爆撃機に突っ込むようなもの』という書き込みがあったそうだが、なるほどもっともと変に感心してしまう。

 またまた『日刊ゲンダイ』の記事になるが、この大衆紙曰く、そもそも東京五輪は、五輪招致委員会が『この時期の天候は晴れる日が多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候』とIOCをだましてもぎ取ったビッグイベントで、イギリスのタイムズ紙は今年1月、『東京五輪では選手だけでなく観客も極度の蒸し暑さによる熱射病で死亡するリスクにさらされている』と報じているとのこと。

 その通りだと納得する。しかも、『熱中症』ではなく『熱射病』と表現していることも、私には不気味な警告と受け取れるのだが。

 先日、愛知県豊田市の小学校で行われた校外学習で、1年生の男児児童が熱射病で亡くなったことから、世間が大慌てで動き出したが、この国では、人を殺さなければ何事も改善しないことが当たり前になっているのは悲しい事実。

死人が出る可能性が確率が大きいのだから、2年後のこの時季でのオリンピックは返上した方が無難だと思うのだが、オリンピック命の輩にはそんなことすら考えることもできないようだ。

どうしても開催したいのなら、せめて半世紀前の東京大会のように、10月にずらすべきだと思うのだが、こちらもいう方が無駄か・・・。 

しかし、人が死んでも東京都はもちろん、国も組織委員会も、『遺憾』という一言で片づけることを許して良いとは思わないのだが・・・。(田舎親父)

« 日本人が中国でスパイ行為?・・・ | トップページ | 5年後の横浜には・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/66960039

この記事へのトラックバック一覧です: 殺さないと前に進まない国?・・・:

« 日本人が中国でスパイ行為?・・・ | トップページ | 5年後の横浜には・・・ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ