« 孤独死を無くさなければならないのなら・・・ | トップページ | 私には難し過ぎる問題だが・・・ »

2019年3月15日 (金)

いじめさがしのアンケ-トが曲者?・・・

 一時は流行り病のように全国各地で,小中学生の仲良しさん(不思議に女の子が多い)がマンションから飛び下り自殺という記事がなかった事に、一安心していたところ、先日愛知県の豊田市で小学6年生の二人の女児が15階建てのマンションの敷地内で倒れているのが見つかり、搬送先病院で死亡が確認されたという記事に、また始まるのかという恐怖心がわいてくる。

 この種の事件は、プライバシ-保護という壁が立ちはだかるので、以前はほとんどの場合いつの間にか忘れられることが多いのだが、『いじめ』という言葉が『あってはならないこと』という認識になって以来、背景にいじめがあるのでは・・・という憶測が生まれるようになっていることから、マスコミはかなり詳しく伝えるのが常になっている。

 このところ、NHKはじへ民放も含めて事件報道は『捜査関係者への取材でわかりました』という姿勢が常態化していることから、独自の取材はしていないという事実の裏返しだろうが、新聞各紙もほとんどが同じ文言が並ぶ。日本のメディアは取材とは警察に張りつくことだとしているのではと皮肉りたくなる。

今回も、現場に遺書のような十数枚のメモがあったことから、愛知県警豊田署は、二人はマンションから飛び下りて自殺したとみているという記事内容は全てが警察から発表されたことをそのまま伝えているだけ。

警察発表の『現場に遺書のような十数枚のメモがあった』という発表に、マスコミは背景に『いじめ』があったことは間違いないと思い込み、俄然いきり立っているのは想像に難くない。

翌日の新聞記事には、『捜査関係者によると』という枕詞的な文言から始まり、このマンションの踊り場などにメモが十数枚残されていたとある。メモは2人がそれぞれ、家族や友人などに宛てて書いたとみられ、感謝の言葉もあったが、うち1人のメモには校長宛てのものがあり、そこにはもう1人の女児のイニシャルが書かれ、その子が『ばか』などの『悪口を言われた』との記述があったとなると、読者に対していじめが原因に違いないと思わせている。

さらに、その子がけんかになって仲直りをしたものの、その後の関係性が変化したことを説明していたという。これを例に挙げて『(他の児童も含め)先生に相談できるようになってほしい』と校長に呼びかける内容が書かれていたという。事実だとしたら、これはメモという範疇ではなく、学校に対する批判と受けても差し支えないのでは・・・。

翌日のテレビのニュ-スやワイドジョ-では、取材に答える校長の映像を大きく取り上げていた。私は一部しかみていないが、校長は『二人の命が失われたことを冷静に厳粛に受け止めている』と、かなり冷静に対応しているという印象を受ける。

市教委は校長や担任たちからも聞き取りをして、2人はクラスは違うが、自宅が近いことなどから仲が良かったことや、当日は普段通り登校し、変わった様子は見られなかったと発表している。学校としては、まさか自殺など思いも寄らなかったのではないだろうか。

当然だろう。自殺をうかがわすような兆候があったら、どんな鈍感な教師でも見逃すはずがないと信じたい。

今回の場合は、校長や担任には特に落ち度があったとは思いたくないが、私が一つ気になるのは、この小学校では『年10回程度、いじめの有無などに関するアンケートを行っている』という文言。文科省のどんな小さないじめも見逃すなという通達を忠実に実行しているようだ。何だか、『いじめさがし』をしているような気にもさせられるが・・・。

アンケ-トの詳しい文面は見ていないが、『いじめにあったことがありますか』という一文が入っていることは容易に想像できる。

これが曲者で、児童生徒がその項目に〇をつけようものなら,すぐに担任から呼び出しを受けて、最近はどの学校にも設置している『相談室』に連れ込まれて、ありとあらゆることを聞かれることになるのも誰の目にも明らか。

児童生徒の間では、『〇をつけるとヤバイぞ。すぐに親にバレてしまうぞ・・・』などという情報が、教員の知らぬ世界で行き交わるとは当然のこと。結局は、いじめ探しのアンケ-トがいじめ隠しになるという笑い話・・・。

こんな話が、15年も前に教育界と縁を切った私も耳にも伝わってくるのだから、こんなアンケ-トは、文科省発、教育委員会経由の学校・校長・教員のマスタベ-ションというところか・・・。

ひょっとし、この二人の女児は、自分たちの経験したことが、いじめなのかはっきりわからないことから、校長に『これがいじめになりますか』というメモ(質問状)になったのではないだろう。

記事にはないが校長に直接聞いたこともあり得ない話ではない。そして、校長が『それは大変だ。早速、先生たちや皆さんの保護者と相談するよ・・・』とでも返事したら、女児たちは、とんでもないことを聞いてしまった。親や友達に迷惑をかけてしまうと思い、死んでしまおうかという筋書きも想像できそうだ。逆に、校長からクダラナイと言われたとしても同じような気持ちになることもあるのではないだろうか。

今頃、20日に卒業式を控えている当該の小学校の混乱は想像を絶するものだろう。そして、教育委員会は、いじめをうかがわせるメモ学校存在するとなると、保護者を納得させるためにも、最近の流行りになっている『第三者委員会』という類の組織の立ち上げで大騒ぎになっているのではないだろうか。

間もなく、この事件の続報があるだろう。しかし、そこには年10回実施しているというアンケ-トに触れる文言はないと予想しているが、私には、『いじめさがし』のアンケ-トが関係しているように思えてならないのだが・・・。(田舎親父)

« 孤独死を無くさなければならないのなら・・・ | トップページ | 私には難し過ぎる問題だが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめさがしのアンケ-トが曲者?・・・:

« 孤独死を無くさなければならないのなら・・・ | トップページ | 私には難し過ぎる問題だが・・・ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ