« 早く退場させなければ・・・ | トップページ | 恐ろしい記事を見付けた・・・ »

2018年9月 8日 (土)

これも北海道いじめ?・・・

 昨日の続きになるが、北海道の胆振地方の内陸での直下型地震で、あの広大な北海道全域が停電になっていることがどうしても気になり、本当に北海道全体が停電しているのか確かめるために、昨日も述べたが、その日の夕方、知床に近い標津町の友人に電話して確認してみた。

 私の住む神奈川県では、県全域が停電などという事態は、あの3・11大災害でもなかったこと。神奈川全域どころか、横浜全域ということもこれまでなかったと記憶している。なのに、あの広大な面積を誇る北海道全域とは何故なのだろうと何とも釈然としない。

北海道電力の説明では、震源地の近くにある道内最大の『苫東厚真発電所』が機能不全に陥ったからだというが、道内の発電所はここだけではないはずなのに、そんな子供だましのような言い分に対してマスコミは騒がないのも何とも不思議な気がしてならなかったが・・・。

何でも『苫東厚真発電所』の3基の総発電量は最大出力で165万キロワットの能力を有しているのだそうだ。北海道全域の電力需要は380万キロワットだというから、およそ半分近くをこの発電所が賄っていることになる。

超大型の発電所だと言うことはわかったが、発電所はここだけではないだろう。実際に稼働中だったかどうかははっきりしないが、北海道電力が所有する発電所は水力56、火力12に及部という。それらの発電所がロ-テ-ションを組んで道内の需要電力を賄っていたはずなのに、『苫東厚真発電所』がこけてしまったことで全体がアウトは、道民にとっては迷惑極まりない。

電力は張り巡らされた送電網で家庭や工場に運ばれることは、小学生でも知っている知識であるが、大規模発電所が停止して、送電網を流れる電気が足りなくなると、それを補うために、他の発電機が『過稼働』の状態になるのだそうだ。素人考えでは、なにも絶えず大電力を流し続ける必要はないように思えるのだが。

それはともかく、発電機と言えど『過稼働』が続けば、ついには壊れることはあり得そうだということは理解できる。今回の地震では、他の発電所に『過稼働』を強いたのは、『苫東厚真発電所』の3基の発電機が大きな揺れで、配管の蒸気漏れや出火によって3基全てが止まってしまったことが原因だという。

要は、道内最大の『苫東厚真発電所』が故障して緊急停止したことで、送電線のバランスが崩れて、このままでは送電線そのものがパンクするという設計上の限界ラインに達したので、稼働中の他の発電所の発電機も自動停止したということらしい。

このことからはっきりしたのは、『苫東厚真発電所』の規模があまりにも大き過ぎにということ。北海道電力としては、そのことは十分認識していたと思われるが、一極集中しなければならないのは、北海道があまりにも広大だからではないだろうか。

北海道の人口は役500万人ぐらいといわれている。ということは、全世帯に電気を届けるための送電線の長さは、神奈川県の数百倍どころではないはず。その保守管理費用は、他の電力会社の数倍・数十倍に当たることも容易に想像できる。それを北海道電力一社に委ねていることになる。

利益を追及することは民間企業である以上やむ得ないことは私でもわかる話だが、地域によって発電所を分散するとなると、その運営に対して莫大な費用がかかることも当然であることから、利益のためには一極集中にならざるを得なかったというところだろう。

しかし、こんな不公平なことはない。首都圏では、どんなに大規模な発電所であっても故障したから首都圏全域が停電ということは考えられないのに、北海道の住民にとってはそんな不公平なことが日常的に起こり得るのは許し難い。

せめて、緊急の場合は全国の電力会社からの緊急送電で、できるだけ狭い停電範囲にとどまるようなシステムを構築するのが急務ではないだろうか・・・。(田舎親父)

« 早く退場させなければ・・・ | トップページ | 恐ろしい記事を見付けた・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/67143151

この記事へのトラックバック一覧です: これも北海道いじめ?・・・:

« 早く退場させなければ・・・ | トップページ | 恐ろしい記事を見付けた・・・ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ