« 昔のレクチャ-を思い出した・・・ | トップページ | 横浜の片田舎でも起きそうだ・・・ »

2019年3月 6日 (水)

墜落の際はぜひ永田町へ・・・

先日の東京新聞の朝刊トップに、未亡人製造機と揶揄されているオスプレ-のことを取り上げている。未亡人製造機とは重大事故があまりにも多く、既婚の男性乗組員の命が奪われることが多いからであると注釈はをつけるまでもないだろう。

記事は、『アメリカ軍横田基地(東京都福生市など)にも5機が昨秋配備された垂直離着陸輸送機CV22オスプレイについて、アメリカ空軍全体で算出した重大(クラスA)事故率が昨年、上昇したことが分かった』という書き出しで始まっている。

10万飛行時間換算で4.05五件だったのが5.84件に上がったのだそうだ。アメリカさまから、『横田基地に配置するぞ』と言われたデンデン政権は、『ハイわかりました。国民には安心するように伝えます』とでも返事をしたのだろうが、時の防衛相は、『飛行時間が増えれば下がる』と説明したそうだ。確かに、機械類は熟練すればするほど事故低くなるので防衛相の説明は、常識的には間違っていない。

しかし、この飛行機はこんな原則など全く意味をなさず、訓練を重ねるほど事故率が大きくなるというから、まさに未亡人製造機の名前に相応しいようだが、横田基地周辺の人々の不安を思うとそんな冗談は口にしたくない。

記事は、具体的な事故例を取り上げ、如何に事故が多いかを理論立てて証明している。他の新聞やテレビは取り上げないのが残念だが、横田基地周辺の、基地問題に無関心な人たちには是非読ませたいものである。

この記事で、去年のことだったが、オスプレ-が整備のために自衛隊の習志野基地に配備されたというニュ-スを思い出す。

既存の日本国内で選挙しているアメリカ軍基地であれば、個人的には許し難いが、まだ仕方ないかもしれないが、習志野の自衛隊の駐屯基地は自衛隊の専用であってアメリカ軍とは無関係である。なのに、一片の通達で使用が決まってしまったとのこと。

またまたデンデン政権は、アメリカさまのご命令に対して文句一ついわず、むしろ『どうぞどうぞ、ご自由にお使い下さい・・・』ばかりの態度だったのだろうなと思うと情けなくなったもの。

その後はマスコミは完全にダンマリだったこともあって、すっかり忘れさせられていたが、やはり東京新聞が先日掲載した、習志野駐屯地に整備のために配備されているオスプレ-が降下訓練をはじめたという記事に、整備なのに降下訓練?とは、よいよ自衛隊はアメリカ軍の一部に組みこまれたのかと絶望的な心境になってしまった。

一応はタテマエとして、国や千葉県、習志野などとの約束事を交わしていると思いたい。しかし、戦後70年以上アメリカから一方的に押しつけられた日米地位協定という文面が生き続けていることから、こんなタテマエが守られるはずがない。

むしろ、デンデン政権のやり方を見れば、市民の命よりアメリカ軍の都合を優先しているのだから、周辺住民の絶対反対の抗議のデモは完全に無視。千葉県や習志野市には圧力をかけて、オスプレイのオの時も出せないようにしているのも明らか。

恐らく今日も、習志野上空だけではなく、東京湾上空もわがもの顔で飛び回り、ひょっとすると、東京湾の上空で降下訓練していることも想像できないことはない。

東京湾は信じられないほどの数の大型船舶が航行し、羽田飛行場を利用する旅客機が一分・一秒病単位で離着陸していることから、偶発的な接触もあり得ない話ではない。

いやむしろ、事故は間違いなく起きると断定しても良いのではないだろうか。となると、デンデン政権のアメリカさま優先の政策のために起因する墜落事故は、庶民にはあまり縁のない場所、例えば永田町の国会議事堂か首相官邸辺りに願いたいものである。

私と同じような思いを持つ庶民も多いはず。そんな声を聞きつけて、『ようがす。お望み通り官邸に墜落させてあげやしょう・・・』と『必殺仕掛け人』がつぶやくマンガのスト-リを想像して憂さを晴らしているのだが・・・。

ここで終わろうとしたら、今朝の東京新聞の『木更津の自衛隊駐屯地で整備していたオスプレ-2機のうち1機の整備が終わり沖縄に飛び立った』という記事にぶつかる。

私の認識不足を改めて感じるが、オスプレ-は習志野だけではなく木更津にもいたのだと思うと、横田と合わせて首都圏は回りをオスプレ-で囲まれているらしい。となると私が知らないだけで、神奈川県の厚木基地にも配備されている?・・・。

このところ横浜の片田舎の空には不気味な物音が静まっているように感じているが、嵐の前の静けさなのかもしれないと思うと恐ろしい・・・。(田舎親父)

« 昔のレクチャ-を思い出した・・・ | トップページ | 横浜の片田舎でも起きそうだ・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墜落の際はぜひ永田町へ・・・:

« 昔のレクチャ-を思い出した・・・ | トップページ | 横浜の片田舎でも起きそうだ・・・ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ