« リオの二の舞?・・・ | トップページ | アホカと言われそうだが・・・ »

2018年9月26日 (水)

司法は死んだ・・・

 広島高裁が、原子力規制委員会の内規を厳格に適用し、過去の阿蘇山の噴火で火砕流が伊方原発まで届いた可能性があると指摘し、伊方原発の運転差し止めを申し渡した判決に、『やるではないか広島高裁・・・』と司法の矜持というか、良識が残っていると喜んだのは昨年の12月だったと記憶している。

 ところが、一昨日、おなじ広島高裁が、四国電力の『異議申し立て』をすんなり認めて仮処分取り消したというニュ-スに、国民の多くが原発は要らないと考え、実際に、九種電力などは電力が余り、太陽光電力の買い取り価格を下げているという現実がありながら、それでも原発を基幹電力と規定する現政権にすり夜判決に、改めて、『司法は死んだ』と思わせられる。

 今回広島高裁の裁判官は、『社会通念』という言葉で、火砕流がここまで押し寄せるリスクは容認できるというトンデモ理屈であるが、そのことは、福島原発は絶対安全だから、大津波がきてもびくともしないという『原発神話』を復活させただけのように思えてならない。

福島原発事故は人災で、過去に、原発を飲み込むほどの大津波があった可能性を専門家たちが危ぶみ、東電の安全を確認する部署の技術者が防潮堤の嵩上げを提言し、その会議まで開かれたにもかかわらず、そんなことはあり得ないと切り捨てた結果だったことを、広島高裁が知らないはずはない。

にもかかわらず、差し止めの仮処分を無効にしたことで、四国電力は『お上からのお許しが出た』と大喜びして、早速、来月からでも再稼働する動きを出しているらしい。

毎日新聞のネット版の記事によると、原子力規制委は安全審査の手引書『火山影響評価ガイド』で、原発から160キロ圏内の火山は電力会社に影響評価を義務付け、破局的噴火を含む大規模噴火では、火砕流や溶岩流が敷地に到達する可能性が『十分小さい』と判断できなければ立地不適格とし、原発の稼働はできないと定めている。

この基準を厳格に適用して、昨年12月、おなじ広島高裁の別の裁判官が、運転停止の仮処分を出したと受け止めているが、その後、規制委は、『可能性が十分小さいかどうか』をどう判断するのかを、ガイドを補完する形で見解をまとめたという。

それによると、原発の運転期間(原則40年)中に破局的噴火が起きる根拠がなければ、火砕流などが敷地内に到達する可能性も『十分小さい』と判断するとの解釈でき、破局的噴火の発生可能性を具体的に示せなければ『社会通念上、安全対策を考慮しなくても許容される』との見解も明らかにしたというから、何のことはない、先の判決を覆すためにわざわざ、『社会通念』という極めて曖昧な非科学的な文言を追加したとしか思えない。

現政権の思うまま、言うままに動く規制委。そしてその規制委が示した見解に沿っての今回の判決。デンデン政権は、全ての原発をこの手法で再稼働させる気なのだろう。

もはや、三権分立などという言葉は死語。この国には、デンデン一家でなければ人間にあらず・・・ということになってしまったとしか言いようがないが、こんなことが許されて良いはずはない。

もう一度、福島原発事故に匹敵する大事故がなければ、完全に行政に組みこまれた司法は、再稼働容認の姿勢を変えない?・・・。

いや、デンデン政権のやり方は、福島原発事故ですら、『アンダ-コントロ-ル』と恥ずかしげもなく大ウソついて商業主義のオリンピックを招致したことではっきりしていることから、司法はますます存在感がうすれていくことは間違いなさそうだ。

今日もまた、困った話しだという終わりになってしまったようだ・・・。(田舎親父)

« リオの二の舞?・・・ | トップページ | アホカと言われそうだが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208744/67209012

この記事へのトラックバック一覧です: 司法は死んだ・・・:

« リオの二の舞?・・・ | トップページ | アホカと言われそうだが・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ